アドルフ・クニッゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドルフ・クニッゲ(Freiherr Adolf Franz Friedrich Ludwig Knigge、1752年10月16日 - 1796年5月6日)は、18世紀ドイツ神聖ローマ帝国)の著作家評論家フリーメーソン

ニーダーザクセンの生まれ。ゲッティンゲン大学で学び、ヴァイマルの宮廷に仕える。フリーメーソンとなり、貴族に仕えてイルミナティとなる。のち貴族と離反しブレーメンに引退する。『人間交際術』はロングセラーとなり、ドイツの家庭では常備されていた。日本では1910年に翻訳が出ているが、森鴎外が『智恵袋』『心頭語』として新聞連載した。男爵(フライヘル)とされる。

日本語訳書[編集]

(年代順)

  • 『処世交際法』クニッゲ 笛川漁郎訳 玄黄社、1910年
  • 『処世と交際 第2部 (人に処する法)』フライヘルン・フオン・クニッゲ 堀秀彦池田書店、1953年 今日の教養新書選
  • 『世に処する法』フライヘルン・フオン・クニッゲ 堀秀彦訳 池田書店、1954年 今日の教養書選
  • 『交際に関する105章 世に処する法』フライヘルン・クニツゲ 堀秀彦訳 池田書店、教養新書 1956年
  • 「十八世紀の黄昏 旅の書簡」クニッゲ 栗原良子訳『ドイツ・ロマン派全集 第18巻』国書刊行会、1989年
  • 『人間交際術』アドルフ・F.v.クニッゲ 笠原賢介中直一講談社学術文庫、1993年
  • 「クリストフ・ハインリヒ・ブリックの手稿」クニッゲ 轡田收、鷲巣由美子訳 『ユートピア旅行記叢書 第11巻 (哲学者たちのユートピア)』岩波書店、1997年
  • 『人間交際術』アドルフ・F.V.クニッゲ 服部千佳子訳 イースト・プレス 智恵の贈り物、2010年

関連書籍[編集]

  • 『森鴎外の『智恵袋』付:「心頭語」「慧語」』小堀桂一郎訳・解説 講談社学術文庫、1980年