フリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926)

フリーデリケ・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラント(Friederike von Hannover und Cumberland, 1848年1月9日 - 1926年10月16日)は、ハノーファー王国の王族。全名はフリーデリケ・ゾフィー・マリー・ヘンリエッテ・アメーリエ・テレーゼFriederike Sophie Marie Henriette Amelie Therese)。ハノーファー王女およびカンバーランド公女、グレートブリテンおよびアイルランド王女。ハノーファー王ゲオルク5世の長女。

1848年1月9日、ハノーファー王ゲオルク5世(当時太子)とその妃であったザクセン=アルテンブルクヨーゼフの公女マリーの間に第二子としてハノーファーで生まれた。

1866年1月には、フリーデリケとプロイセン王子アルブレヒトの結婚の交渉がプロイセン王国宰相オットー・フォン・ビスマルクの意向を受けたアドルフ・ルートヴィヒ・フォン・プラテン=ハラームントによって開始された。しかしこれはプロイセン王国とハノーファーの間の緊張が高まったため破談となった。その後同年に勃発した普墺戦争においてハノーファーはオーストリア帝国側に付いて敗れ、ハノーファーはプロイセンに併合された。フリーデリケを含むゲオルク5世一家はオーストリアへ亡命し、オーバーエスターライヒ州グムンデンクンバーラント城Schloss Cumberland、ゲオルク5世が帯びていたグレートブリテン貴族の爵位カンバーランド公に由来する)に住んだ。

イギリスオールバニレオポルド(又従弟にあたる)や、オランダオラニエ公アレクサンダーらに求婚されたがフリーデリケは断り、ザクセン=コーブルク=ゴータ公国の官僚の子で、ゲオルク5世の侍従であったアルフォンス・フォン・パーヴェル=ラッミンゲン(1843年 - 1932年)と恋愛結婚した。結婚後二人はハンプトン・コート宮殿に一室を与えられた。またウィンザー城オズボーン・ハウスへしばしば招かれた。

フリーデリケは多くの慈善活動のパトロンとなった。1881年8月には出産後に病院から追い出された貧しい産褥婦のための施設「Convalescent Home」を設立した。また父ゲオルク5世が盲人であったこともあり、アッパー・ノーウッドRoyal Normal College and Academy of Music for the Blindに寄付を行なった。他に彼女がパトロンとなったものにはTraining College for Teachers of the DeafStrolling Players' Amateur Orchestral SocietyHampton Court and Dittons RegattaHome for Foreign GovernessesMission to the French in LondonRoyal Society for the Prevention of Cruelty to Animalsがある。

フリーデリケとアルフォンスは1898年にハンプトン・コート宮殿から退去し、以前から休暇で訪れていたフランスビアリッツイングランドよりも多くの時間を過ごすようになった。

1926年10月16日にフリーデリケはビアリッツで死去し、ウィンザー城聖ジョージ礼拝堂にある王族納骨堂に葬られた。

子女[編集]

アルフォンス・フォン・パーヴェル=ラッミンゲン男爵との結婚式は1880年4月24日に行われた。なお先立って同年3月19日にアルフォンスはイギリスに帰化している。二人の間には以下の一女が生まれた。

  • Victoria Georgina Beatrice Maud Anne (1881年 – 1881年)