オーラヴ2世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノルウェーの聖オーラヴ
聖オーラヴの中世の肖像。
殉教者
生誕 995年
死没 1030年7月29日(35歳頃)
崇敬する教派 カトリック教会正教会ルーテル教会
列聖日 1164年
列聖決定者 アレクサンデル3世
主要聖地 トロンハイム
記念日 7月29日、または8月3日(昇天)、また10月16日 (改宗)[1][2]
象徴 王冠、斧、ドラゴン
守護対象 彫刻家; 難しい結婚; ; ノルウェーフェロー諸島オーランド諸島

オーラヴ2世またはオーラヴ・ハラルズソンオーラヴ・ハラルドソンオーラヴ・ハーラルソンの日本語表記も。Olaf II Haraldsson。995年1030年7月29日)は、1015年から1028年にかけてのノルウェーの王であった。子にマグヌス1世があった。

概要[編集]

彼は、1030年7月29日のスティクレスタズの戦い英語版でその命を落とした1年後、「Rex Perpetuus Norvegiae英語: Norway's Eternal King。「ノルウェーの永遠の王」の意)」の称号を死後に与えられ、司教のGrimkellによってニーダロストロンハイム)において聖者の列に加えられた(en)。彼はニーダロス大聖堂に祭られた。ノルウェーにおいてのオーラヴの列聖は、1164年に教皇アレクサンデル3世に確認されたことでカトリック教会における世界的に容認された聖者とされた。1536年から1537年にかけてのルーテル派による偶像破壊主義によって、ニーダロスの聖オーラヴの墓の正確な位置が1568年以降はわからなくなった。聖オーラヴはこんにちも国における法律面ならびに文化面での著名な位置にある。彼はノルウェーの国章の中では斧で象徴されている。そして、Olsok(7月29日)今もなお彼の祝日である。聖オーラヴ勲章(en)は彼に由来して名付けられている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
スヴェン1世
ノルウェー国王
1015–1028
次代:
クヌーズ1世