RTBF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Radio Télévision Belge Francophone
Logo de la Radio-télévision belge de la Communauté française.png
形態 テレビ・ラジオ・オンライン
ベルギーの旗 ベルギー
視聴可能 ワロン地域
ブリュッセル
所有者 Communauté française de Belgique
開局 1930 (ラジオ)
1953 (テレビ)
旧名 INR (1930-1960),
RTB(1960-1977),
RTBF(1977-2010),
RTBF.be(2010-)
公式サイト www.rtbf.be

RTBF(仏:Radio télévision belge de la communauté française)は、ベルギーにおけるフランス語向けのラジオ・テレビ局。RTBFは、3つのテレビチャンネル(La Une、La Deux、RTBF Sat(衛星放送))と6つのラジオチャンネル(La Première、RTBF International、VivaCité、Musiq3、Classic21、PureFM)を運営されている。なお、オランダ語向けの放送局はVRTである。

歴史[編集]

左側がRTBF放送塔

1930年6月18日にINRとして開局。1940年6月14日にはナチス・ドイツのベルギー占領により放送を中止させられ、占領軍の監視下、名称もラジオブリュッセルに変更された。一方で多くのINRの職員がロンドンに脱出、ベルギー亡命政府の情報省により設立されたRadiodiffusion Nationale Belge(RNB)のもと、BBCのスタジオから放送を行った。

戦後、国王令によりINRがナチス占領前の業務に復帰し、1953年にテレビ放送開始。INRは1960年にRadio-Télévision Belge(RTB)に吸収され、1977年には現在のRTBFに。1987年にはユーロビジョン・ソング・コンテストを制作。現在に至っている。

架空ニュース騒動[編集]

RTBFは2006年12月13日夜のテレビで「フランデレンがベルギーからの独立を宣言した」との架空ニュースを放送した。

ベルギーではオランダ語(フラマン語)が使われる北部フランデレンとフランス語が使われる南部ワロンの不和という問題を抱えているが、同夜のルポルタージュ番組の開始直後に臨時ニュースとして「国王が国外に脱出した」などの内容のほか、首都「ブリュッセルにあるNATO本部が厳戒体制に入った」などと放送。30分後にフィクションである旨を表示したが、同局に問い合わせが殺到したり、ウェブサイトにアクセスが集中して繋がりにくくなるなどの騒動となった。同局では「議論のために放送した」としている。

外部リンク[編集]