ベーリンガーインゲルハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Boehringer Ingelheim GmbH
企業形態 Private
業種 Pharmaceuticals
設立 ドイツの旗 ドイツ (1885)
本部 Binger Str. 173
55216 Ingelheim
Germany
代表者等 Dr Andreas Barner, Chairman of the board
Hubertus von Baumbach, board member
Professor Dr Wolfram Carius, board member
Engelbert Tjeenk Willink, board member
製品 Drugs, eg. Aggrenox, Flomax, Micardis, Zantac
売上高 増加€11.595 billion EUR (2008)
営業利益 増加€1.980 billion EUR (2008)
増加€1.424 billion EUR (2008)
従業員数 41,300 (2008)
ウェブサイト http://www.boehringer-ingelheim.com

ベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim GmbH)はドイツに本拠を置く製薬会社。株式を公開しない製薬会社としては世界最大である。

概要[編集]

クリスチャン・フリードリヒ・ベーリンガーと2人の息子が1859年に、シュトゥットガルトでC.F.ベーリンガー・ウント・ゾーン社を設立した(これは後にマンハイムに本社を置いて試薬大手のベーリンガー・マンハイム社となり、1997年にエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社に買収されてロシュ・ダイアグノスティックスとなった)。このクリスチャン・フリードリヒ・ベーリンガーの次男であるアルベルト・ベーリンガー1885年に、ラインラント=プファルツ州インゲルハイム・アム・ラインに化学工場を設立した。ベーリンガーインゲルハイムは、株式を公開しない企業形態を生かしながら、長期に着実な成長を目指し、1885年の設立以来、製薬企業として成功を収めてきた。現在、グローバルに積極的に事業展開をしており、世界トップ20の製薬企業のひとつに数えられ、バイオ医薬品分野では、革新と技術に優れた世界大手のバイオ医薬品企業として確立している。ベーリンガーインゲルハイムの事業領域は、医療用医薬品、一般用医薬品、動物薬にわたっており、その中核領域を医療用医薬品に置いて事業を展開している。

2011年9月7日バイオ医薬品部門が、フロスト&サリバンのアナリストにより、グローバルな受託製造事業で顧客やパートナー企業に卓越した最高のサービスを提供すると認められ、フロスト&サリバン ベストプラクティス賞を受賞[1]

日本法人[編集]

日本法人はベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社、エスエス製薬2001年に傘下に収め、2010年に100%子会社)、ベーリンガーインゲルハイムベトメディカジャパン株式会社、ベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社の5社。

脚注[編集]

  1. ^ フロスト&サリバン ベストプラクティス賞

外部リンク[編集]