カンピナグランデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンピナ・グランデ
Campina Grande
カンピナ・グランデの市旗 カンピナ・グランデの市章
市旗 市章
愛称 : Rainha da Borborema
標語 : "Solum Inter Plurima"
位置
の位置図
座標 : 南緯7度13分50秒 西経35度52分52秒 / 南緯7.23056度 西経35.88111度 / -7.23056; -35.88111
歴史
建設 1864年10月11日
旧名 Vila Nova da Rainha
創設者 Teodósio de Oliveira Lêdo
行政
Flag of Brazil.svg ブラジル連邦共和国
 地域 北東部
  パライーバ州
 市 カンピナ・グランデ
市長 Veneziano Vital do Rêgo
地理
面積  
  市域 620.63 km2
  都市圏 42,92 km2
標高 552 m (1,811 ft)
人口
人口 (2011年現在)
  市域 387,643人
    人口密度   2,861.9人/km2(597.9人/mi2
  備考 IBGEによる調査
その他
等時帯 UTC-3
夏時間 なし
公式ウェブサイト : Campina Grande

カンピナグランデ(Campina Grande)は、ブラジル北東部にあるパライバ州の第2の都市である。人口は2005年現在で37万6132人と推定される。住人の呼称は「カンピネンセ (campinense)」。

地理[編集]

南アメリカ大陸の東端にほど近く、州都のジョアン・ペソアから内陸約100kmに位置する。レシフェからは車で約3時間。

歴史[編集]

文化[編集]

6月に行われるお祭り「O Maior São João do Mundo」が有名で、祭りは1ヶ月間行われる。

教育[編集]

カンピナ・グランデ連邦大学(Universidade Federal de Campina Grande - UFCG)をはじめ、多くの大学があり、研究拠点となっている。経済の8割ほどを工業が占める。

アーキテクチャ[編集]

カンピナグランデ·アーキテクチャは、特にコールセンターカンピナグランデ歴史の中で、古い建物で、素晴らしい歴史的に重要な、そのような大部分は2000年代初頭以来、市に建設された壮大かつ近代的な建物、などの現代的な要素をブレンド。私たちは、アーキテクチャと美術の両方に影響を与えた20世紀初頭登場アールデコ様式のアーキテクチャを強調表示します。カンピナグランデは、最も重要な建物と建物は商業部門の企業のために使用されているブラジル、中によく維持アール·デコのコレクションの一つを持っていますが、同じ義務でファサードを維持するために。