クリスティアン・ルートヴィヒ・ツー・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスティアン・ルートヴィヒ・ツー・メクレンブルクChristian Ludwig Herzog zu Mecklenburg, 1912年9月29日 ルートヴィヒスルスト - 1996年7月18日 ヘンメルマルク、エッカーンフェルデ郊外)は、ドイツのメクレンブルク=シュヴェリーン大公家の一員。全名はクリスティアン・ルートヴィヒ・エルンスト・アウグスト・マクシミリアン・ヨハン・アルブレヒト・アドルフ・フリードリヒ(Christian Ludwig Ernst August Maximilian Johann Albrecht Adolf Friedrich Herzog zu Mecklenburg)。

生涯[編集]

最後のメクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ4世と、その妻でハノーファー王太子・カンバーランド公エルンスト・アウグストの娘であるアレクサンドラの間の第2子、次男として生まれた。ドイツの君主制崩壊後の1919年、家族とともに父大公の姉であるデンマーク王妃アレクサンドリーネを頼ってデンマークに亡命し、1年間をデンマーク王室の夏の離宮であるソーゲンフリ宮殿で過ごした。その後、翌1920年にはメクレンブルクに戻り、ゲルベンザンデの狩猟用城館(Jagdschloss Gelbensande)で暮らした。その後、1921年にメクレンブルク大公家の資産として認められたルートヴィヒスルスト宮殿(Schloss Ludwigslust)に移った。

アビトゥーア資格に合格した後、農業・林野の経営を専門的に学んだ。1935年、ルートヴィヒスルスト駐屯のヴァイマル共和国軍陸軍所属第14騎兵連隊に入隊し、1939年からは第2次世界大戦に従軍した。クリスティアン・ルートヴィヒは陸軍中尉として、対フランス戦や対ソ戦を戦った。1944年、「旧統治者家門の成員(Angehöriger eines vormals regierenden Hauses)」であることを理由に、ドイツ国防軍から除隊された。1941年に兄で大公世子のフリードリヒ・フランツ貴賤結婚により財産の相続権を放棄していたため、第2次大戦が終結して数カ月後の1945年11月に父が死ぬと、フリードリヒ・フランツが家督のみを継承する一方で、クリスティアン・ルートヴィヒがメクレンブルク大公家の財産を受け継いだ。

大戦後、ルートヴィヒスルストはイギリス軍に占領されていたが、その後ソ連軍の占領地域に変更されたため、クリスティアン・ルートヴィヒは家族を連れてシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のグリュックスブルク城(Schloss Glücksburg)に避難した。彼はすぐに大公家の資産の状態を気にしてルートヴィヒスルストに戻ってきたが、そこでソ連当局に拘束された。クリスティアン・ルートヴィヒはパルヒム、ゴダーン、シュヴェリーンポツダムの監獄を転々とした後、モスクワに身柄を移され、「これまで絶えず戦争を計画・遂行してきた階級に属した(Mitglied einer Kaste, die immer schon Kriege geplant und ausgeführt hatte)」罪により、ルビャンカ刑務所での禁錮25年の刑を言い渡された。

1953年、西ドイツ首相・外相コンラート・アデナウアーの働きかけにより、クリスティアン・ルートヴィヒはソ連で抑留されていた戦争捕虜と一緒に解放され、グリュックスブルクの家族の元へ帰ることが出来た。1954年7月5日にグリュックブルク(Glücksburg)において、プロイセン王子ジギスムントの娘バルバラ(1920年 - 1994年)と結婚し、以後はシュレースヴィヒ=ホルシュタインのヘンメルマルク荘園(Gut Hemmelmark)で暮らした。

子女[編集]

妻バルバラとの間に娘を2人もうけた。

  • ドナータ (en)(1956年 - ) 1987年、Alexander von Solodkoffと結婚
  • エドヴィナ(1960年 - ) 1995年、Konrad von Posernと結婚

参考文献[編集]

  • Alexander Solodkoff: Christian Ludwig Herzog zu Mecklenburg: Mecklenburg-Schwerin, Club Wien 2003, ISBN 3-933781-28-0
  • Alison Weir: Britain's Royal Family: A Complete Genealogy, The Bodley Head, London 1999, S: 292
  • Marlene A. Eilers: Queen Victoria's Descendants, Genealogical Publishing Co., Baltimore 1987, S. 161, 162, 169
  • Peter Hoffmann: Stauffenbergs Freund - Die tragische Geschichte des Widerstandskämpfers Joachim Kuhn, Verlag C.H.Beck München 2007, ISBN 978-3-406-55810-8
  • Peter Hoffmann: Oberst i.G. Henning von Tresckow und die Staatsstreichspläne im Jahr 1943, in: Vierteljahrshefte für Zeitgeschichte, Vol 55, 2, April 2007, S. 331-364
  • Christian Ludwig von Mecklenburg: Erzählungen aus meinem Leben, Schwerin, 3. Auflage31998, ISBN 3-910179-75-4

外部リンク[編集]