創造都市ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

創造都市ネットワーク(そうぞうとしネットワーク、: Creative Cities Network)は、2004年ユネスコにより創設されたプロジェクトのひとつ。映画デザイン文化工芸など7つの分野から、世界でも特色ある都市を認定したもの。「グローバル化の進展により固有文化の消失が危惧される中で、文化の多様性を保持するとともに、世界各地の文化産業が潜在的に有している可能性を、都市間の戦略的連携により最大限に発揮させるための枠組みが必要」[1]との考えに基づいている。

日本からはデザイン部門で神戸市名古屋市、工芸部門で金沢市、メディアアート部門で札幌市が認定されている。

参加都市[編集]

参加は各都市の側から申請を行い、ユネスコが選考する。認定された都市は世界に対してのアピールになる他、他の認定都市や世界の文化団体との交流を得ることができる。認定後は、ユネスコへの定期的なレポート提出が求められる[2]

2014年1月時点で、以下の41都市[3]が認定されている。

文学[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

クラフト&フォークアート[編集]

デザイン[編集]

メディアアート[編集]

食文化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文化庁ホームページの記載より
  2. ^ 財団法人地域活性化センター『月刊地域づくり第243号』「都市再生の新しい概念が普及 -世界に広がる「創造都市」のネットワーク-」
  3. ^ Who are the Members ? - United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization

参考資料[編集]

外部リンク[編集]