ジョアンペソア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョアンペソア
Município de João Pessoa
Bandeira de João Pessoa.svg Brasão de João Pessoa.svg
市旗 市章
愛称 : Green City; The City where the sun rises first
位置
パライバ州内のジョアンペソアの位置の位置図
パライバ州内のジョアンペソアの位置
座標 : 南緯7度5分 西経34度50分 / 南緯7.083度 西経34.833度 / -7.083; -34.833
歴史
建設 1585年8月5日
行政
ブラジルの旗 ブラジル
 地方 北東部
  パライバ州
 市 ジョアンペソア
市長 Luciano Agra
(PSB)
地理
面積  
  市域 210.45 km2
標高 40 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 674,762人
    人口密度   3,146.6人/km2
その他
等時帯 UTC-3 (UTC-3)
夏時間 なし
郵便番号 58000-000
公式ウェブサイト : http://www.joaopessoa.pb.gov.br/

ジョアンペソア(João Pessoa)は、ブラジルパライバ州の都市である。パライバ州の州都である。 南米大陸最東端にあるブランコ岬に位置する。

歴史[編集]

ジョアンペソアは、ブラジルで最も歴史のある街の一つである。最初にやって来たヨーロッパ人はブラジルボクの商売人のフランス人であった。フランス人と原住民による連合軍の間で戦争が起きた後、1585年8月5日、ペルナンブーコから移住してきたポルトガル人によって町が設立された。彼らは設立日が聖人の日であったことにちなんで、町をNossa Senhora das Nevesと名づけた。設立初期には、町はスペインの影響を受けた。ポルトガルとスペインがイベリア連合 (Iberian Union) を結成していたためである。1588年町はスペイン王のフェリペ2世にちなんでFilipéia de Nossa Senhora das Nevesに改称された。 一帯は砂糖産業に適した場所であることがすぐに判明し、フランス人、オランダ人、ポルトガル人が高い利益が見込めるサトウキビの生産拠点としてパライバを支配しようと争った。 ジョアンペソア近郊のサンタ・カタリーナの砦は、ポルトガル人がポルトガル領ブラジルにおいて、最大の脅威となっていたオランダ人の侵入を防ぐために建設した。1634年から1654年まで、町はオランダ人に手に渡り、町を統括していたオランダ王子のフレデリック・ヘンリーにちなんでフレデリックシュタットに改名された。オランダ人はサンタ・カタリーナ砦もマルガリータ砦に改名した。町をポルトガルが奪還した後に、町と砦の名称は元に戻された。

外部リンク[編集]