ヴィリャンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィリャンディ
Viljandi
ヴィリャンディの市庁舎
ヴィリャンディの市庁舎
ヴィリャンディの市旗 ヴィリャンディの市章
市旗 市章
位置
ヴィリャンディの位置の位置図
ヴィリャンディの位置
座標 : 北緯58度22分 東経25度36分 / 北緯58.367度 東経25.600度 / 58.367; 25.600
行政
エストニアの旗 エストニア
  ヴィリャンディ県
 市 ヴィリャンディ
地理
面積  
  市域 14.62 km2
標高 83 m
人口
人口 (2011年現在)
  市域 19,150人
    人口密度   1359人/km2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
公式ウェブサイト : http://www.viljandi.ee/

ヴィリャンディエストニア語:Viljandi、ドイツ語:Fellin、ポーランド語:Felin)はエストニア南部の都市及び基礎自治体で、ヴィリャンディ県県都ハンザ同盟都市である。人口は2007年現在19,870人である。エストニアの首都タリンからは161km、タルトゥからは81km、パルヌからは97kmの場所に位置している。

歴史[編集]

最古の集落は紀元前5世紀にまでさかのぼる。エストニア人の城が築かれたのはヴァイキング時代のことである。最初に文書に記録されたのは1154年地理学者イドリースィーによる。最初の定住地が形成されたのは12世紀にヴィリャンディの砦の周りで、後にサカラ地方の経済の中心となる。闘争の後、13世紀初めヴィリャンディはリヴォニア帯剣騎士団(後にドイツ騎士団に吸収)が1223年キエフ公国から獲得する。1224年騎士団による広大な木造の要塞であるヴィリャンデ城が建設され、後の200年間で拡張や改良が行われた。1283年、ヴィリャンディはヴィルヘルム・フォン・エンドルペより特許を得る。 14世紀初期、ヴィリヤンディはハンザ同盟に加わり、ロシアからの重要な交易拠点となった。1346年ヴィリャンディはハンザ同盟の文書にハンザ同盟都市として記されている。1365年、ヴィリャンデとデンマークやハンザ同盟都市との間で平和条約の署名が行われた。

1560年リヴォニア戦争時、ヴィリャンデの町と城は破壊された。17世紀初期のロシア・ポーランド戦争では、広大は範囲で破壊がされている。かつての栄光の城はその一部が残るだけである。スウェーデン支配の17世紀、ヴィリャンディは都市の自治権が奪われていた。この状況は1783年まで続き後に、エカチェリーナ2世治世時にヴィリャンデ地方の首府となり経済や政治の中心として成長しヴィリャンデは再び人口が増加した。今日、ヴィリャンデはエストニア南部の文化の中心として重要な都市となっている。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]


Northern-Europe-map-extended.png この「ヴィリャンディ」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ