ハーコン・シグルザルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン・クローグによるハーコン侯の印象。

ハーコン・シグルザルソンホーコン・シグルツソンとも。古ノルド語: Hákon Sigurðssonノルウェー語: Håkon SigurdssonHaakon II Sigurdsson Jarlとも。935年ごろ − 995年)は、およそ975年から995年にかけてノルウェーの最高の統治者であった。しばしば〈権勢ある〉[1]とあだ名された。日本語表記としては他に、ハーコン・シグルズソン[2]ハーコン大公[3]ヤルル・ハーコン[4]ヤール・ホーコン[5]ホーコン・シーグルドソン・ラーデヤール[6]とも。

ハーコンは、ラーデ英語版ヤール英語版(侯)のシグルズ(Sigurd Haakonsson)の息子であった。10世紀のノルウェーの〈剽窃詩人〉エイヴィンド(エイヴィンド・フィンソン。en)は、その詩『ハーレイギャタル英語版』において、彼が仕えていたハーコンが、オーディンの息子セーミング英語版の神聖な血統につながる家系だと謡っている[7]

父親が961年にハラルド灰衣王英語版の一味に殺されたあと、ハーコンはヤールになった。 ハーコンはしばらくの間ハラルド灰衣王と戦い、その後デンマークとハラルド青歯王の元に逃れざるを得なくなった。デンマークではハーコンは、ハラルド灰衣王と対立していたハラルド青歯王に協力した。

ハラルド灰衣王は970年に殺された[8]。この後に、ハーコン侯は、ハラルド青歯王の家臣(en)としてノルウェーを統治した。しかしハーコンは事実上独立した統治者であった。ハラルド青歯王のため、ハーコンはヨータランドを攻撃し、そこの支配者のヤール・オッタルを殺害した。 ハーコンは、古い北欧の神々の断固たる信奉者であった。そして、ハラルド青歯王が975年ごろにハーコンをキリスト教徒にしようとしたとき、ハーコンはデンマークに対する自身の忠誠を破った。

986年ヒョルンガヴァーグの戦い英語版の際には、デンマーク王スヴェン双叉髭王の依頼を受けた、首領シグヴァルディ率いるヨムスヴァイキングがノルウェーに侵攻してきたため、ハーコンは息子のエイリークと共にこれを迎え撃った。当初はノルウェー側が劣勢であったが、ハーコンが息子のエルリングを守護女神であるトルゲルドとイルパ(en)に捧げたところ、雹の嵐が起こり、ヴァイキング達は撤収した。ハーコンは数十人のヴァイキングを捕らえて処刑した[9]。戦いはハーコン側の勝利となった[10]

やがてハーコンは、若い女性を支配地域の各地から集めては夜を共に過ごして帰宅させるなど、性的に不道徳な行動をみせるようになった。そのため農民達の怒りや反感を買っていったとされている[11]。このことについてヘルマン・パウルソン英語版は、キリスト教徒である人々が異教徒であるハーコンを悪役に仕立てるため創作したエピソードと考えている[12]

995年ハラルド美髪王の子孫として現れたオーラヴ・トリュッグヴァソンを担いだトロンデラーグの人々と、ハーコンとの間に争いが起こった。ハーコンはたちまちすべての支持者を失い、メルハスリムル農場にある豚小屋の中に隠れていた間に、彼自身の奴隷であり友人であるカルク(Tormod Kark)によって殺された。ハーコンの2人の息子、エイリークとスヴェン、そして数人の仲間が、スウェーデンの王オーロフの元に逃れた。

ハーコンがデンマークにいたとき、ハラルド青歯王は彼に洗礼を受けることを強制し、キリスト教を広めるためにノルウェーに向かう聖職者達を彼に任せた。出発するのに良い風がハーコンを迎えに来たとき、彼は聖職者達に陸に戻るよう命じた。

なお『ハルフレズのサガ』によれば、詩人のハルフレズは侯のために賛歌(en)をつくったことがある。ハーコンはこの詩を非常に喜び、ハルフレズにすばらしい斧を贈り、彼を冬の間自分の元に滞在させている[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -(一)』329頁で確認した表現。
  2. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -(一)』307頁で確認した表記。
  3. ^ 『オージンのいる風景』で確認した表記。
  4. ^ 『北欧神話』(H.R.エリス・デイヴィッドソン英語版著、米原まり子、一井知子訳、青土社、1992年、ISBN 978-4-7917-5191-4)索引vii頁で確認した表記。
  5. ^ 『北欧史』(百瀬宏熊野聰村井誠人著、山川出版社〈新版世界各国史21〉、1998年、ISBN 978-4-634-41510-2)付録64頁で確認した表記
  6. ^ 『スカルド詩人のサガ』182頁で確認した表記。
  7. ^ 『オージンのいる風景』227-228頁。
  8. ^ [1] Sturluson, Snorri ; Eiríkr Magnúson (trans.) ; Óláfs saga Tryggvasonar, chapters 12 to 14, in Heimskringla. History of the Kings of Norway, 1905
  9. ^ 『サガとエッダの世界』202-203頁。
  10. ^ 『ヘイムスクリングラ 北欧王朝史(一)』330頁。
  11. ^ 『オージンのいる風景』226頁。
  12. ^ 『オージンのいる風景』240頁(注23)。
  13. ^ 『スカルド詩人のサガ』118頁。

参考文献[編集]