エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー (1954-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファーErnst August von Hannover, 1954年2月26日 - )は、ハノーファー王国およびブラウンシュヴァイク公国の王族の子孫。全名はエルンスト・アウグスト・アルベルト・パウル・オットー・ループレヒト・オスカー・ベルトルート・フリードリヒ=フェルディナント・クリスティアン=ルートヴィヒErnst August Albert Paul Otto Rupprecht Oskar Berthold Friedrich-Ferdinand Christian-Ludwig)。ハノーファー王家およびブラウンシュヴァイク公家家長エルンスト・アウグスト(4世)の長男で、1987年より「エルンスト・アウグスト5世」として両家の家長となっている。また1997年モナコ公女カロリーヌの三人目の夫となった。

1954年2月26日、エルンスト・アウグスト(4世)とその最初の妻であったオルトルート・ツー・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク(1925年 - 1980年)の間に第二子としてハノーファーで生まれた。ハノーファー王家の男系男子としてハノーファー王子(Prinz von Hannover)とブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(Herzog zu Braunschweig und Lüneburg)の称号および殿下(Königliche Hoheit)の敬称を、イギリスジョージ3世の男系子孫としてグレートブリテンおよびアイルランド王子Prince of Great Britain and Ireland)の称号を持つ。これらの称号や敬称はドイツイギリスアイルランドのいずれの法律にも現在は根拠がないものの伝統的に認められており、またモナコにおいては公式に用いられている。

子女[編集]

エルンスト・アウグストはこれまでに二度結婚している。最初の妻はスイス人のChantal Hochuliで、式は市民婚1981年8月28日ニーダーザクセン州ハノーファー広域連合パッテンゼンで、宗教婚が同年8月30日ハノーファーマリーエンブルク城で行われた。彼女との間には以下の二男をもうけたが、1997年10月23日に離婚した。

二人目の妻はモナコレーニエ3世の公女カロリーヌ(ドイツ語名カロリーネ)で、式は1999年1月23日にモナコで行われた。この結婚に先立ち、エルンスト・アウグストはイギリスにおいて婚姻が無効となるのを避けるためにRoyal Marriages Act 1772に基づく勅許をエリザベス2世に求めた。カロリーヌとの間には以下の一女をもうけている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この再婚に際し、エルンスト・アウグストはカトリックに改宗したためイギリスの王位継承権を失っている(子供たちは改宗していないため王位継承権を保持している)。

外部リンク[編集]

先代:
エルンスト・アウグスト(4世)
ハノーファー王家家長
1987 -
次代:
-
先代:
エルンスト・アウグスト(4世)
ブラウンシュヴァイク公家家長
1987 -
次代:
-