ヘルシェル・グリュンシュパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルシェル・グリュンシュパン、1938年11月7日の逮捕後の写真

ヘルシェル・グリュンシュパン(Herschel Grynszpan、1921年3月28日1942年9月以降)は、ナチス・ドイツユダヤ人政策へ抗議するため、駐フランスドイツ大使館付書記官エルンスト・フォム・ラートを暗殺したユダヤ系ポーランド人テロリスト

略歴[編集]

ドイツのハノーファーにユダヤ系ポーランド人の仕立て屋ゼンデル・グリュンシュパンの子として生まれる。グリュンシュパン家は第一次世界大戦後にポーランドから移民してきた一家であった。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)政権掌握後の1935年にユダヤ系であるため、ドイツの学校から追放された。その後、両親の援助で単身フランスパリへ移住した。

1938年10月28日、ドイツの保安警察長官ラインハルト・ハイドリヒが第一次世界大戦後にドイツへ移住してきたユダヤ系ポーランド人1万7000人をポーランドへ送り返す追放命令を出した。ドイツ警察がポーランド系ユダヤ人を次々とトラックや列車に乗せ、ポーランドの国境付近まで移送した。しかしポーランド政府は国境を封鎖。ユダヤ人は国境付近で家も食料もなく放浪することになった。グリュンシュパンの家族も放浪させられた一家であった。父ゼンデル・グリュンシュパンの惨状はパリにいた息子のヘルシェル(当時17歳)にも伝わった。ヘルシェルはユダヤ人の惨状を世界に訴えるため、ドイツ高官の暗殺を考えるようになった。

1938年11月7日、ヘルシェルはリボルバーを手にドイツ大使館へ赴いた。はじめはドイツ大使ヨハネス・フォン・ヴェルツェック伯爵(Johannes von Welczeck)を暗殺しようと考えていたようだが、結局、ヘルシェルは彼の応対をしていた三等書記官のエルンスト・フォム・ラートを射殺した。しかし皮肉にもこのラートは反ナチ派のドイツ人であった。ヘルシェルは逃げることも無く警察に逮捕され、罪を認めた。

この暗殺を受けて11月9日から11月10日にかけてドイツ全土で反ユダヤ主義暴動が発生した(「水晶の夜」)。ラインハルト・ハイドリヒやハインリヒ・ミュラーは、「ラート暗殺に絡む暴動が予定されているので取り締まりをするな」と各地の警察に指示を出しており、ナチス政府による官製暴動の疑惑もある。この事件以降、ドイツ国内でユダヤ人迫害が強化された。ホロコーストの一つの転換点となる事件であった。

グリュンシュパンは1938年から1940年まで裁判継続中の状態でフランスの刑務所に拘置されていたが、第二次世界大戦でフランスがドイツに降伏した後、ドイツ国内のザクセンハウゼン強制収容所フロッセンビュルク強制収容所へ移送され、1942年9月以降消息を絶った。殺害されたとみられるが時期は不詳である。1960年西ドイツ政府により正式に死亡宣告された。

なお、グリュンシュパンの両親はナチスによりポーランドへ強制送還されたものの1939年にソ連へ脱出し、第二次世界大戦後にはイスラエルへ移住することが出来た。父ゼンデルは、水晶の夜に触発されて作曲されたマイケル・ティペットオラトリオ我らが時代の子」のイスラエル初演(1952年)へ招待された。

参考文献[編集]