イタリアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリア
Flag
加盟放送局 RAI
国内選考大会 サンレモ音楽祭
出場
出場回数 39
初出場 1956
最新の出場 1997
最高順位 優勝: 1964, 1990
最低順位 最下位: 1966
外部リンク
Eurovision.tvのイタリアのページ

イタリアのユーロビジョン・ソング・コンテストでは、イタリアにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。イタリアは1956年大会から1997年大会までの間、頻繁にユーロビジョン大会に参加していた。イタリアは、第1回のユーロビジョンに参加していた7箇国のうちのひとつである。1997年以降、イタリアは不参加を続けていた。

2010年大会で欧州放送連合は、イタリアや、同様に2008年から不参加を続けていたオーストリアの復帰のために努力する旨を表明したものの、両国の復帰を実現することはできなかった。しかし、2010年12月、イタリアは2011年大会に参加することが公式に確定し、イタリアは13年におよぶ不参加に終止符をうち、大会に復帰することとなった。

不参加[編集]

イタリアは過去に何度かにわたってユーロビジョンへの不参加を繰り返している。最初の不参加は1981年大会でのことであり、このときイタリア放送協会(RAI)は自国における大会への興味がなくなっているとした[1]。この不参加は1982年大会でも続けられ、1983年大会に復帰した。

1986年大会でもRAIは不参加を決定し、再び大会を欠場した。

RAIは大会参加への意欲に欠けるとして、1994年大会から1996年大会まで再度の不参加となった。1997年大会には参加したものの、その後は理由を表明することなく大会から離脱した。

新たな参加意欲[編集]

2008年、Vince Temperaと、かつてのユーロビジョン優勝者トト・クトゥーニョは、イタリアのユーロビジョン不参加への遺憾を表明し、大会への復帰を求めた[2][3]

2008年大会の優勝者ジーマ・ビラーンをはじめとする2008年大会参加者たちが、Rai Unoで放送されRaffaella Carràが司会を務めるイタリアのショー番組Carràmba che fortunaに参加した。これが、イタリアのユーロビジョンへの復帰を願ってのCarrà主導によるものなのかは明らかではないが、ユーロビジョン・ソング・コンテストのManager Communications & PRであるSietse Bakkerは、「現在もイタリアの大会参加はとても歓迎すべきことだ」と述べた[4][5][6]

2010年12月2日、イタリアがユーロビジョン・ソング・コンテスト2011への参加申請を行ったことが公式に発表された。同年12月31日、最終的な参加国が確定され、イタリアのユーロビジョン参加が決定した。これによりイタリアは、1997年以来、14年ぶりに大会に復帰することとなった。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974での検閲[編集]

イタリアは、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974のRAIでの放送を拒否した。これは、ジリオラ・チンクェッティによる楽曲がこの年のイタリアの離婚に関する国民投票と時期的に一致したことによる。国民投票は大会の1箇月以上後であり、チンクェッティは2位入賞を果たしたものの、イタリアはこの大会とチンクェッティの楽曲の放映を拒絶した。これは、チンクェッティによるイタリアの参加曲の曲名が「」(Yes)と題され、歌詞でもこれが繰り返されるため、国民投票で賛成票を投じさせるサブリミナル効果をもたらすプロパガンダとなる危険性をRAIが危惧したことによる(国民投票では、離婚を認める法の廃止の可否を問うものであった)。この楽曲はその後1箇月以上にわたってイタリアでは放送禁止が続いた。

参加者[編集]

アーティスト 決勝 得点
1956 Franca Raimondi "Aprite le finestre" NA NA
1956 Tonina Torrielli "Amami se vuoi" NA NA
1957 Nunzio Gallo "Corde della mia chitarra" 6 7
1958 ドメニコ・モドゥーニョ "Nel blu, dipinto di blu" 3 13
1959 ドメニコ・モドゥーニョ "Piove (Ciao, ciao bambina)" 6 11
1960 Renato Rascel "Romantica" 8 5
1961 Betty Curtis "Al di là" 5 12
1962 Claudio Villa "Addio, addio" 9 3
1963 Emilio Pericoli "Uno per tutte" 3 37
1964 ジリオラ・チンクェッティ "Non ho l'età" 1 49
1965 ボビー・ソロ "Se piangi, se ridi" 5 15
1966 ドメニコ・モドゥーニョ "Dio, come ti amo" 17 0
1967 Claudio Villa "Non andare più lontano" 11 4
1968 Sergio Endrigo "Marianne" 10 7
1969 Iva Zanicchi "Due grosse lacrime bianche" 13 5
1970 Gianni Morandi "Occhi di ragazza" 8 5
1971 Massimo Ranieri "L'amore è un attimo" 5 91
1972 Nicola di Bari "I giorni dell'arcobaleno" 6 92
1973 Massimo Ranieri "Chi sarà" 13 74
1974 ジリオラ・チンクェッティ "" 2 18
1975 Wess and Dori Ghezzi "Era" 3 115
1976 Al Bano & Romina Power "We'll Live It All Again" 7 69
1977 Mia Martini "Libera" 13 33
1978 リッキ・エ・ポーヴェリ "Questo amore" 12 53
1979 Matia Bazar "Raggio di luna" 15 27
1980 Alan Sorrenti "Non so che darei" 6 87
1983 Riccardo Fogli "Per Lucia" 11 41
1984 Alice & Battiato "I treni di Tozeur" 5 70
1985 Al Bano & Romina Power "Magic Oh Magic" 7 78
1987 Umberto Tozzi and Raf "Gente di mare" 3 103
1988 Luca Barbarossa "Vivo (Ti scrivo)" 12 52
1989 Anna Oxa and Fausto Leali "Avrei voluto" 9 56
1990 トト・クトゥーニョ "Insieme: 1992" 1 149
1991 Peppino di Capri "Comme è ddoce 'o mare" 7 89
1992 Mia Martini "Rapsodia" 4 111
1993 Enrico Ruggeri "Sole d'Europa" 12 45
1997 Jalisse "Fiumi di parole" 4 114
2011 ラファエル・グアラッツィ "Madness of Love" 2 189
2012 Nina Zilli "L'amore è femmina" 9 101
2013 マルコ・メンゴーニ "L'essenziale" 7 126
2014 エンマ・マッローネ "La mia città"

投票履歴(1975年 - 2012年)[編集]

イタリアから高得点が送られた国々:

順位 得点
1 フランスの旗 フランス 98
2 イギリスの旗 イギリス 94
3 アイルランドの旗 アイルランド 93
4 スペインの旗 スペイン 81
5 スイスの旗 スイス 68

イタリアに高得点を送った国々:

順位 得点
1 ポルトガルの旗 ポルトガル 152
2 スペインの旗 スペイン 134
3 フィンランドの旗 フィンランド 118
4 スイスの旗 スイス 85
5 フランスの旗 フランス 84

出典:[7]

主催[編集]

場所 会場 司会
1965 イタリアの旗 ナポリ Sala dei Concerti della RAI Renata Mauro
1991 イタリアの旗 ローマ チネチッタ ジリオラ・チンクェッティ & トト・クトゥーニョ

脚注[編集]

  1. ^ History - Eurovision Song Contest 1981”. Eurovision.tv. 2008年9月17日閲覧。
  2. ^ Kasapoglou, Yiorgos (2008年3月7日). “Italy: Maestro Tempera calls Italy back to Eurovision”. ESCToday. 2008年3月7日閲覧。
  3. ^ Bakkar, Sieste (2008年6月16日). “Cutugno: "Italy's absence unfortunate"”. Eurovision.tv. 2008年6月16日閲覧。
  4. ^ Hondal, Víctor (2008年9月19日). “Italy: Eurovision stars guests on Rai Uno”. ESCToday. 2008年9月20日閲覧。
  5. ^ Siim, Jarmo (2008年9月17日). “Eurovision stars going to Italy!”. Eurovision.tv. 2008年9月20日閲覧。
  6. ^ Solloso, Jaime (2008年9月18日). “Rai Uno announce Eurovision show tonight”. Oikotimes. 2008年9月20日閲覧。
  7. ^ Points to and from Italy (1975-1997)”. EurovisionRecords. 2008年2月8日閲覧。