アントン (ザクセン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントン
Anton
ザクセン王
Anton-sachsen.jpg
在位 1827年5月5日 - 1836年6月6日
全名 アントン・クレメンス・テオドール・マリア・ヨーゼフ・ヨハン・エヴァンゲリスタ・ヨハン・ネポムク・フランツ・クサヴァー・アロイス・ヤヌアール・フォン・ザクセン
出生 1755年12月27日
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセンドレスデン
死去 1836年6月6日(満80歳没)
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svg ザクセンピルニッツ
埋葬  
ドイツの旗 ドイツザクセン州ドレスデンカトリック宮廷教会
配偶者 マリア・カロリーナ・フォン・ザルディニエン
  マリア・テレジア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ
子女 マリア・ルドヴィカ
フリードリヒ・アウグストゥス
マリア・ヨハンナ
マリア・テレジア
王家 ヴェッティン家アルブレヒト系
父親 フリードリヒ・クリスティアン
母親 マリア・アントーニア・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

アントンAnton1755年12月27日 - 1836年6月6日)は、ザクセン王国の第2代国王(在位:1827年 - 1836年)。全名はAnton Clemens Theodor Maria Joseph Johann Evangelista Johann Nepomuk Franz Xaver Aloys Januarで、「温厚王(der Gütige)」と呼ばれる。ザクセン選帝侯フリードリヒ・クリスティアンの四男で、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世の弟。

アントンは1755年12月27日、フリードリヒ・クリスティアンとその妃であった神聖ローマ皇帝カール7世の皇女マリア・アントーニア(1724年 - 1780年)の第四子としてドレスデンで生まれた。 1781年10月24日にドレスデンでサルデーニャヴィットーリオ・アメデーオ3世の王女マリーア・カロリーナ(1764年 - 1782年)と結婚したが、翌年彼女と死別した。次いで1787年10月18日ウィーンで、神聖ローマ皇帝レオポルト2世の皇女マリア・テレジア(1767年 - 1827年)と結婚した。

1827年5月5日、兄フリードリヒ・アウグスト1世の死去によって王位に即いた。

アントンは1836年6月6日ピルニッツで死去した。最初の妃カロリーネとの間に子供はおらず、2人目の妃マリア・テレジアとの間には1男3女が生まれたがみな誕生後2年を待たずに死去していた。そのため甥のフリードリヒ・アウグスト2世が王位を嗣いだ。

先代:
フリードリヒ・アウグスト1世
ザクセン王
1827年 - 1836年
次代:
フリードリヒ・アウグスト2世