ルイーゼ・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデン王妃ロヴィーサ

ルイーゼ・ファン・オラニエ=ナッサウLouise van Oranje-Nassau, 1828年8月5日 - 1871年3月30日)は、オランダの王族。オランダ王子フレデリックの長女で、スウェーデンカール15世ノルウェー王カール4世)の王妃となった。全名はオランダ語ヴィルヘルミナ・フレデリカ・アレクサンドリーネ・アンナ・ルイーゼWilhelmina Frederika Alexandrine Anna Louise)、スウェーデン語名はロヴィーサ・アヴ・ネーデレンデナLovisa av Nederländerna, 全名:Vilhelmina Fredrika Alexandra Anna Lovisa)。

ルイーゼは1828年8月5日、フレデリックとその妃であったプロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王女ルイーゼの間に第一子としてハーグで生まれた。

1850年6月19日にルイーゼはスウェーデン=ノルウェー王太子カールストックホルムで結婚し、1859年に夫が即位すると王妃となった。しかしカールは女性好きであったため、夫婦仲はよくなかったようである。

ルイーザは母の葬儀のためオランダへ行った帰りに肺炎に罹り、帰国後の1871年3月30日にストックホルムで死去した。墓所はストックホルムにある。

子女[編集]

夫であるカール15世との間には以下の一男一女をもうけた。唯一の男子であったセーデルマンランド公爵カールが早世したため、1872年にカール15世が没するとその弟であるオスカル2世が王位を嗣いだ。

外部リンク[編集]