エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)

エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(Ernst August von Hannover, 1845年9月21日 - 1923年11月14日)は、ハノーファー王国の王族。全名はエルンスト・アウグスト・ヴィルヘルム・アドルフ・ゲオルク・フリードリヒErnst August Wilhelm Adolf Georg Friedrich)。ゲオルク5世とその妃でザクセン=アルテンブルクヨーゼフの娘であるマリーの間に第2子(長男)としてハノーファーで生まれた。ハノーファー王太子であったが、普墺戦争に敗れてハノーファーがプロイセンに併合されたため即位することはなかった。またイギリス王族としてカンバーランド=テヴィオットデイル公の称号も継承していたが、第一次世界大戦中にそれらの身分と称号はジョージ5世により剥奪された。

1851年に父が即位すると王太子に立てられた。1866年普墺戦争が起こるとハノーファー王国はオーストリア帝国方につき、エルンスト・アウグストも参戦したが、オーストリアの敗戦でハノーファーはプロイセン王国に併合されてゲオルク5世は廃位され、エルンスト・アウグストも王太子の身分を失った。1878年に父が歿すると、彼は名目的な国王「エルンスト・アウグスト2世」となった。

1884年、遠戚に当たるブラウンシュヴァイクヴィルヘルムが死去した。エルンスト・アウグストは血縁からブラウンシュヴァイク公位の継承権を主張したが、帝国議会はブラウンシュヴァイク公位を空位とし、公国には摂政が置かれた。1913年、交渉の結果エルンスト・アウグストは公位継承権を放棄し、息子のエルンスト・アウグストドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の王女ヴィクトリア・ルイーゼと結婚してブラウンシュヴァイク公に即位することとなった。

結婚と子女[編集]

1878年12月21日クリスチャンスボー城デンマーククリスチャン9世の第3王女テューラと結婚した。彼女との間には以下の3男3女をもうけた。

先代:
ゲオルク5世
ハノーファー王家家長
1878年 - 1923年
次代:
エルンスト・アウグスト(3世)
先代:
ジョージ
カンバーランド公
第3代:1878年 - 1919年
次代:
(剥奪)