パイプ爆弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイプ爆弾と起爆用のワイヤ
パイプ爆弾の構成部品

パイプ爆弾(パイプばくだん)は、爆弾の一種。金属プラスチック製のパイプの中に火薬を詰め、両端を固く密封し、信管や時限発火装置で爆発させる。

材料のパイプには、水道工事などに用いられる、両端にネジの切られたパイプが使用されることが多い。パイプを密閉する事で内部の圧力を上げ、爆発の威力を上げる。また、容器として使用されているパイプが爆発によって破片となり、周囲に被害を与える。同様に、破片効果を目的として、や細かな金属片を内部に詰め込むこともある。

多くの場合、パイプ爆弾は非合法に自家製造されるが、作成中に部品同士がぶつかり合って発生する微弱な火花が火薬に引火し、暴発してしまうことが多々ある。

日本の学生運動の最盛期に作られた鉄パイプ爆弾はその形状から「キューリ」という俗称で呼ばれた。

関連項目[編集]