オクトーバーフェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯48度7分53秒 東経11度32分57秒 / 北緯48.13139度 東経11.54917度 / 48.13139; 11.54917

2003年のオクトーバーフェスト(観覧車から撮影)

オクトーバーフェストOktoberfest)は、ドイツバイエルン州の州都ミュンヘンで開催される世界最大規模の祭りである。1810年以来ミュンヘン市の西方のテレージエンヴィーゼ(Theresienwiese テレーゼの緑地という意)で9月半ばから10月上旬に開催され、毎年約600万人の人が会場を訪れている。

会場名にちなんだヴィーゼ(緑地)のバイエルン語ヴィーズン(Wiesn)という別称も頻繁に使われる。オクトーバーフェストに提供される特別のビールはヴィーゼンビア(Wiesenbier、緑地ビールの意)とも呼ばれ、13.4%以上の高アルコール度で醸造されている。

会場[編集]

パレードを進む地元ミュンヘンの現存する最古のブルワリー、アウグスティーナ・ブロイ(Augustiner Bräu)の馬車

開催期間は10月の第1日曜日を最終日とする16日間。ただし1990年10月3日ドイツ再統一以後、第1日曜日が1日か2日となる場合には祝日であるドイツ統一の日の3日まで続けることとなった。そのため10月1日が日曜日の年は開催期間が18日と最長になる。会場のテレージエンヴィーゼは42ヘクタール東京ドーム約9個分)の広大な敷地[1]で、毎年数週間かけて固定式巨大テントや移動式遊園地を設置し、行事のあとは撤去する。

入場は無料で、飲食物を買う時や遊具に乗る時にその都度支払う。観覧車などの遊園地アトラクション、お化け屋敷や食べ物屋など日本の祭りの屋台に相当する店が揃う[2]。しかし祭りの中心はビールや食べ物を出す仮設レストラン ビールテント(Bierzelt ビアツェルト)である。2007年現在、大手ビール会社や個人が運営する巨大ビールテント(Festhalle フェストハレ)が14棟、その他に小規模なビールテント(Wiesnzelt ヴィーズンツェルト)が並ぶ。平日午前10時、週末と祝日は午前9時に開き、全日午後11時30分に閉場する。会場の混雑と飲酒運転を避けるため、駐車場は少ししか設けられていない。その代わり、ミュンヘン地下鉄(Uバーン)の複数の路線が会場近くに駅を設けているほか、ミュンヘン都市圏鉄道(Sバーン)も利用可能で、会場には複数のタクシー乗り場もあり[3]、公共交通機関が充実している。

催し物[編集]

オクトーバーフェスト初日には、まずミュンヘン市長とミュンヘンの市章ミュンヒナー・キンドル(Münchner Kindl)に扮して黒いフード付きマントを着た女性が馬に乗って先頭を行き、ビヤを積んだ地元ブルワリーの馬車が続くフェスティバル運営者の顔見世パレードがある。正午にミュンヘン市長が最初のビヤ樽の栓を開けて"O'zapft is!"( バイエルン方言で「酒が出たよ!」の意)と宣言することで正式にオクトーバーフェストが始まる。3月に製造して夏の間寝かせておいた[1]味が濃く、アルコール分の高いオクトーバーフェスト用特別ビール(ヴィーズン・ビア)が、マス(Maß)と呼ばれる容量1リットルのビールジョッキに注がれる。最初のマスはバイエルン州首相に渡される。地元ミュンヘンのブルワリー(ビール醸造会社)だけが、オクトーバーフェスト用ビールをビールテント内で提供することを許可されている。

2日目にはバイエルン出身の8,000人が伝統的民族衣装を着て、マクシミリアン通りをミュンヘンの中心街を通ってオクトーバーフェストまで歩いていくパレードがある。

客は飲むだけでなく大いに食べる。食事は主にソーセージ、ヘンドゥル(鶏肉の丸焼き)、シュペッツレ(チーズや小麦粉で作った麺)、ザワークラウトといったボリュームのある伝統食や、バイエルン名物の雄牛のしっぽなどである。

歴史[編集]

2006年の開会式の際のテレージエン緑地

第1回のオクトーバーフェスト[編集]

オクトーバーフェストは、以前はバイエルン州では、決して珍しいものではなかった。これは新しいビールの醸造シーズンの幕開けを祝う祭りで、どこでも開かれているようなものだったためである。現在でもエアランゲンなどには、ミュンヘンのオクトーバーフェストよりも歴史の古いビール祭りが例年6月頃に開かれている。

今日有名になった「ミュンヘンのオクトーバーフェスト」は、ドイツの他の各地の民族的な祭りや射撃大会を兼ねた祭りに比べると比較的新しい祭りといってもいいものである。バイエルン王国王太子ルートヴィヒテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン結婚式が、1810年10月に都市の城壁の前の緑地で行われた際に、大規模な競馬が催された。それ以来この緑地が、テレーゼ緑地と呼ばれるようになり、そこから口語では「緑地」(ヴィーゼ Wiese。ミュンヘン訛りではヴィーズン Wiesn)は、ほとんどオクトーバーフェストと同義に取られるようになった。第1回オクトーバーフェストとされる日が複数あるのは、結婚式が10月12日で、競馬が17日であったためである。

王太子ルートヴィヒは古代ギリシアに関心が深く、臣下に古代オリンピックの競技会のようなスタイルでの祭りを開きたいと提案した。この提案が熱狂的な歓迎を受け、まず主としてスポーツ大会のような形でこの祭りが挙行された。これが今日、近代オリンピックの原型といわれるものである。バイエルンの王宮は市民を喜ばせるために、翌年も同じ時期に競馬を繰り返し開催すると発表、これによってオクトーバーフェストの伝統が始まったのである。

国民的祝祭への発展[編集]

19世紀[編集]

1813年にはすでに祭りは、バイエルン王国ナポレオン戦争に巻き込まれたため中止の憂き目にあっている。その後、緑地は年々拡大していく。競馬場に、木登り場所、九柱戯場、ブランコが増え、陶器、銀器、そして1816年に装飾品などがもらえる福引場がオープンして、特に都市の貧困層を惹きつけた。1819年にはミュンヘンの町の市当局が祭りの開催を引き受けた。以来、オクトーバーフェストは毎年開催されるようになった。

1835年にはバイエルン王となったルートヴィヒ1世とテレーゼの結婚25年を記念して、初めてパレードが行われた。1850年以降はパレードが毎年恒例のイベントとなり、オクトーバーフェストのメイン行事の一つとなっている。

バヴァリア像―バイエルン王太子の婚礼を祝う記念碑

1850年に祭りの開催される緑地の端に、20メートルほどの高さの女性像バヴァリアが建てられ、祭りを見守るようになった。バイエルンの地の守護者とされるバヴァリアの銅像である。まず建築家レオ・フォン・クレンツェ独:Leo von Klenze)が古典的画風にスケッチしたものを、彫刻家ルートヴィヒ・ミヒャエル・シュヴァンターラー(独:Ludwig Michael Schwanthaler)がロマン主義風にドイツ化し、ヨハン・バプティスト・スティグルマイエル(独:Johann Baptist Stiglmaier)と甥のフェルディナント・フォン・ミラー (独:Ferdinand von Miller)が彫像した。1853年にはバヴァリア像の後ろにルーメスハレ(Ruhmeshalle 栄誉の殿堂)が完成した。

その後の何度か祭りの開催が流れている。その理由は2つあり、1854年1873年コレラの流行で、他は、1866年プロイセン・オーストリア戦争1870年独仏戦争である。

19世紀末までに祭りは発展し、次第に国民的祝祭のレベルまで達した。それが今日では世界的に知られる祭りにまで至るわけである。期間の上でも、開催期間が延び、また比較的温暖な9月に開催ということになり、祭りの最後の週末のみが10月にかかるようになった。1880年には、市当局がビールの販売を許可し、400以上のブースやテントが電気の明かりで飾られた。1881年にはブラートヴルストと呼ばれる焼きソーセージその他を販売する移動店舗(Hendlbraterei)が初めて登場した。1887年初めてオクトーバーフェストの運営スタッフとブルワリー関係者の入場が行われた。この催しでは見事に装飾された馬に乗ったブルワリーの一団とテント内で演奏するバンドが披露された。現在も毎年オクトーバーフェストの最初の日曜に行われ、祭りの正式な始まりを象徴するものである。

19世紀終わりまでビール・ブースと呼ばれる仮小屋の中にはスキトルズ(ボウリングの前身となったゲーム)のレーン、大きなダンスフロア、登って遊ぶための木などがあったが、音楽演奏会場に観客席を増やすために、醸造組合が醸造工場のあった跡に巨大なビアホールを建設した。同時期に、祭りはますます芸人や移動遊園地業者(回転木馬など)を引き寄せるようになり、これらがまた関心を集めるようになった。

20世紀[編集]

夜のオクトーバーフェスト(2003年)
ビールテント内部(2005年)
ビールテント内部(2014年)

1910年、オクトーバーフェストは100回目を迎えた。この年は1,200キロリットルのビールが消費された。当時、最大のビアホール・テントであったブロイローズル(Bräurosl)には1万2000席の客席が用意された。2007年現在最大テントは1万人収容のホフブロイ-フェストハレ(Hofbräu-Festhalle)である。

1914年から1918年までは第一次世界大戦のため祭りは開催されていない。1919年1920年にはささやかな秋の収穫祭として開かれただけで、1923年1924年も世界的なインフレーションで中止された。1939年から1945年までの第二次世界大戦の間も、祭りは一度も開催されていない。

戦後の1946年から1948年までの3年間は小規模の収穫祭として最低限のレベルで行われたため、オクトーバーフェスト用のビール販売は禁止され、アルコール分2%以下のビールで済ませなければならなかった。オクトーバーフェストは初回から2007年現在までの197年の間に通算24回中止されていることになる。

1950年オクトーバーフェストは、初めてミュンヘン市長トーマス・ヴィムマー( Thomas Wimmer)によるビールの樽の口開けによって祭りを開幕した。以降、正午の12の礼砲、現役ミュンヘン市長がオクトーバーフェスト用ビール樽を開栓し、"O'zapft is!"(バイエルン方言で「酒が開いたよ!」の意)と叫ぶ、というオープニング儀式は毎年恒例となっている。一方、競馬は1960年の150回目の記念式典を例外にもはや開催されなくなった。

1960年頃までには、オクトーバーフェストは世界的に広く知られた祭りとなった。まず近隣諸国や、日本アメリカニュージーランドの観光客がこの祭りに目をつけ、バイエルン人と並んでビールに酔った。そして世界中にこのミュンヘンの祭りを広めた。外国人観光客が作り上げたイメージが定着し、ドイツ人男性はゼナーハット(帽子)やレーダーホーゼンを、女性はディアンドル(エプロンドレス)を着るというスタイルができあがった。

1980年の爆弾事件の記念碑

オクトーバーフェストの歴史の中でも悲劇的な記念日となったのが、1980年9月26日である。午後10時19分、会場正面入り口にあるゴミ箱の中でパイプ爆弾が爆発した。13人が死亡、200人が負傷し、そのうち68人が重傷を負った。オクトーバーフェスト・テロ事件はドイツの歴史の中でも非常に被害の大きかった事件のひとつである。爆弾は消火器を空にしてモルタルの薬莢とTNT1.39キログラムが詰められたものだったとみられている。公的調査によると、バイエルンに隣接するバーデン=ヴュルテンベルク州 ドナウエッシンゲン市出身の極右主義者で社会的に見捨てられていた、グンドルフ・ケーラー(独:Gundolf Köhler)という当時21歳の男性1人による単独犯行で、仕掛けから離れるのに間に合わず爆発に巻き込まれて死亡したとされる。しかし、この見解は様々なグループから反論されている。[4]

毎年自分のアルコール許容量を超えるほど飲んで気絶してしまう若者が多く出る。これらの酔っ払いはしばしばビアライヒェン(Bierleichen ドイツ語でビール死体の意味)と呼ばれる。彼らはスタッフによって急性アルコール中毒や他の病気を治療する医療テントまで連れて行かれる。2005年、高齢者や家族連れも楽しめるよう「静かなオクトーバーフェスト」という概念が生まれた。ビール・テントは午後6時までは伝統的な管楽器などの静かな音楽しか流さず、85デシベル以下に抑えることになっている。午後6時以降はシュラーガー(独:Schlager)と言われるヨーロッパ・ポップ音楽や、ドイツのヒット曲、懐メロなどが大音響で流れ、酔った人々は歌い踊る。オクトーバーフェスト運営団体は、こうした制限を設けることで、派手な酔っ払いパーティーというイメージを払拭して伝統的なビールテントの雰囲気を保つよう務めている。ドイツ国内で唯一残っているハス社(HUSS)製造の移動式アトラクション、エンタープライズ『モンドリフト』(独:Enterprise“Mondlift”)も2005年に復活し、毎年設置されるようになった。

祭り会場の空撮

事実と統計数字[編集]

規模[編集]

1999年オクトーバーフェストには650万人が訪問し(ビール消費量は580万リットル)[5]、世界で最も大きな祭りとなった。訪問者の72パーセントはバイエルン州在住、13パーセントはドイツの他州から、残り15パーセントはオーストリアスイスフランスイタリアなどのEU諸国とアメリカ合衆国オーストラリアニュージーランドアジア諸国などのEU圏外からの訪問者である[6]。オクトーバーフェストを小規模にした春祭りが同じ場所で4月から5月にかけてミュンヘン・フリューリンクスフェスト(独:Frühlingsfest)として催される。

ドイツ国内でミュンヘン以外の地域における大規模な祭りは、約400万人が訪れるノルトライン=ヴェストファーレン州 デュッセルドルフのラインキルメス(独:Rheinkirmes ライン川畔最大の祭り)とブレーメン州ブレーメンのフライマルクト(独:Freimarkt 1935年に始まったドイツ最古で北ドイツ最大の祭り)である。次いで約300万人が訪れるシュトゥットガルトの ビール祭りカンシュタッター・フォルクスフェスト(独:Cannstatter Volksfest)、200万人が訪れるハノーファーの世界最大の射撃祭、シュッツェンフェスト・ハノーファー(独:Schützenfest Hannover)である。

データ[編集]

オクトーバーフェストは以下の期間に開催された(される予定):
期間 参加者数(万人) 特記事項
2000 9月16日 - 10月3日 690 18 日間
2001 9月22日 - 10月7日 550
2002 9月21日 - 10月6日 590
2003 9月20日 - 10月5日 630
2004 9月18日 - 10月3日 590 ZLF*同時開催
2005 9月17日 - 10月3日 610 17 日間
2006 9月16日 - 10月3日 650 18 日間
2007 9月22日 - 10月7日 620
期間 参加者数(万人) 特記事項
2008 9月20日 - 10月5日 600 ZLF*同時開催
2009 9月19日 - 10月4日 570
2010 9月18日 - 10月3日 640 200 周年
2011 9月17日 - 10月3日 690 17 日間
2012 9月22日 - 10月7日 640 ZLF*同時開催
2013 9月21日 - 10月6日 640
2014 9月20日 - 10月5日 630
2015 9月19日 - 10月4日
*ババリア中央農業祭(ZLF:Bayerisches Zentral-Landwirtschaftsfest)

オクトーバーフェストの統計[編集]

  • 12,000人がオクトーバーフェストで雇用された。そのうち1,600人がウェイトレスおよびウェイターである。
  • 会場にはおよそ 100,000席が用意されている。
  • 6つのビール醸造所:シュパーテン(独:Spaten)、アウグスティナー(独:Augustiner)、パウラナー 独:Paulaner、ハッカープショール(独:Hacker-Pschorr)、ホフブロイ 独:Hofbräuレーヴェンブロイ独:Löwenbräu)において、2006年には620万杯のビールを販売した。[7] (2005年: 600万杯 - 2004年: 550万杯)
  • 丸焼きにされた牛は、102頭。[7]
  • ソーセージは、219,443本。
  • 照り焼きにされたチキンは、459,279羽。
  • 来場者の60%が公共の交通機関を利用した。[7]

ごみとトイレ[編集]

オクトーバーフェストでは毎年およそ1,000トンのごみが出る。ごみの山は翌朝の夜明け前に撤去される。清掃費用は一部ミュンヘン市が負担し、またスポンサーも拠出している。

2004年以降、トイレの待ち順番の列があまりにも長くなりすぎ、そのために警官が行列の整理をしなくてはならないほどになってきた。トイレ前の交通の渋滞を緩和するために、男性は小用だけであれば、そちら専用のトイレ“ピッソワール”(Pissoir)を利用するように求められる。こちらはかなり大きな鉄柵で囲まれたトイレである。トイレの施設は2005年に20%増設された。

来場者の多くが携帯電話で通話するためにトイレの個室に入るというケースがある。このため、2005年トイレの周辺に携帯電話の通話を妨げるファラデーケージというシステムの導入が計画された。ただ、このようなシステムはドイツではまだ認可されておらず、その代案として、トイレの個室内で携帯電話を使用しないよう呼びかける掲示が貼られている。

世界各国のオクトーバーフェスト[編集]

横浜オクトーバーフェスト

世界各地でもドイツ移民の多い土地や、ドイツ村のような地域おこしの一環として、カナダアメリカ合衆国ブラジルオーストラリア香港などで本家ミュンヘンを真似たオクトーバーフェストが催されている(開催地の英語リスト)。ミュンヘンに次ぐ規模としてはカナダオンタリオ州キッチナーウォータールー・オクトーバーフェスト、別名カナダ大バヴァリア祭が有名である。

日本[編集]

日本では神戸ドイツ学院東京・横浜独逸学園の校内などで数十年前から小規模なオクトーバーフェストが行われてきた。1977年昭和52年)に一般人を対象にした本格的なオクトーバーフェストが大阪のビアホールで行われた[8]。第1回の実行委員長はベルリンオリンピック金メダリストの葉室鐵夫2003年平成15年)に大規模な屋外で自由参加可能なタイプのオクトーバーフェストが横浜市横浜赤レンガ倉庫前広場で行われた。

現在、日本におけるオクトーバーフェストといえば本場のオクトーバーフェストに擬した催でしかなく、イベント企業のプロモートの下に催される飲食イベントとしての意味合いとなっており、9月10月に催されるもの以外にもオクトーバーフェストの名前が冠せられる。ただしこれらは在ドイツ大使館HPにも情報が載っており、いわば大使館に公認されている状態である。

横浜赤レンガ倉庫前広場での開催以降、同様の形式でのイベントが横浜市、東京都札幌市秋田市仙台市千葉市上越市松本市金沢市静岡市名古屋市奈良市大阪市神戸市姫路市広島市高知市北九州市福岡市長崎市などで開催されている。横浜オクトーバーフェストはミュンヘンとほぼ同時期に行われ、数十万人が訪れている[9]。東京では日比谷公園をはじめ、芝公園豊洲お台場などで開催。2012年12月には東京ドームで国内最大規模のオクトーバーフェストが開催された[10]。仙台では2006年平成18年)から錦町公園で6月の「仙台ジャーマンフェスト」と9月の「仙台オクトーバーフェスト」の年2回開催。また、仙台市では2012年6月8日から9月2日までの間に「オクトーバーフェストウィークエンド」を開催[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本オクトーバーフェスト推進協議会『オクトーバーフェストとは』
  2. ^ Y.Suzuki Japanische Feinkos『世界最大の民族祭り オクトーバーフェスト』
  3. ^ All About 『世界最大のビール祭りオクトーバーフェスト』
  4. ^ “Nato-Geheimarmeen und ihr Terror”(ドイツ語)
  5. ^ Realbeer.com "Oktoberfest visitors set records"(英語)
  6. ^ muenchen.de "Wiesn-Wirtschaft Das Oktoberfest als Wirtschaftsfaktor"(ドイツ語)
  7. ^ a b c Stadtmagazin München 24 Branchenverzeichnis "Schlussbilanz 2006"(ドイツ語) 英語版の参考文献
  8. ^ [毎日新聞大阪本社版昭和52年9月21日朝刊]
  9. ^ ヨコハマ経済新聞 『赤レンガ倉庫に大型ビアホール出現』
  10. ^ 東京ドームで国内過去最大規模のビールの祭典、「スーパーオクトーバーフェスト」が開催決定,ITmedia,2012年4月18日
  11. ^ 仙台ドイツビアフェスト~オクトーバーフェストウィークエンド~ in ヨドバシカメラ旧店舗

関連項目[編集]

外部リンク[編集]