カタリナ・ルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタリナ・ルター
生誕 1499年1月29日
神聖ローマ帝国
死没 1552年12月20日(53歳)
神聖ローマ帝国アイスレーベン
職業 牧師夫人
配偶者 マルティン・ルター
テンプレートを表示

カタリナ・ルター、(Katharina (Katherine) Luther、旧姓:カタリナ・フォン・ボラ、Katharina von Bora、1499年1月29日1552年12月20日)は、宗教改革者のマルティン・ルターの妻。出身は貴族であり、ローマ教皇を首長とするカトリック教会修道女であったが、26歳の時に修道院を脱出し、41歳のルターと結婚して牧師夫人となった。ルターの著書に「私の女王」として言及がある。

カタリナは結婚し夫の助け手としてルターに従った夫人であり、宗教改革の家庭観において重要な人物である。プロテスタントは聖書に根拠がないとして聖職者独身制を否定し、そのため教役者は結婚するようになったが、ローマ教会側はこれを非難した。ルターは教皇の神学者らに対し、結婚して満ち足り、子供が与えられて幸せだと反論した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『著名人クリスチャンの結婚生活』

参考文献[編集]

  • 『著名人クリスチャンの結婚生活』中村敏 ファミリー・フォーラム・ジャパン