バッテンベルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッテンベルク家
Haus Battenberg
Arms of Battenberg-Mountbatten.svg
大ブルガリア公国
民族 ドイツ人
主家 ヘッセン=ダルムシュタット家
創設 1851年
家祖 ユリア
現当主 ジョージ
著名な人物 ルイス・アレグザンダー
アレクサンダル1世
ルイス
ブルガリア公家の紋章

バッテンベルク家ドイツ語: Haus Battenberg)は、ヘッセン大公国を統治していたヘッセン=ダルムシュタット家の分家。

ヘッセン大公ルートヴィヒ3世の弟アレクサンダー大公子がユリア・テレーザ・ハウケ貴賤結婚した際、ユリアがルートヴィヒ3世からバッテンベルク伯爵夫人(Gräfin von Battenberg、後に侯爵夫人)の称号を与えられたのが始まりである。「バッテンベルク」の名はヘッセン大公の邸宅の一つがあったバッテンベルク (エーダー) に由来する。アレクサンダーとユリアの子供たちにはバッテンベルク侯爵(夫人)の称号が与えられたが、ヘッセン大公家の継承権は与えられなかった。

アレクサンダーとユリアの長男ルートヴィヒ・アレクサンダーイギリスに帰化し、英語読みでルイス・アレグザンダー・バッテンバーグと名乗っていたが、第一次世界大戦中のイギリスにおける反独感情から、英語風にマウントバッテンMountbatten)と改姓した。ルイス・アレグザンダーはミルフォード・ヘイヴン侯爵に叙され、ミルフォード・ヘイヴン侯爵位はその子孫によって襲爵されている。

系図[編集]

 
 
アレクサンダー
 
ユリア
バッテンベルク侯爵夫人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
エアバッハ=シェーンベルク伯妃
 
ルイス・アレグザンダー
ミルフォード=ヘイヴン侯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレクサンダル1世
ブルガリア公
 
 
 
 
 
ヘンリー
 
フランツ・ヨーゼフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリキ
 
ルイーゼ
スウェーデン王
 
ジョージ
ミルフォード=ヘイヴン侯爵
 
ルイス
マウントバッテン・オブ・バーマ伯爵
 
アセン
ハルテナウ伯爵
 
ツヴェタナ
 
アレグザンダー
キャリスブルック侯爵
 
ビクトリア・エウヘニア
スペイン王
 
レオポルド
 
モーリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
エディンバラ公爵
 
タチアナ
 
デイヴィッド
ミルフォード=ヘイヴン侯爵
 
パトリシア
マウントバッテン・オブ・バーマ女伯爵
 
パメラ
 
 
 
 
 
アイリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マウントバッテン=ウィンザー家
 
ジョージ
ミルフォード=ヘイヴン侯爵
 
アイヴァー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タチアナ
 
ヘンリー
メディナ伯爵
 
エラ
 
アレクサンドラ
 
ルイーズ