マリー・ヴィグマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ヴィグマン(左)

マリー・ヴィグマンまたはウィグマン(Mary Wigman、1886年11月13日 - 1973年9月18日)は、ドイツダンサーであり、振付師インストラクター。ドイツのモダン・ダンスノイエ・タンツ」の創始者として知られる。

人物[編集]

マリー・ウィグマン、本名カロリーネ・ゾフィー・マリー・ヴィークマン(Karoline Sophie Marie Wiegmann)は1886年ドイツハノーファーに生まれた。1910年ドレスデン近郊のHellerauにある新体操学校に入学し、1913年からスイスモンテ・ヴェリタで、モダンダンスの革新者ルドルフ・フォン=ラバンRudolf von Laban)とリトミックの開発者エミール・ジャック=ダルクローズから先鋭的な理論による指導を受けた。

1920年ドレスデンに「マリー・ヴィークマン舞踊学校」を開校した。1930年に教え子を引き連れ、アメリカを巡業公演し、成功を収めた。翌1931年には弟子によってニューヨークに学校が建てられた。

第二次世界大戦の影響で「マリー・ヴィークマン舞踏学校」は閉鎖を余儀なくされたが、1948年ライプツィヒで教育活動を再開、1950年からは西ベルリンのスタジオを中心に活動した。1973年に死去。

評価[編集]

「マリー・ヴィークマン舞踊学校」はルドルフ・フォン=ラバンRudolf von Laban)(主にダンスの記譜法)とエミール・ジャック=ダルクローズ(主にリズム感)の理論を融合し、実践するもので、ダンス界に革新の風を起こした。ダンスの記譜法によって、「ダンスをシステム化し、他人にもそれを教える事ができる」、「誰にでも踊る事が出来ることの証明」、「ソロダンスからグループダンスへの移行」という順を踏み、西欧ダンス界の権威であるバレエに対するレジスタンスとして、モダンダンスの裾野を広げた。この学校は、イヴォンヌ・ゲオルギーYvonne Georgi)、ハンヤ・ホルムHanya Holm)、ハラルド・クロイツベルクHarald Kreutzberg)、グレット・パルーカGret Palucca)、マックス・ターピス(Max Terpis)、マルガレーテ・ヴァルマンMargarethe Wallmann)などを輩出した。

マリー・ウィグマンは自らの作品にインドタイアフリカ中国などの国から、ファイフfife、ベルbellゴングドラムdrumなどの非西欧の楽器を持ち込んだ。伴奏として用いられた楽器として、特筆すべきものはパーカッションPercussionで、これはウィグマンのダンスの沈黙の部分を大いに引き立たせた。また、ウィグマンは仮面を用いることも多かった。これもまた、非西欧、部族的なモチーフに影響されたもので、我を忘れたような錯乱した動きにその一端が見える。

暗黒舞踏の源流[編集]

「マリー・ヴィークマン舞踊学校」には日本から江口隆哉宮操子夫妻が留学した。帰国後、「ノイエ・タンツ」を元に『江口・宮舞踊研究所』を設立し、その普及に努めた。

コレオグラフィー[編集]