イェールハルド・ムンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスチャン・クローグが描いたイェールハルド・ムンテ

イェールハルド・ムンテGerhard Peter Franz Wilhelm Munthe1849年7月19日 - 1929年1月15日)は、ノルウェー画家である。

デュッセルドルフミュンヘンで学ぶ。風景画を得意とし、レアリスムの風景画を制作。1886年からはロマン主義の傾向が表れてきた[1]

オスロ郊外のリッサーケル(en)はノルウェーにおける芸術村として知られているが、ムンテは1980年代にリッサーケルに家を建て、彼の妻は織物を制作して室内を飾った。彼の家の実用的かつ簡素さは近代化の行き着いた姿だと研究者に指摘されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b エーヴァ・エーリクソン「スウェーデン・インテリアの理想としてのスンドボーンの家」『カール・ラーション展』荒屋鋪透訳、46、55頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


Northern-Europe-map-extended.png この「イェールハルド・ムンテ」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ