ルイーゼ・フォン・プロイセン (1838-1923)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーデン大公妃ルイーゼ、フランツ・ヴィンターハルター

ルイーゼ・フォン・プロイセン(Luise von Preußen, 1838年12月3日 - 1923年4月23日)は、プロイセン王国の王族。ヴィルヘルム1世の長女で、バーデン大公フリードリヒ1世の妃となった。全名はルイーゼ・マリー・エリーザベトLuise Marie Elisabeth)。

1838年12月3日、のちのドイツ皇帝ヴィルヘルム1世とその妃であったザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒの大公女アウグスタの間に第二子としてベルリンで誕生。兄はのちの皇帝フリードリヒ3世

1856年9月20日、バーデン大公フリードリヒ1世と結婚。二男一女をもうけた。