ゲッティンゲン七教授事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲッティンゲン七教授事件(ゲッティンゲンしちきょうじゅじけん、ドイツ語: Göttinger Sieben)とは、ドイツゲッティンゲン大学1837年に、ハノーファー国王エルンスト・アウグスト政策に異議を唱えた7人の教授が追放ないし免職となった事件。通称「ゲッティンガー・ジーベン」(ゲッティンゲンの七人の意)。

ゲッティンゲンの七教授: (1) ヴィルヘルム・グリム(2) ヤーコプ・グリム (3) ヴィルヘルム・エドゥアルト・アルブレヒト (4) フリードリヒ・クリストフ・ダールマン (5) ゲオルク・ゴットフリート・ゲルフィーヌス (6) ヴィルヘルム・エドゥアルト・ヴェーバー (7) ハインリヒ・エーヴァルト

事件の経緯[編集]

7月革命でフランスの市民革命は終了したが、それに伴う革新の流れに対抗する形で、保守反動の波が起こった。二つの勢力はしばしば激突した。

1833年、ハノーファー王国では、同君連合を組んでいたイギリスの影響を受けた新憲法が定められ、民主的な政治が行われた。1837年にイギリスの王位を継承したヴィクトリアは、ハノーファーの王位継承法では即位できないため、代わって叔父のエルンスト・アウグストが王位についたが、彼は即位早々に新憲法の破棄を宣言してしまった。当然、市民は反感を抱いたが、抵抗は困難であった。そんな折、ゲッティンゲン大学の教授7人が共同で大学に抗議書を提出した。この時の教授は、以下の7人である。

ハノーファーにあるゲッティンゲン七教授の記念碑

市民は勇気づけられ、内外の新聞は大きくこれを報じたが、大学当局および国王はこれを受け入れなかった。中心となった3人は3日以内に国外退去することを命じられ[1]、残りの4人も免職となった。学生達はデモを繰り広げ、教授達の抗議書の写しを国内外に広めた。それに対して当局は戒厳令を出し、学生50人を逮捕したため、騒ぎはますます大きくなった。

7人の教授はそれぞれに亡命したり、失職のまま知人の元に身を潜めた。ヤーコプ・グリムは、亡命先のカッセルで自分たちの主張をまとめた弁明書『私の免職について』[2]を発表、スイスのバーゼルで発刊した。エーヴァルトは、ドイツ中部のテュービンゲン大学に迎えられた。グリム兄弟は失職の身のままドイツ語辞典の編纂にあたっていたが、1840年プロイセンの国王がフリードリヒ・ヴィルヘルム4世に代わると、ベルリン大学の教授として迎えられた。また、エーヴァルトとヴェーバーの2人は、後に再びゲッティンゲン大学の教授として迎えられている。

象徴化[編集]

この事件は、ドイツ語圏では「Göttinger Sieben」(ゲッティンゲンの7人)と呼ばれているが、以来、大学人が自らの尊厳をかけて権力に抵抗する場合、この呼び名にちなんだ言い方をすることがある。1957年4月12日、やはりゲッティンゲン大学の著名な教授18人が時のドイツ連邦共和国の国防大臣フランツ・ヨーゼフ・シュトラウスにドイツ国防軍の核兵器配備に反対した抗議文書を提出したということがあった。その中には、マックス・ボルンオットー・ハーンヴェルナー・ハイゼンベルクなどの著名な教授達も含まれ、世間は「Göttinger Achtzehn」(ゲッティンゲンの18人)と呼んだ。

またアメリカでもベトナム戦争がピークの1968年シカゴ大学でベトナム戦争反対の大学生集会が開かれ、声明を発表した7人の学生が、やはり「Chicago Seven」(シカゴ・セブン - シカゴの7人)と呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ Die Göttinger Sieben”. Georg-August-Universität Göttingen. 2013年4月21日閲覧。
  2. ^ Grimm, Jacob (January 12-16 1838), “Über meine Entlassung”, in Müllenhoff, Karl, Kleinere Schriften, Bd. 1, F. Dümmler, 1864, pp. 25-56 

出典文献[編集]