ユーロビジョン・ソング・コンテスト1960

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーロビジョン・ソング・コンテスト1960
日程
決勝 1960年3月29日
主催者
会場 イギリスの旗 イギリスロンドン
ロイヤル・フェスティバル・ホール
司会 ケイティ・ボイル
主催放送局 BBC.svg英国放送協会
参加者
参加国数 13
新規参加 ノルウェーの旗 ノルウェー
復帰 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
投票
投票方式 各国審査員により10票以内を他国の楽曲に与える
優勝曲 フランスの旗 フランス
トム・ピリビ
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄1959 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 1961►

第5回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(英語表記:Eurovision Song Contest Grand Prix 1960) は1960年3月29日(火曜日)にイギリスロンドンロイヤル・フェスティバル・ホール(2500人収容)で行われた。
製作は英国放送協会(BBC)、プレゼンターは女優のケイティ・ボイル
ウィークデーの開催はこの大会が最終となった。


イギリス開催の経緯[編集]

本来、規定通りならば、前年優勝国であるオランダで開催されるべきだったが、同国は「2年前に開催したばかりで資金負担が厳しい」という理由で辞退した。その結果、2位のイギリスが繰り上げで開催することになった。

ジャクリーヌ・ボワイエ

参加国及び放送ネットワーク[編集]

13ヶ国 15社ネットワーク。
ノルウェーが新規参入し、NRKノルウェー放送協会での放送が開始した。フィンランド派を代表は送り込まなかったものの、YLEフィンランド国営放送国営放送での放送を開始した。

( )内数字は参加回数

音楽監督[編集]

音楽監督はエリック·ロビンソンで、イギリスとルクセンブルグ代表の伴奏を指揮した他、幕間の演奏も担当した。
尚、フランスは前年に引き続きフランク・プゥルセル、モナコはレイモン・ルフェーブルが担当。


結果[編集]

登場順 国名 言語 アーティスト名 曲目 日本語タイトル/(和訳) 順位 得点
01 イギリスの旗 イギリス 英語 Bryan Johnson
ブライアン・ジョンソン
Looking High, High, High (ルッキング・ハイ) 2 25
02 スウェーデンの旗 スウェーデン スウェーデン語 Siw Malmkvist
シヴ・マルムクジスト
Alla andra får varann (結婚とはお互いの全てを得ること) 10 4
03 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ルクセンブルク語 Camillo Felgen
カミーリョ・フェルゲン
So laang we's du do bast (できるだけ傍に) 13 1
04 デンマークの旗 デンマーク デンマーク語 Katy Bødtger
ケイティ・ブトガ
Det var en yndig tid (素敵な時間) 10 4
05 ベルギーの旗 ベルギー フランス語 Fud Leclerc
フド・ルクレール
Mon amour pour toi (君への愛) 6 9
06 ノルウェーの旗 ノルウェー ノルウェー語 Nora Brockstedt
ノーラ・ブロックシュテット
Voi Voi (ヴォイ・ヴォイ) 4 11
07 オーストリアの旗 オーストリア ドイツ語 Harry Winter
ハリー・ヴィンター
Du hast mich so fasziniert (君はとっても魅力的だね) 7 6
08 モナコの旗 モナコ フランス語 François Deguelt
フランソワ・ドゲルト
Ce soir-là (あの夜) 3 15
09 スイスの旗 スイス イタリア語 Anita Traversi
アニタ・トラヴェルシ
Cielo e terra (天と地と) 8 5
10 オランダの旗 オランダ オランダ語 Rudi Carrell
ルディ・キャレル
Wat een geluk (何てラッキー!) 12 2
11 西ドイツの旗 西ドイツ ドイツ語 Wyn Hoop
ヴィン・ホープ
Bonne nuit ma chérie (ボンニュイ・マ・シェリー) 4 11
12 イタリアの旗 イタリア イタリア語 Renato Rascel
レナート・ラスチェル
Romantica (ロマンチカ) 8 5
13 フランスの旗 フランス フランス語 Jacqueline Boyer
ジャクリーヌ・ボワイエ
Tom Pillibi トム・ピリビ 1 32

歌詞[編集]

各曲の歌詞については以下を参照のこと
Diggiloo Thrush