ギリシャのユーロビジョン・ソング・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギリシャ
Flag
加盟放送局 ギリシャ国営放送
出場
出場回数 33
初出場 1974
最高順位 第1位、2005
最低順位 第20位、1998
外部リンク
ERT page
Eurovision.tvのギリシャのページ

ギリシャのユーロビジョン・ソング・コンテストでは、ギリシャにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。2009年までに、ギリシャは1974年以来、1975年、1982年、1984年、1986年、1999年および2000年の各大会を除き、毎年ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加をつづけている。26回目の参加となった2005年大会では、エレーナ・パパリズーの「My Number One」で、ギリシャは初めてユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝国となった。このとき、視聴者投票によって、最高得点である12点をギリシャに送った国は全部で10にのぼり、1997年大会でのカトリーナ・アンド・ザ・ウェイヴスKatrina and the Waves)の「Love Shine A Light」と並んで過去最多となった。2005年大会の後、エレーナ・パパリズーの参加曲はギリシャに加えてキプロススウェーデンで首位となったほか、ルーマニアオランダハンガリーベルギー、そしてアメリカ合衆国Billboard Hot Dance Club Playでも10位以内に入った。2005年、ユーロビジョンは50周年を記念する特別プログラム・Congratulationsを催し、その中でエレーナ・パパリズーの「My Number One」は、「Hold Me Now」(1987年)、「Nel blu dipinto di blu」(1958年)、「Waterloo」(1974年)に次いで4位に選ばれた。ギリシャが優勝を果たした2005年以前で最も高い順位を出したのは2001年大会でのアンティーク(エレーナ・パパリズーを含むデュオ)の「Die for You」と、2004年大会でのサキス・ルーヴァスの「Shake It」で、ともに4位であった。ギリシャの最低順位は1998年でのThalassaの「Mia Krifi Evesthisia」で、キプロスからの12得点のみを得て20位に終わった。

2006年ユーロビジョン・ソング・コンテスト2006は、前年の大会でのギリシャの優勝により、ギリシャのアテネで開催された。司会を務めたのはかつてギリシャ代表として大会に参加したサキス・ルーヴァスと、ギリシャ系アメリカ人の司会マリア・メヌーノスMaria Menounos)であった。ギリシャ代表として大会に参加したのはキプロスのギリシャ人歌手アナ・ヴィッシAnna Vissi)であった。

投票[編集]

サルベル(Sarbel)。ヘルシンキでの2007年大会にて。

キプロスとギリシャが互いをひいきしていると一般的に非難を受け、また、参加する全ての国々の中で、キプロスとギリシャは互いに投票し合う傾向が最も強いことは統計的にも示唆される。テリー・ウォーガンは、昨年の大会でギリシャとキプロスが互いに12点を送りあった時、この事実をまとめた。「長年にわたって、このようなことは全くばかげたことだと言われているが、なお両国はこれを続けている。彼らは気にもとめないのだ。」

出典: Ruth Alexander, "The maths of Eurovision voting", BBC News[1]

ギリシャは、特に近年はキプロスとの間で最高得点である12点を互いに入れあっていることで知られている。このほかの例として、バルカン半島の国々、スカンディナヴィアの国々、かつてのソビエト連邦の国々、バルトの国々は互いに投票しあうことが知られている。ギリシャとキプロスが互いに12点を入れあうことについては、両国の住民の多数派を占めるのは共にギリシャ人であり、ギリシャ語を話し、共通の音楽感覚を持っていることが理由ではないかと考えられている。この投票同盟に関する批判を受け、2008年大会の準決勝ではギリシャとキプロスが互いの国に投票することは禁じられた[2]。大会前のプロモーション活動では、ギリシャとキプロスの代表はEuroclubを共催し、他の17箇国の参加者や1500人の観客を集めた[3]

キプロス問題をめぐる政治的論争や、幾つかの島をめぐる領有権主張の食い違いによる緊張関係にも関わらず、ユーロビジョンにおいてギリシャは隣国トルコとは友好的な関係を築いている。たとえば、2005年大会において、ギリシャ代表のエレーナ・パパリズーにはトルコから12得点が送られた。しかし2004年、トルコで大会が開かれたとき、ギリシャとキプロスの決勝進出の発表は一番後回しにされ、両国の代表は決勝進出を果たした他の国々の間に埋没してしまった。

ギリシャは、準決勝が導入された2004年以降、2010年大会まで毎年決勝に出場している。2004年から2010年までの間、ギリシャは毎年、決勝で10位以内に入ってきている[4]。ギリシャは2004年大会には3位、2005年大会では1位、2006年大会では6位、2007年大会では7位、2008年大会では3位である。

参加者[編集]

以下は各大会でギリシャ代表として参加したエントリの一覧である。

アーティスト 決勝 得点 準決勝 得点
1974 Marinella Krasi, Thalassa Kai T' Agori Mou
Κρασί, θάλασσα και τ' αγόρι μου
11 7
1976 Mariza Koch Panayia Mou, Panayia Mou
Παναγιά μου, Παναγιά μου
13 20
1977 PaschalisMariannaRobertBessy Mathima SolfegeΜάθημα σολφέζ 5 92
1978 Tania Tsanaklidou Charlie ChaplinΤσάρλυ Τσάπλιν 8 66
1979 Elpida SokratiΣωκράτη 8 69
1980 アナ・ヴィッシ AutostopΩτοστόπ 13 30
1981 Yiannis Dimitras Feggari KalokerinoΦεγγάρι καλοκαιρινό 8 55
1983 Kristie Stassinopoulou Mou LesΜου λες 14 32
1985 Takis Biniaris MiazoumeΜοιάζουμε 16 15
1987 Bang StopΣτοπ 10 64
1988 Afroditi Frida ClownΚλόουν 17 10
1989 Mariana Efstratiou To Diko Sou AsteriΤο δικό σου αστέρι 9 56
1990 Christos Callow & Wave Horis SkopoΧωρίς σκοπό 19 11
1991 Sophia Vossou I AnixiΗ άνοιξη 13 36
1992 Kleopatra Olou Tou Kosmou I Elpida
Όλου του κόσμου η Ελπίδα
5 94
1993 Katerina Garbi Ellada, Chora Tou Fotos
Ελλάδα, χώρα του φωτός
9 64
1994 Kostas Bigalis To TrehandiriΤο τρεχαντήρι 14 44
1995 Elina Konstantopoulou Pia ProsefhiΠοια προσευχή 12 68
1996 Mariana Efstratiou Emeis Forame to Himona Anixiatika
Εμείς φοράμε το χειμώνα ανοιξιάτικα
14 36
1997 Marianna Zorba HorepseΧόρεψε 12 39
1998 Thalassa Mia Krifi Evesthisia
Μια κρυφή ευαισθησία
20 12
2001 アンティーク Die For You 3 147
2002 Michalis Rakintzis S.A.G.A.P.O. 17 27
2003 Mando Never Let You Go 17 25
2004 サキス・ルーヴァス Shake It 3 252 3 238
2005 エレーナ・パパリズー My Number One 1 230 X X
2006 アナ・ヴィッシ Everything 9 128 X X
2007 Sarbel Yassou Maria 7 139 X X
2008 カロミラ Secret Combination 3 218 1 156
2009 サキス・ルーヴァス[5][6] This Is Our Night 7 120 4 110
2010 イオルゴス・アルカイオス & フレンズ[7][8] "OPA" (ΟΠΑ)[7][8] 8 140 2 133
2011 ルーカス・イオルカス feat. ステレオ・マイク "Watch My Dance" 7 120 1 133
2012 エレフセリア・エレフセリウー "Aphrodisiac" 17 64 4 116
2013 コザ・モストラ feat. アガソナス・ヤコヴィディス "Alcohol Is Free" 6 152 2 121
2014 フリーキー・フォーチュン feat. リスキーキッド "Rise Up"

主催[編集]

場所 会場 司会
2006 ギリシャの旗 アテネ アテネオリンピックスポーツコンプレックス マリア・メヌーノス & サキス・ルーヴァス

投票履歴(1974年 - 2012年)[編集]

ギリシャから高得点が送られた国々:

順位 得点
1 キプロスの旗 キプロス 213
2 スペインの旗 スペイン 137
3 フランスの旗 フランス 126
4 アイルランドの旗 アイルランド 99
5 イギリスの旗 イギリス 84

ギリシャに高得点を送った国々:

順位 得点
1 キプロスの旗 キプロス 280
2 スペインの旗 スペイン 125
3 イギリスの旗 イギリス 110
4 ルーマニアの旗 ルーマニア 99
5 ドイツの旗 ドイツ 98

不参加となった大会[編集]

1975年[編集]

ギリシャはユーロビジョン・ソング・コンテスト1975において、欧州放送連合によると「不明な理由」により大会には参加していない。しかし、この年はトルコが初めてユーロビジョンに参加し、またトルコによるキプロス侵攻があった年であり、これらに抗議したものと考えられる[9][10]

1982年[編集]

ギリシャはユーロビジョン・ソング・コンテスト1982では失格とされた。これは、このときテミス・アダマンディディス(Themis Adamantidis)が歌う予定であった「Σαρανταπέντε Κοπελιές」(Sarantapente Kopelies)は、既存の曲であったことが明らかになったためである。この曲は良く知られたギリシャの民俗音楽をアレンジしたものであり、これが大会の規定にそぐわないものであった。大会に参加する曲は、作詞・作曲すべてが独自のものでなければならず、カバー曲は認められていない。ギリシャは罰金を払い、翌年の大会への復帰が認められた[11]。アダマンディディスは、参加が認められていれば、大会で2番目に登場して歌うことになっていた[12]

1984年[編集]

ギリシャ国営放送は、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1984への参加候補曲はすべて「質が低い」として、参加を取りやめることを決めた。

1986年[編集]

ポリーナ・ミセリドゥーen:Polina Misailidou)は、ノルウェーベルゲンで行われるユーロビジョン・ソング・コンテスト1986のギリシャ代表に選ばれていた。しかしギリシャ国営放送は突然、ユーロビジョンへの参加を取りやめた。ポリーナ・ミセリドゥーは、これは当時のギリシャ内部で起きていた政治的理由によるものだとしているが[13]、ユーロビジョン公式サイトによると参加取りやめの理由として、大会が正教会復活大祭の前夜にあたるためとなっていることを指摘している[13]。取りやめずに参加していたら、ポリーナは18番目に登場して『βάγκον λι』を歌うことになっていた[13][14]

1999年[編集]

ギリシャは、この年の参加条件であった過去5年以内の平均獲得得点が基準値を下回ったことにより、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1999への参加は認められなかった。

2000年[編集]

ギリシャ国営放送は、資金面の理由によりユーロビジョン・ソング・コンテスト2000には参加しないことを明らかにした。

脚注[編集]

  1. ^ Alexander, Ruth (2008年5月19日). “The maths of Eurovision voting”. BBC News. 2008年5月22日閲覧。
  2. ^ Osborn, Michael (2008年5月20日). “Sweden tipped to win Eurovision”. BBC News. 2008年5月22日閲覧。
  3. ^ Floras, Stella (2008年5月17日). “Greece-Cyprus party hugely successful”. ESCToday. 2008年5月22日閲覧。
  4. ^ Osborn, Michael (2008年5月25日). “Eurovision vote 2008: Top 10”. BBC News. 2008年5月22日閲覧。
  5. ^ Jones, John (2008年7月15日). “Greece decided, Sakis for Moscow”. Oikotimes. 2008年7月15日閲覧。
  6. ^ Kalimeris, Aris (2008年7月15日). “Greece: Sakis Rouvas to Moscow!”. ESCToday. 2008年7月15日閲覧。
  7. ^ a b M. Escudero, Victor (2010年3月12日). “Giorgos Alkaios & Friends will wave the Greek flag in Oslo”. European Broadcasting Union. 2010年3月12日閲覧。
  8. ^ a b Montebello, Edward (2010年3月12日). “Greece sends Giorgos Alkaios & Friends to Eurovison”. ESCToday. 2010年3月12日閲覧。
  9. ^ EUROVISION SONG CONTEST 1975” (Greek). OGAE Greece. 2008年8月30日閲覧。
  10. ^ Raycoff, Ivan; Robert Deam Tobin (July 2007). A Song for Europe. Aldershot, Hampshire, England: Ashgate Publishing. ISBN 9780754658788. http://books.google.com/books?id=Eq7nilnv93cC&printsec=frontcover&dq=a+song+for+europe&client=firefox-a&sig=ACfU3U0r2r9IklIU3MfJf6wIZOWTlbgE4A#PPR18,M1. 
  11. ^ Konstantopoulos, Fotis (2005年2月3日). “Greek, Cypriot and Lebanese news”. Oikotimes. 2008年8月24日閲覧。
  12. ^ TV.com - Eurovision 1982
  13. ^ a b c Polina Biography” (Greek). 2008年8月24日閲覧。
  14. ^ "Wagon-lit" single - 1986”. Sony Music. 2008年8月24日閲覧。