アウグスト・フォン・ザクセン=コーブルク=ゴータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグスト

アウグスト・ルートヴィヒ・ヴィクトル・フォン・ザクセン=コーブルク=ゴータAugust Ludwig Viktor von Sachsen-Coburg und Gotha)またはザクセン=コーブルク=コハーリSachsen-Coburg-Koháry, 1818年6月13日 - 1881年7月26日)は、ザクセン=コーブルク=ゴータ家の公子。ブルガリアフェルディナンド1世の父。

フェルディナント公子と妻マリア・アントーニエの次男としてウィーンに生まれる。兄にポルトガル女王マリア2世王配となったフェルディナント(フェルナンド)がいる。また、初代ベルギーレオポルド1世は叔父である。

1843年にサン=クルー城で、フランスルイ・フィリップの王女クレマンティーヌ・ドルレアンと結婚した。なお、1840年にクレマンティーヌの兄ヌムール公ルイ・シャルルとアウグストの妹ヴィクトリアが結婚している。結婚後、アウグストの一家はフランスに在住していたが、1848年の2月革命でルイ・フィリップが王位を追われると、一家はアウグストの従兄弟エルンスト2世が治めるザクセン=コーブルク=ゴータ公国コーブルクへ、次いでウィーンへ亡命し、アウグストはオーストリア陸軍の将校となった。

アウグストは晩年の1881年、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世によって「殿下」の称号を授けられた。この年に皇太子ルドルフベルギーレオポルド2世(アウグストの従弟)の王女ステファニーと結婚したが、アウグストの長男フィリップの妻ルイーズはステファニーの姉であったためである。

子女[編集]

アウグストはクレマンティーヌとの間に3男2女をもうけた。