フリードリヒ・フランツ4世 (メクレンブルク=シュヴェリーン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・フランツ4世

フリードリヒ・フランツ4世Friedrich Franz IV., 1882年4月9日 - 1945年11月17日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公国大公(在位:1897年 - 1918年)、およびメクレンブルク=シュトレーリッツ大公国摂政(在位:1918年)。

1882年4月9日フリードリヒ・フランツ3世とその妃であったロシア大公ミハイルの娘アナスタシア(1860年 - 1922年)の長男としてパレルモで生まれた。1897年に父フリードリヒ・フランツ3世が死去したことを受けて大公位に即くが、幼少のため1901年まで叔父のヨハン・アルブレヒト摂政を務めた。1918年には、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公アドルフ・フリードリヒ6世自殺したため摂政に指名された。同年ドイツ革命が勃発すると、11月14日――ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世オランダ亡命から4日後――に退位を宣言し、デンマークへ移住した。その後、1945年11月17日フレンスブルクで死去した。

子女[編集]

フリードリヒ・フランツ4世は1904年に元ハノーファー王太子エルンスト・アウグストの娘アレクサンドラと結婚した。彼女との間には以下の二男三女をもうけた。長男のフリードリヒ・フランツは子供がおらず、次男クリスティアン・ルートヴィヒには娘しかいなかったため、メクレンブルク=シュヴェリーン大公家の男系は2001年に断絶した。

先代:
フリードリヒ・フランツ3世
メクレンブルク[=シュヴェリーン]大公
1897 - 1918
次代:
ドイツ革命により退位)
先代:
フリードリヒ・フランツ3世
メクレンブルク[=シュヴェリーン]大公家家長
1897 - 1945
次代:
フリードリヒ・フランツ(大公世子)