ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーセ・ア・スヴェーリエ=ノーウ
Louise af Sverige-Norge
ベルナドッテ家
Drottning Lovisa av Danmark 1851-1926 av Amalia Lindegren.jpg
称号 デンマーク王妃
出生 1851年10月31日
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
死去 1926年3月20日(満74歳没)
デンマークの旗 デンマークコペンハーゲン
配偶者 フレゼリク8世
子女 クリスチャン10世
カール
ルイーセ
ハーラル
インゲボー
テューラ
ゴスタウ
ダウマー
父親 カール15世
母親 ロヴィーサ・アヴ・ネーデレンデナ
テンプレートを表示
ルイーセ王妃

ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエLovisa av Sverige, 1851年10月31日 - 1926年3月20日)は、スウェーデンノルウェーの王カール15世と王妃ロヴィーサの王女。デンマークフレゼリク8世の王妃となった。デンマーク語名はルイーセ・ア・スヴェーリエ=ノーウLouise af Sverige-Norge)。

当時王太子だったカール15世の長女としてストックホルムで生まれた。1869年7月に王太子時代のフレゼリクと結婚、8子を生んだ。

スウェーデン王家では当時女性の王位継承は認められていなかった。カール15世の男子はロヴィーサの弟で夭逝したカール・オスカルしかいなかったため、1872年のカール15世の死後はロヴィーサの叔父であるオスカル2世が王位を継いだ。のちにロヴィーサの次男カールは、ノルウェーがスウェーデンから独立した1905年、オスカル2世からノルウェー王位を継いだ。

ロヴィーサは1926年、アマリエンボー宮殿で亡くなり、ロスキレ大聖堂に葬られた。

子女[編集]