ハーラル3世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノルウェー王ハーラル3世

ハーラル3世“苛烈王”ノルウェー語Harald Hardråde、1015年 - 1066年9月25日)はノルウェー王(在位:1046年 - 1066年)。オーラヴ2世の異父弟。父はノルウェー東部の小王で、ハーラル1世(美髪王)4代の子孫。キエフ大公ヤロスラフ1世の娘エリザヴェータと結婚。

1030年デンマーククヌート大王ノルウェーが征服されると、キエフ大公国の庇護を求めた。キエフ大公ヤロスラフ1世親衛隊東ローマ皇帝ヴァリャーギ親衛隊に加わっていたとも言われる武断派で、甥のマグヌス1世を追放してノルウェー王に就いた。エドワード懺悔王の死後、イングランドを手中に収めんとしてハロルド2世の弟トスティを支援して戦うも、スタンフォード・ブリッジの戦いでトスティと共に戦死。ハロルド2世も10月14日ヘイスティングズの戦いノルマンディー公ギヨーム2世に敗れて戦死、ギヨーム2世はイングランド王ウィリアム1世として即位、ノルマン朝を開いた(ノルマン・コンクエスト)。

死後、ノルウェーは2人の息子マグヌス2世オーラヴ3世が共同統治した。娘のインゲガルドはデンマーク王オーロフ1世に嫁いだ。

先代:
マグヌス1世
ノルウェー国王
1046年 - 1066年
次代:
マグヌス2世