ミョーサ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミョーサ湖

ハーマルから見たミョーサ湖
ハーマルから見たミョーサ湖

ミョーサ湖の位置(ノルウェー内)
ミョーサ湖
ミョーサ湖
ミョーサ湖の位置(ノルウェー)
所在地 ノルウェーの旗 ノルウェー
位置 北緯60度40分 東経11度00分 / 北緯60.667度 東経11.000度 / 60.667; 11.000座標: 北緯60度40分 東経11度00分 / 北緯60.667度 東経11.000度 / 60.667; 11.000
南北長 117 km (73 mi)
最大幅 15 km (9.3 mi)
面積 362[1] km2
周囲長 273 km
最大水深 449[1] m
平均水深 155[1] m
貯水量 56.0[1] km3
水面の標高 121[1] m
淡水・汽水 淡水
テンプレートを表示

ミョーサ湖(ミョーサこ、Mjøsa, ミエーサ湖とも)は、ノルウェーで最も大きいである。ノルウェーの南部、オスロから100kmほど北に位置している。ラーゲン川の支流が北側から流れ込み、Vorma川の支流が南側より流れ出している。

南はEidsvollから北はリレハンメルまで117kmにわたっており、ハーマルの近くで幅は最大15kmになる。面積は362km2、貯水量は56km3である。通常時の水面は海抜121mの高さにあり、深さは最も深いところで449mである。周長は273kmあり、そのうちの約30%に堤防が築かれている。Vorma側の堤防は、1858年1911年1947年1965年に工事が行われ、合計で約3.6mの高さに達している。過去200年間に20回の洪水があり、水面は7m上昇している。これらの洪水は何度かハマルの街を浸水させた。

湖岸には、ハーマル・イョビク・リレハンメルなどの町がある。Skibladnerと呼ばれる汽船とレジャー用の小さいボートを除いて、水上の交通手段は確立されていない。東岸にはオスロからトロンハイムへ向かう鉄道があり、ハーマル・リレハンメルにも停車する。沿岸の大部分は農業地帯となっており、それらの一部はノルウェーでも有数の肥沃な地域として知られている。

湖の中で最も大きい島はヘルゴヤ島である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Seppälä, Matti (2005), The Physical Geography of Fennoscandia, Oxford University Press, p. 145, ISBN 978-0-19-924590-1, http://books.google.com/?id=q33WekTp7tgC&pg=PA145 
ミョーサ湖とリレハンメル(北)・ハマル(東)・イョビク(西)の位置