小教理問答書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小教理問答書(しょうきょうりもんどうしょ 英語:Luther's Little Instruction Book (The Small Catechism of Martin Luther))は、全世界のルター派教会の信仰の基準である。

農民戦争のため荒れすたれた教会を再建するために、フリードリヒ3世(ザクセン選帝侯)の命によって1526年から、1529年にわたって改革者達は数回その領土内の宗教状態を巡視した。その当時地方民ばかりか牧師達までが無知無能であり、主の祈り十戒使徒信条さえ唱えることが出来ない有様を見たマルティン・ルターは悲嘆し、きわめて平易な言葉でキリスト教の要点を書き公にしなければならないと感じた。

巡視旅行から帰ったルターは、ただちに筆をとり二つの教理問答書を書き上げた。その一つは、牧師達のための[大教理問答書]であり、他は一家の主人がその家族に教えるための小教理問答書である。本書が出版されたのは、1529年5月16日であり、以来四百数十年の間キリスト教の優れた手引きとして、宗教教育のため、一般伝道のために各国で広く用いられている。

日本語訳としては、1951年に全ルーテル協議会が結成され、文書委員が設けられ1951年12月20日に日本語訳「小教理問答書」第一版が発刊され、以後幾度かの版が発行された。日本国内のルーテル教会の中には独自に発行しているものもあるが、聖文舎版は絶版。

構成[編集]

小教理問答書は大きくは3部からなる。

  • 第1部では、聖書の教え(十戒、使徒信条、主の祈り)と聖礼典について。
  • 第2部では、祈りについて。
  • 第3部では、信仰生活について。

(以下は目次からの抜粋である)

 第1部[編集]

 第2部[編集]

  • 朝夕の祈りについて
  • 祝福と感謝について

 第3部[編集]

参考文献[編集]

  • 『小教理問答書』 聖文舎、1983年第二版、(聖文舎 1951年刊の再刊)(絶版)
  • 『小教理問答書』 西日本福音ルーテル教会、1980年6月10日改訂新版、1990年10月15日3版、1994年8月15日4版


関連項目[編集]

外部リンク[編集]