ユーロビジョン・ソング・コンテスト2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2014
"#JoinUs"
日程
準決勝1 2014年5月6日
準決勝2 2014年5月8日
決勝 2014年5月10日
主催者
会場 デンマークの旗 デンマークコペンハーゲン B&W Hallerne[1]
総監督 ヨン・オラ・サンド英語版
主催放送局 デンマーク放送協会 (DR)
参加者
参加国数 37
新規参加 なし
復帰
撤退
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2013 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2015►

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2014英語:Eurovision Song Contest 2014フランス語:Concours Eurovision de la chanson 2014)は、第59回のユーロビジョン・ソング・コンテストであり、2014年5月にデンマークコペンハーゲンにて開催される[1]。前年の2013年大会にてデンマーク代表エメリー・デ・フォーレストが優勝したため今大会はデンマークの主催となった。ユーロビジョン・ソング・コンテストがデンマークで開催されるのは、2001年大会以来、史上3度目のことである。

今大会は37か国が参加することとなった。2013年5月10日、スウェーデンマルメで行われた主催者の記者会見にて、総監督のヨン・オラ・サンド英語版は、2013年大会で参加を見送った国々の復帰への期待を表明し、欧州放送連合(EBU)はこれらの国々の放送局と復帰に向けた議論を進めていることを明かした[2]

準決勝の日程は2014年5月6日および8日、決勝は2014年5月10日とすることが決まった[3]。当初はこれよりも1週間後の予定であったが[4][5]、開催候補地の行事予定等に合わせて1週間前倒しとなった[3]

当初、コペンハーゲンヘアニングホーセンスフレゼリシアオールボーの5都市が開催候補地として名乗りを上げた[6][7][8][9]。大会の主催者はデンマークの公共放送であるデンマーク放送協会(DR)であり、同協会はPernille Gaardboを今大会の監督に指名した[10]

今大会はサンマリノ代表としてヴァレンティーナ・モネッタが3年連続で出場する[11]。また、財政上の理由で2013年大会を欠場したポルトガルが大会に復帰する[12]。更に、2011年大会以降参加を見送っていたポーランドが3年ぶりに復帰を果たす[13][14]

開催地[編集]

2013年9月2日、デンマーク放送協会(DR)はコペンハーゲンを2014年大会の開催地とすることを発表した。会場はかつて埠頭であったRefshaleøen地区のB&W Hallerneであり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス様のハッシュタグを用いた「#JoinUs」が公式テーマとされた。会場施設は大会にむけて改装され、周辺一帯を「ユーロビジョン島」として整備し記者会見場やその他の施設が置かれる[1]

コペンハーゲン市長のフランク・イェンセン英語版は2013年8月下旬に、市は大会に向けて4千万デンマーク・クローネの予算を拠出すると表明し、またコペンハーゲンが2014年の欧州環境首都英語版に選出されたことを挙げて、今大会を最も環境保全的なものにすることを目指すとした[15]

開催地の選定[編集]

ヘアニングコペンハーゲンを含む5つの都市が開催地の候補として名乗りを挙げた[16]2001年大会の会場となったコペンハーゲンパルケン・スタディオンと、2013年大会デンマーク代表選考であるダンスク・メロディー・グランプリ英語版の会場となったヘアニングJyske Bank Boxenが当初の会場候補となった[6]。後にフレゼリシアのMesse C、オールボーGigantiumが会場候補地として加わった[17][18]。5つめの会場候補地となったのはホーセンスであり、かつてのホーセンス刑務所英語版跡地を会場候補とする案であった。そして、ホーセンスが開催地となった際は刑務所跡地をガラスの屋根で覆って会場とするとした[19][20]

2013年6月17日、オールボー市は大会のための宿泊施設が十分であないとして候補を降りると決定した。デンマーク放送協会は3000室以上の宿泊施設確保を条件としたが、オールボーには1600室しかなく、うち半数以上が同時期に開催される別の行事のために既に予約されている状況であった[21][22]

2013年6月18日、デンマーク放送協会は、コペンハーゲン、ヘアニングホーセンスの各自治体より正式に立候補を受け付けたことを表明し、またフレゼリシア市も正式立候補への意欲を表明した[23]

2013年6月19日、開催地立候補の受付が締め切られた[22]。コペンハーゲン大都市圏の文化行事・観光に関する公的機関であるワンダフル・コペンハーゲンは、パルケン・スタディオンDR ByenB&W Hallerneの3施設を会場候補とした[24][25]。2013年6月25日、フレゼリシア市は三角地帯英語版は大会の会場として十分な施設がないとして立候補を取り下げることを表明した。デンマーク放送協会では、会場は観客席からの視界を遮る柱のないものと定めたが、フレゼリシア周辺地域にはこの条件を満たす施設がないため、候補から外れることとなった[26]。2013年6月28日、Parken Sport & Entertainmentの最高経営責任者(CEO)であるAnders Hørsholtは、パルケン・スタディオンでは既にユーロビジョン大会直後よりサッカーの試合が予定されており、ユーロビジョンの会場とすることができないとして会場候補ではなくなったと話した[27]

都市 施設 収容能力 備考
オールボー Gigantium 8,500人 2006年、2010年、2012年のダンスク・メロディー・グランプリ会場。2013年6月17日に立候補取り下げ[28]
コペンハーゲン DR Byen 10,000人-15,000人[29]
B&W Hallerne[29] 10,000人[29]
パルケン・スタディオン 50,000人 ユーロビジョン・ソング・コンテスト2001会場。2013年6月28日に立候補取り下げ[27]
フレゼリシア Messe C 8,000人 2013年6月26日に立候補取り下げ[30]
ヘアニング Jyske Bank Boxen 15,000人 ダンスク・メロディー・グランプリ2013会場。
ホーセンス ホーセンス刑務所英語版 13,000人[23]

形式[編集]

2013年9月20日、欧州放送連合は2014年大会のルールを発表し、審査員票の扱いについて前年から変更が加えられたことが明らかになった[31]。このルールでは、各国5人の審査員団の名前を、大会開催前の2014年5月1日に公表し、また大会修了後に各審査員による投票結果をすべて公表することとされた。加えて、過去2年以内のユーロビジョン・ソング・コンテストで各国の審査員を務めた者は審査員にはなれないことが定められた[32]。今大会では前年大会に引き続き、準決勝および決勝での出場順序を抽選ではなく主催者が指定することも定められた[33]

準決勝の組分け[編集]

各国参加者が準決勝1および準決勝2のいずれに参加するかを決める抽選が2014年1月20日にコペンハーゲン市役所英語版にて行われた[34]。この抽選に先立つ2013年11月24日、近隣国の観客同士により準決勝の入場券の競合が発生するのを避けるため、スウェーデンノルウェーはそれぞれ別の準決勝に参加することが発表された。欧州放送連合は、抽選によりスウェーデンは準決勝1、ノルウェーは準決勝2に参加することを決めた[35]。欧州放送連合はまた、イスラエルの国民の祝日との日程重複を避けるため、イスラエルは準決勝2に参加することを認めた[36]

その他の参加国のうち、自動的に決勝進出となる6か国(『Big5』のフランスドイツイタリアスペインイギリス、および今大会主催国のデンマーク)を除いた国々は、まず過去10年の投票傾向にもとづいて6組に分けられる[37]

組分けはDigame社によって算出され、以下の通りとなった[38]:

1組 2組 3組
4組 5組 6組

参加国[編集]

  準決勝1に参加
  準決勝1で投票
  準決勝2に参加
  準決勝2で投票

37か国が2014年大会への参加を表明した。また、アンドラ[39]ボスニア・ヘルツェゴヴィナ[40]チェコ共和国[41]ルクセンブルク[42]モナコ[43]モロッコ[44]スロヴァキア[45]トルコ[46]の8か国は今大会へは復帰しないことを表明した。ブルガリアブルガリア国営放送英語版[47]クロアチアクロアチア国営放送[48][49]キプロスキプロス放送協会[50]セルビアセルビア国営放送[51]は、2014年大会への参加を見送ることを表明した。一方、前年大会への参加を見送ったポルトガル[12]2011年大会を最後に参加を中止していたポーランドが大会に復帰した[13]

再出場のアーティスト[編集]

サンマリノ代表のヴァレンティーナ・モネッタ2012年大会から3年連続の参加である[11]。ユーロビジョン・ソング・コンテストに3回連続で出場したのは、1956年大会1957年大会1958年大会に出場したリス・アシアおよびコリー・ブロッケン1964年大会1965年大会1966年大会に出場したウド・ユルゲンス英語版以来で、ヴァレンティーナ・モネッタで4人目である。

マケドニア共和国は、ティヤナ・ダプチェヴィッチのバックコーラスとして2008年大会のマケドニア共和国代表・タマラ・トデフスカが参加する[52]

結果[編集]

準決勝1[編集]

準決勝1の参加国のほか、自動的に決勝進出が決まっている6国のうちスペインフランスデンマークの3か国が準決勝1を自国向けに生中継し、投票に加わる[53]

登場順 [38] 言語 アーティスト 曲名 曲名(英訳) 順位 得点
1 アルメニアの旗 アルメニア 英語 アラムMP3[54] Not Alone 4 121
2 ラトビアの旗 ラトビア 英語 Aarzemnieki Cake to Bake 13 33
3 エストニアの旗 エストニア 英語 ターニャ・ミハーイロヴァ Amazing 12 36
4 スウェーデンの旗 スウェーデン 英語 サンナ・ニールセン Undo 2 131
5 アイスランドの旗 アイスランド 英語 Pollapönk No Prejudice 8 61
6 アルバニアの旗 アルバニア アルバニア語 ヘルツィアナ・マトムヤ[55] One Night's Anger[55] 15 22
7 ロシアの旗 ロシア 英語 The Tolmachevy Sisters Shine 6 63
8 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 英語 ディララ・カズモヴァ Start a Fire 9 57
9 ウクライナの旗 ウクライナ 英語 マリーヤ・ヤレムチューク[56] Tick-Tock[56] 5 118
10 ベルギーの旗 ベルギー 英語 Axel Hirsoux Mother 14 28
11 モルドバの旗 モルドバ 英語 クリスティナ・スカルラト Wild Soul 16 13
12 サンマリノの旗 サンマリノ 英語 ヴァレンティーナ・モネッタ[11] Maybe 10 40
13 ポルトガルの旗 ポルトガル ポルトガル語 スージー英語版 Quero ser tua I want to be yours 11 39
14 オランダの旗 オランダ 英語 The Common Linnets[57] Calm After The Storm 1 150
15 モンテネグロの旗 モンテネグロ モンテネグロ語 セルゲイ・チェトコヴィッチ[58] Moj svijet My World 7 63
16 ハンガリーの旗 ハンガリー 英語 カーライ=ソーンダース・アンドラーシュ Running 3 127

準決勝2[編集]

準決勝2の参加国のほか、自動的に決勝進出が決まっている6国のうちドイツイタリアイギリス3か国が準決勝2を自国向けに生中継し、投票に加わる[53]

登場順 [38] 言語 アーティスト 曲名 曲名(英訳) 順位 得点
1 マルタの旗 マルタ 英語 Firelight Coming Home 9 63
2 イスラエルの旗 イスラエル 英語ヘブライ語 Mei Feingold[59] Same Heart 14 19
3 ノルウェーの旗 ノルウェー 英語 Carl Espen Silent Storm 6 77
4 グルジアの旗 グルジア 英語 The Shin & Mariko Ebralidze Three Minutes to Earth 15 15
5 ポーランドの旗 ポーランド ポーランド語 ドナタン & クレオ My Słowianie Us Slavs 8 70
6 オーストリアの旗 オーストリア 英語 コンチータ・ヴルスト[60][61] Rise Like a Phoenix 1 169
7 リトアニアの旗 リトアニア 英語 ヴィリヤ・マタチューナイテ Attention 11 36
8 フィンランドの旗 フィンランド 英語 Softengine Something Better[要曖昧さ回避] 3 97
9 アイルランドの旗 アイルランド 英語 Can-Linn & Kasey Smith Heartbeat 12 35
10 ベラルーシの旗 ベラルーシ 英語 Teo[62] Cheesecake[62] 5 87
11 マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国 英語 ティヤナ・ダプチェヴィッチ[63] To the Sky 13 33
12 スイスの旗 スイス 英語 Sebalter Hunter of Stars 4 92
13 ギリシャの旗 ギリシャ 英語 フリーキー・フォーチュン & リスキーキッド Rise Up 7 74
14 スロベニアの旗 スロベニア 英語スロベニア語 ティンカラ・コヴァチュ Round and Round 10 52
15 ルーマニアの旗 ルーマニア 英語 パウラ・セリング & オヴィディウ・チェルナウツェアヌ Miracle 2 125

決勝[編集]

登場順 [38] 言語 アーティスト 曲名 曲名(英訳) 順位 得点
1 ウクライナの旗 ウクライナ 英語 マリーヤ・ヤレムチューク[56] Tick-Tock[56] 6 113
2 ベラルーシの旗 ベラルーシ 英語 Teo[62] Cheesecake[62] 16 43
3 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 英語 ディララ・カズモヴァ Start a Fire 21 33
4 アイスランドの旗 アイスランド 英語 Pollapönk No Prejudice 15 58
5 ノルウェーの旗 ノルウェー 英語 Carl Espen Silent Storm 8 88
6 ルーマニアの旗 ルーマニア 英語 パウラ・セリング & オヴィディウ・チェルナウツェアヌ Miracle 11 72
7 アルメニアの旗 アルメニア 英語 アラムMP3[64] Not Alone 4 174
8 モンテネグロの旗 モンテネグロ モンテネグロ語 セルゲイ・チェトコヴィッチ[58] Moj svijet My World 19 37
9 ポーランドの旗 ポーランド ポーランド語 ドナタン & クレオ My Słowianie Us Slavs 14 62
10 ギリシャの旗 ギリシャ 英語 フリーキー・フォーチュン & リスキーキッド Rise Up 20 35
11 オーストリアの旗 オーストリア 英語 コンチータ・ヴルスト[60][65] Rise Like a Phoenix 1 290
12 ドイツの旗 ドイツ 英語 エライザ Is It Right 18 39
13 スウェーデンの旗 スウェーデン 英語 サンナ・ニールセン Undo 3 218
14 フランスの旗 フランス フランス語 Twin Twin Moustache 26 2
15 ロシアの旗 ロシア 英語 The Tolmachevy Sisters Shine 7 89
16 イタリアの旗 イタリア イタリア語 エンマ・マッローネ[66] La mia città[67] My city 21 33
17 スロベニアの旗 スロベニア 英語スロベニア語 ティンカラ・コヴァチュ Round and Round 25 9
18 フィンランドの旗 フィンランド 英語 Softengine Something Better[要曖昧さ回避] 11 72
19 スペインの旗 スペイン スペイン語英語 ルート・ロレンソ[68] Dancing in the Rain[要曖昧さ回避][68] 10 74
20 スイスの旗 スイス 英語 Sebalter Hunter of Stars 13 64
21 ハンガリーの旗 ハンガリー 英語 カーライ=ソーンダース・アンドラーシュ Running 5 143
22 マルタの旗 マルタ 英語 Firelight Coming Home 23 32
23 デンマークの旗 デンマーク 英語 Basim Cliché Love Song 9 74
24 オランダの旗 オランダ 英語 The Common Linnets[69] Calm After The Storm 2 238
25 サンマリノの旗 サンマリノ 英語 ヴァレンティーナ・モネッタ[11] Maybe 24 14
26 イギリスの旗 イギリス 英語 Molly Smitten-Downes Children of the Universe 17 40

その他の国[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Siim, Jarmo (2013年9月2日). “Copenhagen announced as host city of Eurovision 2014”. eurovision.tv. 2013年9月2日閲覧。
  2. ^ Roxburgh, Gordon (2013年5月10日). “The 2013 organisers press conference”. eurovision.tv. 2013年5月30日閲覧。
  3. ^ a b Siim, Jarmo (2013年7月8日). “Eurovision 2014 grand final set for 10 May”. eurovision.tv. 2013年7月8日閲覧。
  4. ^ Siim, Jarmo (2013年3月18日). “Malmö: Updates about the contest”. eurovision.tv. 2013年5月15日閲覧。
  5. ^ Gripper, Ann (2013年5月19日). “When is Eurovision 2014? The early song contest information”. Daily Mirror. 2013年5月19日閲覧。
  6. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年5月21日). “Denmark: Copenhagen and Herning bid to host Eurovision 2014”. esctoday. 2013年5月21日閲覧。
  7. ^ Bygbjerg, Søren (2013年5月20日). “Kampen er i gang: De vil være værtsbyer for Eurovision 2014” (Danish). Danmarks Radio. 2013年5月20日閲覧。
  8. ^ Jiandani, Sanjay (2013年5月22日). “Denmark: Aalborg to enter host city race?”. ESCToday.com. 2013年5月22日閲覧。
  9. ^ Nu vil Fredericia også have Eurovision til byen” (Danish). Reuters. Danmarks Radio (2013年5月22日). 2013年5月22日閲覧。
  10. ^ Storvik-Green, Simon (2013年5月21日). “Executive Producer appointed for Eurovision 2014”. eurovision.tv. 2013年5月22日閲覧。
  11. ^ a b c d Storvik-Green, Simon (2013年6月19日). “Valentina Monetta to represent San Marino in 2014”. European Broadcasting Union. eurovision.tv. 2013年6月19日閲覧。
  12. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年11月7日). “Portugal: RTP confirms participation in Eurovision 2014”. ESCToday. 2013年11月7日閲覧。
  13. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年12月5日). “TVP will participate in Copenhagen”. ESCToday. 2013年12月5日閲覧。
  14. ^ TVP znów w konkursie Eurowizji” (Polish). Telewizja Polska (2013年12月5日). 2013年12月7日閲覧。
  15. ^ London, Stephane (2013年9月4日). “Denmark 2014: From a shipyard to a Eurovision temple”. 2013年9月4日閲覧。
  16. ^ These cities want to host Eurovision 2014”. eurovision.tv (2013年5月31日). 2013年5月31日閲覧。
  17. ^ Jiandani, Sanjay (2013年5月22日). “Denmark: Aalborg to enter host city race?”. esctoday.com. 2013年5月22日閲覧。
  18. ^ Jiandani, Sanjay (2013年5月22日). “Denmark: Fredericia joins the bidding race”. esctoday.com. 2013年5月22日閲覧。
  19. ^ Jiandani, Sanjay (2013年5月23日). “Denmark: Horsens bids to host Eurovision in a prison”. esctoday.com. 2013年5月23日閲覧。
  20. ^ Rimestad, Christian (2013年6月6日). “Vil overdække Fængselsgården til grandprix-finale” (Danish). Horsens Posten. 2013年6月17日閲覧。
  21. ^ Veggerby, Kristoffer (2013年6月16日). “Ikke plads til Grand Prix i Gigantium” (Danish). Nordjyske Stiftstidende. 2013年6月17日閲覧。
  22. ^ a b Veggerby, Kristoffer (2013年6月17日). “Aalborg siger nej til Melodi Grand Prix” (Danish). Nordjyske Stiftstidende. 2013年6月17日閲覧。
  23. ^ a b Bygbjerg, Søren (2013年6月18日). “Klar med ansøgninger til DR: Fire byer kæmper om Grand Prix” (Danish). Danmarks Radio. 2013年6月18日閲覧。
  24. ^ Kolby, Maiken (2013年6月19日). “Her skal Det Internationale Melodi Grand Prix 2014 holdes” (Danish). Ekstra Bladet英語版. 2013年6月19日閲覧。
  25. ^ Kolby, Maiken (2013年6月19日). “Sådan ser det ud, hvis DR holder Melodi Grand Prix i egen baghave” (Danish). Ekstra Bladet. 2013年6月19日閲覧。
  26. ^ Trekantområdet trækker sit kandidatur som vært for ESC 2014” (Danish). Fredericia Kommune (2013年6月25日). 2013年6月26日閲覧。
  27. ^ a b Fodbold sparker Melodi Grand Prix ud af Parken” (Danish). Danmarks Radio (2013年6月28日). 2013年6月28日閲覧。
  28. ^ Aalborg melder sig ud af Grand Prix-ræs” (Danish). Danmarks Radio (2013年6月17日). 2013年6月17日閲覧。
  29. ^ a b c Goos, Sebastian (2013年6月29日). “Sharing Copenhagen with the World 2014 - Eurovision Song Contest i København” (Danish). Wonderful Copenhagen. 2013年6月29日閲覧。
  30. ^ Juhász, Ervin (2013年6月26日). “Denmark: Fredericia withdraws the bid for 2014”. escxtra. 2013年6月26日閲覧。
  31. ^ Rules of the 59th Eurovision Song Contest”. European Broadcasting Union. eurovision.tv (2013年9月20日). 2013年9月21日閲覧。
  32. ^ Siim, Jarmo (2013年9月20日). “Jury rules tightened for 2014 Eurovision Song Contest”. European Broadcasting Union. eurovision.tv. 2013年9月21日閲覧。
  33. ^ Theilen, David (2013年10月30日). “Jury rules tightened for 2014 Eurovision Song Contest”. Jan Lagermand Lunde Interview: Part II. wiwibloggs.com. 2013年10月30日閲覧。
  34. ^ Jiandani, Sanjay (2014年1月13日). “Eurovision 2014: Semi-finals allocation draw on 20 January”. ESCToday.com. 2014年1月13日閲覧。
  35. ^ Siim, Jarmo (2013年11月24日). “Sweden and Norway drawn into Semi-Finals”. Eurovision.tv. 2013年11月24日閲覧。
  36. ^ Hidalgo, Rodrigo Romero (2014年1月13日). “General: Semifinal allocation draw”. escXtra.com. 2014年1月13日閲覧。
  37. ^ Spænding: Så skal der trækkes lod mellem Grand Prix-landene” (Danish). DR (2014年1月13日). 2014年1月13日閲覧。
  38. ^ a b c d Siim, Jarmo (2014年1月17日). “Slovenia joins Eurovision 2014, Semi-Final Allocation Draw on Monday”. Eurovision.tv. 2014年1月19日閲覧。
  39. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年9月6日). “Andorra: RTVA will not return to Eurovision in 2014”. ESCToday. 2013年9月6日閲覧。
  40. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年12月19日). “Eurovision 2014: Bosnia & Herzegovina will not compete in Copenhagen”. ESCToday. 2013年12月19日閲覧。
  41. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年9月30日). “Czech Republic will not participate in Copenhagen”. esctoday.com. 2013年9月30日閲覧。
  42. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年7月24日). “Luxembourg: RTL will not return to Eurovision in 2014”. ESCToday. 2013年7月24日閲覧。
  43. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年9月17日). “Monaco: TMC will not return to Eurovision in 2014”. ESCToday. 2013年9月17日閲覧。
  44. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年9月11日). “Morocco: SNRT will not return to Eurovision in 2014”. ESCtoday.com. 2013年9月11日閲覧。
  45. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年9月9日). “Slovakia: RTVS will not return to Eurovision in 2014”. ESCToday. 2013年9月9日閲覧。
  46. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年11月7日). “Turkey: TRT will not participate in Eurovision 2014”. ESCToday. 2013年11月7日閲覧。
  47. ^ a b Bulgaria: BNT will not participate in Copenhagen”. ESCToday (2013年11月22日). 2013年11月22日閲覧。
  48. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年9月19日). “Croatia: HRT will not participate in Eurovision 2014”. ESCToday.com. 2013年9月19日閲覧。
  49. ^ Adams, Willy Lee (2013年9月19日). “Eurovision 2014: Croatia is not coming to the party”. wiwibloggs.com. 2013年10月24日閲覧。
  50. ^ a b Jiandani, Sanjay (2013年10月3日). “Eurovision 2014: Cyprus will not participate in Copenhagen”. ESCtoday. 2013年10月3日閲覧。
  51. ^ Eurovision 2014: Serbia will not participate in Copenhagen”. ESCtoday (2013年11月22日). 2013年11月22日閲覧。
  52. ^ Ranta, Riku (2013年10月5日). “FYR Macedonia: Eurovision entry presented in January”. escwebs.net. 2013年10月5日閲覧。
  53. ^ a b Escuerdo, Victor M. (2014年1月20日). “Allocation Draw results: Who's in which Semi-Final?”. Eurovision.tv. 2014年1月20日閲覧。
  54. ^ Granger, Anthony (2013年12月31日). “Armenia: Aram MP3 Is Off To Copenhagen”. Eurovoix. 2013年12月31日閲覧。
  55. ^ a b Granger, Anthony (2013年12月28日). “Albania: Herciana Matmuja Is Off To Copenhagen”. Eurovoix. 2013年12月28日閲覧。
  56. ^ a b c d Omelyanchuk, Olena (2013年12月21日). “Maria Yaremchuk is the Ukrainian winner!”. Eurovision.tv. 2013年12月21日閲覧。
  57. ^ Wells, Simon (2013年11月25日). “Netherlands: "The Common Linnets" to Eurovision”. escXtra.com. 2013年11月25日閲覧。
  58. ^ a b Montenegro: Sergej Ćetković to Copenhagen” (2013年11月19日). 2013年11月19日閲覧。
  59. ^ Israel: Mei Feingold officially announced as representative”. esctoday (2014年1月11日). 2014年1月11日閲覧。
  60. ^ a b “Conchita Wurst soll Österreich beim Song Contest vertreten [Conchita Wurst will represent Austria at the Song Contest]” (German). nachrichten.at. (2013年9月10日). http://www.nachrichten.at/nachrichten/kultur/Conchita-Wurst-soll-Oesterreich-beim-Song-Contest-vertreten;art16,1192384 2013年9月10日閲覧。 
  61. ^ Brey, Marco (2013年9月10日). “Conchita Wurst to represent Austria in 2014”. European Broadcasting Union. eurovision.tv. 2013年9月10日閲覧。
  62. ^ a b c d Weaver, Jessica (2014年1月10日). “Belarus: TEO to Copenhagen!”. Esctoday.com. 2014年1月10日閲覧。
  63. ^ Jiandani, Sanjay (2013年8月28日). “FYR Macedonia: Tijana Dapcevic selected for Eurovision 2014”. ESCToday. 2013年8月28日閲覧。
  64. ^ Granger, Anthony (2013年12月31日). “Armenia: Aram MP3 Is Off To Copenhagen”. Eurovoix. 2013年12月31日閲覧。
  65. ^ Brey, Marco (2013年9月10日). “Conchita Wurst to represent Austria in 2014”. European Broadcasting Union. eurovision.tv. 2013年9月10日閲覧。
  66. ^ Escudero, Victor M.. “Emma to represent Italy in Copenhagen!”. eurovision.tv. 2014年1月21日閲覧。
  67. ^ Escudero, Victor M.. “Italy: Emma will sing La Mia Città”. eurovision.tv. 2014年1月25日閲覧。
  68. ^ a b Spain to choose entry in a public selection”. Eurovision.tv. 2014年1月21日閲覧。
  69. ^ Wells, Simon (2013年11月25日). “Netherlands: "The Common Linnets" to Eurovision”. escXtra.com. 2013年11月25日閲覧。
  70. ^ Bosnia & Herzegovina: BHRT Are Out of Eurovision”. Eurovoix (2013年12月18日). 2013年12月18日閲覧。
  71. ^ Fisher, Luke (2013年7月22日). “Bulgaria: Prospective Director Generals outline Eurovision Plans”. escXtra.com. 2013年11月23日閲覧。
  72. ^ Fisher, Luke (2013年11月22日). “Bulgaria: BNT not entering in 2014”. escXtra.com. 2013年11月23日閲覧。
  73. ^ Kosovo drömmer om Eurovision” (Swedish). SVT News. Sveriges Television (2013年5月14日). 2013年5月31日閲覧。
  74. ^ Therese (2013年5月15日). “Musik är makt” (Swedish). Fabric of Minds. 2013年5月31日閲覧。
  75. ^ RTK pledges to adopt core public service values”. European Broadcasting Union (2013年3月8日). 2013年5月29日閲覧。
  76. ^ Eurovisiontimes (2011年11月29日). “No Participation of Liechtenstein at Eurovision 2012”. Eurovision Times. 2012年5月28日閲覧。
  77. ^ Granger, Anthony (2013年1月19日). “Liechtenstein: No 2013 Participation”. Eurovoix. 2013年5月19日閲覧。
  78. ^ Jiandani, Sanjay (2013年9月10日). “Liechtenstein: No debut in Eurovision 2014!”. ESCToday.com. 2013年9月10日閲覧。
  79. ^ Repo, Juha (2013年4月24日). “Luxembourg: Is there ever any hope of a return to Eurovision?”. ESCToday. 2013年5月30日閲覧。
  80. ^ Juhász, Ervin (2013年11月22日). “Serbia: RTS not going to Copenhagen”. escXtra.com. 2013年11月23日閲覧。
  81. ^ Granger, Anthony (2013年9月1日). “Slovakia: No To 2014”. Eurovoix. 2013年9月1日閲覧。
  82. ^ N., Danny (2013年9月14日). “Turkey: ‘No plans to return’ under current system”. escXtra. 2013年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]