ユーゴスラビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーゴスラビア
Flag
(1961–1991)
Flag
(1992)
加盟放送局 ユーゴスラビア国営放送
国内選考大会 ユーゴヴィジヤ
出場
出場回数 27
初出場 1961
最新の出場 1992
最高順位 第1位、1989
最低順位 最下位、1964
外部リンク
Eurovision.tvのユーゴスラビアのページ

ユーゴスラビアのユーロビジョン・ソング・コンテストЈугославија на Песми Евровизије / Jugoslavija na Pjesmi Eurovizije)では、ユーゴスラビアにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。ユーゴスラビアは、ユーロビジョン・ソング・コンテストに合計27回参加した。初参加は1961年であり、以降、不参加であった1977年から1980年まで並びに1985年を除き、1992年まで毎年参加している。1989年大会ではユーゴスラビアは優勝を果たし、翌年の1990年大会を主催している。

歴史[編集]

1961年 - 1991年: ユーゴスラビア社会主義連邦共和国[編集]

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国は、ユーロビジョン・ソング・コンテストに1961年大会で初出場した。ユーゴスラビア代表を選ぶ国内選考はユーゴスラビア国営放送によって開かれた。国内選考はユーゴヴィジヤJugovizija)と呼ばれ、ユーゴスラビアのそれぞれの構成体の公営放送によって各国で開催されるコンテストから選ばれた、連邦各国の代表によって行われる。

ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国ボスニア・ヘルツェゴビナ国営放送クロアチア社会主義共和国クロアチア国営放送[1]マケドニア社会主義共和国マケドニア国営放送モンテネグロ社会主義共和国モンテネグロ国営放送セルビア社会主義共和国セルビア国営放送スロベニア社会主義共和国スロベニア国営放送によって代表が選ばれる。また、構成共和国とほぼ同等の地位を持つ自治州からも代表が選ばれ、コソボ社会主義自治州からはコソボ州営放送ヴォイヴォディナ社会主義自治州からはヴォイヴォディナ州営放送によって代表が選ばれる[2]。第1回の選考に参加したのはセルビア、スロベニア、クロアチアの3国であり、その他の国や州はそれ以降の選考から参加した[2]

ユーゴスラビアが存続した間に、6共和国と2自治州の合計8つの構成体のうち、5つの構成体からユーゴスラビア代表が選ばれた。ユーゴスラビア代表としてユーロビジョンに参加歌手を送り出したのは、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、モンテネグロ、セルビア、スロベニアの5国である。一方でマケドニア、コソボ、ヴォイヴォディナからはユーゴスラビア代表は出なかった。最も多くのユーゴスラビア代表を輩出したのはクロアチアであり、26回の参加のうち13回はクロアチアから代表が選ばれている。1977年から1980年、並びに1985年はユーゴスラビアはユーロビジョンには参加しなかった。

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国は1989年大会、リヴァの「Rock Me」でユーロビジョン優勝を果たした。これによって翌年のユーロビジョンの主催権を獲得し、1990年大会はクロアチアのザグレブで行われた。

1992年: ユーゴスラビア連邦共和国[編集]

1991年ユーゴスラビア解体に伴って、連邦の一部をなしていたスロベニアクロアチアマケドニア共和国は独立を宣言した。これによって、3国はベオグラードで開かれるユーゴヴィジヤからも撤退した。1992年のユーゴヴィジヤにはセルビア、モンテネグロのほかボスニア・ヘルツェゴビナからも参加した。ボスニア・ヘルツェゴビナはこの年の3月1日に独立を宣言したものの、4月6日まで国際社会からの承認は得られていなかった。ボスニアから参加したアルマ・チャルジッチAlma Čardžić)は、後にボスニア・ヘルツェゴビナ代表として1994年大会1997年大会に、それぞれ「Ostani kraj mene」と「Goodbye」で参加した[3]。1992年のユーゴスラビア代表に選ばれたのは、セルビアから参加したエクストラ・ネナ(Extra Nena、スネジャナ・ベリッチ Snežana Berić)の「Ljubim te pesmama」であった[4]。1992年のユーロビジョンの大会が始まる前の4月28日、連邦に留まっていたセルビア共和国モンテネグロ共和国により新しくユーゴスラビア連邦共和国が結成され、エクストラ・ネナは新生ユーゴスラビア代表として5月9日に行われたこの年のユーロビジョンに参加した[5][6][7]

1993年以降[編集]

ユーゴスラビア解体後、セルビアとモンテネグロを除く構成共和国はそれぞれ独立国となった。各国の放送局も呼称を変えてそれぞれ欧州放送連合に加盟し、それぞれ個別にユーロビジョンに参加した。

新しく独立した国々の成果もさまざまであった。クロアチアは1990年代に大きな成功を収めた一方、セルビア・モンテネグロボスニア・ヘルツェゴビナ2000年代に入ってから好成績を残している。2008年までの時点で、マケドニア共和国は一度も10位以内に入ることはできなかった。2004年大会ではセルビア・モンテネグロ代表のジェリコ・ヨクシモヴィッチは2位となった。2007年大会からはセルビアとモンテネグロはそれぞれ独立して個別に大会に参加し、モンテネグロは10位以内に入らなかった一方、セルビア代表のマリヤ・シェリフォヴィッチは優勝を果たした。

参加者[編集]

以下のユーゴスラビア代表は、ユーゴヴィジヤによって選出される。1978年から1980年までと1985年は、国内の理由により不参加となった。背景が金色はユーロビジョンで優勝、赤色は最下位を表す。

アーティスト 順位 得点
1961 スロベニア社会主義共和国の旗 スロベニア リリャナ・ペトロヴィッチLjiljana Petrović Neke davne zvezde (Неке давне звезде) 8 9
1962 セルビア社会主義共和国の旗 セルビア ロラ・ノヴァコヴィッチLola Novaković Ne pali svetla u sumrak
(Не пали светла у сумрак)
4 10
1963 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア ヴィツェ・ヴコヴVice Vukov Brodovi 11 3
1964 ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ サバフディン・クルトSabahudin Kurt Život je sklopio krug 13 0
1965 モンテネグロ社会主義共和国の旗 モンテネグロ ヴィツェ・ヴコヴVice Vukov Čežnja 12 2
1966 スロベニア社会主義共和国の旗 スロベニア ベルタ・アンブロシュBerta Ambrož Brez besed 7 9
1967 スロベニア社会主義共和国の旗 スロベニア ラド・レスコヴァルLado Leskovar Vse rože sveta 8 7
1968 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア ルチ・カプルソLuči Kapurso) & ハモ・ハイダルホジッチHamo Hajdarhodžić Jedan dan 7 8
1969 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア イヴァン&3MIvan & 3M Pozdrav svijetu 13 5
1970 スロベニア社会主義共和国の旗 スロベニア エヴァ・スルシェンEva Sršen Pridi, dala ti bom cvet 11 4
1971 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア キチョ・スラビナツKićo Slabinac Tvoj dječak je tužan 14 68
1972 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア テレザ・ケソヴィヤTereza Kesovija Muzika i ti 9 87
1973 ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ ズドラヴコ・チョリッチZdravko Čolić Gori vatra 15 65
1974 セルビア社会主義共和国の旗 セルビア コルニ・グルパKorni Grupa Moja generacija (Моја генерaција) 12 6
1975 セルビア社会主義共和国の旗 セルビア ペペル・イン・クリPepel in Kri Dan ljubezni 13 22
1976 ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ アンバサドリAmbasadori Ne mogu skriti svoj bol 17 10
1981 ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ ヴェイタVajta Leila 15 35
1982 セルビア社会主義共和国の旗 セルビア アスカAska Halo Halo (Хало Хало) 14 21
1983 モンテネグロ社会主義共和国の旗 モンテネグロ ダニイェル・ポポヴィッチDaniel Džuli 4 125
1984 モンテネグロ社会主義共和国の旗 モンテネグロ ヴラド&イソルダVlado & Isolda Ciao, amore 18 26
1986 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア ドリス・ドラゴヴィッチDoris Dragović Željo moja 11 49
1987 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア ノヴィ・フォシリNovi Fosili Ja sam za ples 4 92
1988 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア スレブルナ・クリラSrebrna Krila Mangup 6 87
1989 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア リヴァRiva Rock Me 1 137
1990 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチア タイチTajči Hajde da ludujemo 7 81
1991 セルビア社会主義共和国の旗 セルビア ベビ・ドルBebi Dol Brazil (Вразил) 21 1
1992 セルビア共和国 (1990年-2006年)の旗 セルビア エクストラ・ネナExtra Nena Ljubim te pesmama (Љубим те песмама) 13 44

投票履歴(1975年 - 1992年)[編集]

ユーゴスラビアから高得点を送られた国々:

順位 得点
1 イタリアの旗 イタリア 62
2 スイスの旗 スイス 61
3 イギリスの旗 イギリス 57
4 フランスの旗 フランス 56
5 イスラエルの旗 イスラエル 54

ユーゴスラビアに高得点を送った国々:

順位 得点
1 トルコの旗 トルコ 80
2 イスラエルの旗 イスラエル 64
3 キプロスの旗 キプロス 59
4 デンマークの旗 デンマーク 52
5 アイスランドの旗 アイスランド 48

出典:[8]

主催[編集]

場所 会場 司会
1990 クロアチア社会主義共和国の旗 クロアチアザグレブ Koncertna dvorana Vatroslav Lisinski オリヴェル・ムラカルOliver Mlakar) & ヘルガ・ヴラホヴィッチHelga Vlahović

不参加の年[編集]

1961年にユーロビジョンに参加して以来、ユーゴスラビアは5回、大会への参加を見送っている。1977年大会から1980年大会まで、ユーゴスラビアは不参加であった。また、1985年大会にも国家の祝日のために参加を見送った[9]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://free-st.t-com.hr/eurodalmatia/gotovo_za_web/jugovizije/results/1979.htm
  2. ^ a b Jugovizija statistics by year, Eurodalmatia official ESC fan club, Dalmatia, Croatia
  3. ^ Alma Čardžić Bio - Official Site (ボスニア語)
  4. ^ Extra Nena Bio - Official Site (セルビア語)
  5. ^ Eurovision Trivia: Did you know...”. BBC News (2005年5月6日). 2008年8月26日閲覧。
  6. ^ Klier, Marcus (2007年9月28日). “Interview with Extra Nena”. ESCToday. 2008年8月26日閲覧。
  7. ^ Deniz, Jose Miguel Galvan (2005年3月14日). “Eurovision shows political side”. BBC News. 2008年8月26日閲覧。
  8. ^ Points to and from Yugoslavia (1975-1992)”. EurovisionRecords. 2008年9月27日閲覧。
  9. ^ History - Eurovision Song Contest 1985”. Eurovision.tv. 2009年1月閲覧。

外部リンク[編集]