ジェラール・ド・ネルヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラール・ド・ネルヴァル
Gérard de Nerval
Gérard de Nerval.jpg
誕生 1808年5月22日
フランス・パリ
死没 1855年1月26日(満46歳没)
フランス・パリ
職業 詩人
国籍 フランスの旗 フランス
代表作 「火の娘」
「オーレリア」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェラール・ド・ネルヴァルGérard de Nerval, 1808年5月22日 - 1855年1月26日)は、19世紀に活躍したフランスロマン主義詩人。その詩作品には、象徴派シュルレアリスムの要素が認められ、20世紀後半より見直された。

ゲーテの『ファウスト』を紹介・訳し、『ドイツ詩選』を著し、新しいドイツ文学の紹介者としても活躍した。1855年、首を吊って自殺した。主な作品に『火の娘』、『オーレリア、あるいは夢と人生』、『ローレライ』、『幻想詩集』などがある。

生涯[編集]

ジェラール・ド・ネルヴァルは1808年5月22日(日曜日)にパリのサン・マルタン通り168番地で生まれた。2年後にはナポレオンの大陸軍の軍医であった父と共に赴いたシレジアで母が亡くなる。ジェラールは母方の大叔父アントワーヌ・ブーシェによりモルトフォンテーヌのヴァロア地方にあった別荘で養育される。1814年に父が帰還するとパリに移るが、しばしば後の小説で回想されるこの土地をジェラールは定期的に訪れていた。

1922年にCharlemagneリセに入学し、テオフィル・ゴーティエと知り合う。在学中の1829年20歳の時に『ファウスト』、その他のゲーテの諸作品、ホフマンの翻訳で脚光を浴びた。これらの翻訳は長きに亘り望み得る最良のものという評判を保ち続けた。1827年10月に刊行された『ファウスト』の初版はこの大傑作の第1部のみ(当時は第1部の存在しか知られていなかった)で、「ジェラール」とだけ署名されていた。ゲーテはこの翻訳を非常に高く評価し、もし自身がフランス語でファウストを書かねばならぬとしたらこう書いたであろうとまで言った。作曲家のエクトル・ベルリオーズはこの翻訳からオペラ『ファウストの劫罰』の着想を得た。

ネルヴァルはテオフィル・ゴーティエヴィクトル・ユーゴーアレクサンドル・デュマと親交があった。ペトリュス・ボレルと共に「若きフランス派」の最初のメンバーとなった。1830年2月25日に初公演のさなかで巻き起こった「エルナーニ合戦」ではユゴーを積極的に支持。 1835年には、ロマン派グループがみな集まるドワイエンヌ通りのカミーユ・ルージエの家に居を定めた。1846年にはモンマルトルの「霧の城」に住む。ネルヴァルは1852年に出版された現代演劇に関する著作の中でこの時代のことを語っている。

1836年には女優ジェニー・コロンに夢中になったが彼女はそれに応えなかった。ネルヴァルは彼女の死後も変わらぬ偶像崇拝を捧げ続けた――亡き母の面影に、マリアイシスシバの女王といった理想の女性が、ネルヴァルの思考に特徴的なサンクレティスムの中で混ざり合い……1841年以降、ネルヴァルは度重なる精神錯乱の発作に見舞われ、ブランシュ医師の精神病院にかかるようになる。この施設での逗留と、ドイツ中東への旅とを交互にした。『東方旅行記』は1851年に発表。ネルヴァルは1853年10月22日付のブランシュ医師への手紙で、シリアを旅行中にドゥルーズ派の密儀を授けられ、その教団で最も高い位階の一つである「ルフィ」にまで達するであろうと断言した。ネルヴァルの全作品は神秘主義象徴主義、とりわけ錬金術的なものに強く染まっている。

1844年から1847年にかけて、ネルヴァルはベルギーオランダロンドンを旅し、探訪記や印象記を書いた。時を同じくして、短篇小説家、オペラの台本作家、友人ハインリヒ・ハイネの詩(選集は1848年に出版)の翻訳者としても活動した。これ以降の期間、ネルヴァルは物質・精神の両面で苦境の中で主な傑作を残す。ブランシュ医師の勧めで自らの情念を浄化すべく、『火の娘』(1950-54年)、『オーレリア、あるいは夢と人生』(1853-1854年)を書いた。

1855年1月26日、ヴィエイユ=ランテルヌ(古いランタン)通り――ボードレールに言わせると見出し得る最も汚い一角――の下水道の鉄格子で首を吊っているネルヴァルが発見された。友人たちは、この悪名高い場所でいつもの散歩をしているところを浮浪者たちに殺害されたのではないかという仮説を述べたが、おそらくネルヴァルは自殺したものであろう。しかしながら、普通なら絞首の際の体の動きで落ちたであろう帽子が頭に乗った状態で発見されたので疑問は残る。

冬を越すのに充分な額である(とネルヴァルが言う)300フランを求める手紙が発見された。葬儀はパリのノートルダム大聖堂で執り行われた。自殺ではあったが、精神状態のためであったと見なされカトリックの葬儀が許された。テオフィル・ゴーティエとアルセーヌ・ウセがネルヴァルのためにペール・ラシェーズ墓地の永代使用料を支払った。マクシム・デュ・カン『文学的回想』(戸田吉信による抄訳 冨山房百科文庫 1980年)に詳しい肖像がある。

後世への影響[編集]

1884年にラフカディオ・ハーンが、『東方紀行』について「狂える浪漫主義者」と題する評論を発表[1]

夢の意味へのネルヴァルの執着はアンドレ・ブルトンが強調しシュルレアリスム運動に影響を与えた。『シュルレアリスム宣言』では、『火の娘』のアレクサンドル・デュマに宛てた献辞で、ネルヴァルが『シメール』のソネを書いている時に彼を訪れた「『超自然的』夢想状態」に言及していることを取り上げている[2]

マルセル・プルーストルネ・ドーマルもまたこの重要な作品に大きな影響を受けた。

アントナン・アルトーはネルヴァルに、彼の言うところの「自身の意識に対抗するために神秘的な仕方で同盟を結んだ」社会的な自殺(社会がさせた自殺)を見出した。

日本においては、中村真一郎が大学の卒業論文に選んだ(当時はほとんど知られていない詩人だったので、パリの古書店に注文をだすと、ほとんどの著作が容易に入手できたと中村は回想している)こともあって、中村による訳書、『暁の女王と精霊の王の物語』(白水社、のち角川文庫)『火の娘』(青木書店、のち新潮文庫)『ボヘミヤの小さな城』(創元社、のち旧河出文庫)が戦中、戦後まもなく出版された。

逸話[編集]

  • 不信心を咎められた時にネルヴァルは「俺に信心がないって?信心なら17個も持っているぜ!」と叫んだ。
  • 自分の肖像写真の下にネルヴァルはこう書いた:「私は他人だ。」

作品[編集]

小説・散文[編集]

  • La Main de gloire, histoire macaronique 1832年
  • Raoul Spifame, seigneur des Granges 1839年 (伝記小説)
  • Histoire véridique du canard 1845年
  • Scènes de la vie orientale 1846-1847年
  • Le Marquis de Fayolle 1849年(未完)
  • Le Diable rouge, almanach cabalistique pour 1850
  • Les Confidences de Nicolas 1850年
  • Les Nuits du Ramazan 1850年
  • Les Faux Saulniers, histoire de l’abbé de Bucquoy 1851年
  • 『東方紀行』(または『東方旅行記』)Voyage en Orient 1851年
  • Contes et facéties 1852年
  • 『粋な放浪生活』La Bohème galante 1852年
  • 『ローレライ--ドイツの思い出』Lorely, souvenirs d’Allemagne 1852年
  • 『幻視者たち』Les Illuminés 1852年
  • 『シルヴィ』 "Sylvie" 1853年
  • 『ボヘミアの小さな城』Petits châteaux de Bohème 1853年
  • 『火の娘』Les Filles du feu 1854年
  • 『散策と回想』Promenades et souvenirs 1854年
  • 『オーレリア、あるいは夢と人生』Aurélia ou le rêve et la vie 1855年

[編集]

  • Napoléon et la France guerrière, élégies nationales 1826年
  • Napoléon et Talma, élégies nationales nouvelles 1826年
  • L'académie ou les membres introuvables 1826年
  • Le Peuple 1830年
  • Nos adieux à la Chambre des Députés ou « allez-vous-en, vieux mandataires » 1831年
  • Odelettes 1834年
  • 『幻想詩集(シメールたち)』Les Chimères 1854年

戯曲[編集]

  • Piquillo 1837年
  • L'Alchimiste 1839年
  • Léo Burckart 1839年 (アレクサンドル・デュマとの共作)
  • Les Monténégrins 1849年
  • Le Chariot d’enfant 1850年
  • 『ハールレムの版画師』L'Imagier de Harlem 1852年

翻訳[編集]

パンフレット[編集]

  • Histoire véridique du canard, dans Monographie de la presse parisienne 1842年(バルザックと共作)

邦訳[編集]

  • ネルヴァル全集』は筑摩書房で、旧版全3巻(1975-76年)と新版全6巻(1997-2003年)が刊行。
  • 『暁の女王と精霊の王の物語』 (Historie de la Reine du Matin et du Prince des Génies
  • 『東方旅行記』(東方紀行)(1851年) 篠田知和基訳 世界幻想文学大系国書刊行会
  • 『ハールレムの版画師』(1851年) 藤田衆訳 七月堂)
  • 『粋な放浪生活』(1852年)
  • 『ローレライ――ドイツの思い出』(1852年)  篠田知和基訳、思潮社
  • 『幻視者たち』(1852年) 
    • 幻視者 あるいは社会主義の先駆者たち 入沢康夫訳.現代思潮社,1968.
  • 『ボヘミアの小さな城』(1853年)
    • ボヘミヤの小さな城 中村真一郎訳.創元社,1950.
  • 『火の娘――アンジェリーク、シルヴィ、ジェミー、イシス、エミリー、オクタヴィー、シメールたち』(1854年)
    • 中村真一郎訳 青木書房、1941 のち新潮文庫 
    • 入沢康夫訳 世界の文学 中央公論社、1970 
    • 篠田知和基訳で思潮社/中村真一郎・入沢康夫訳、ちくま文庫 2003年
  • 『散策と回想』(1854年)
  • 『シメールたち』(1854年)
  • 『オーレリア、あるいは夢と人生』(1855年)
    • 夢と人生 佐藤正彰訳 筑摩叢書、1948 
    • 稲生永訳 世界の文学 中央公論社、1970 
    • 篠田知和基訳 思潮社
  • 『阿呆の王』篠田知和基訳 思潮社、1972 
  • 『ネルヴァル全詩』篠田知和基訳 思潮社
  • 美はしき放浪 森下辰夫訳.大翠書院,1948.

研究書籍[編集]

  • 田村毅『ジェラール・ド・ネルヴァル 幻想から神話へ』 東京大学出版会、2006年
  • 井田三夫『ネルヴァルの幻想世界 その虚無意識と救済願望』 慶應義塾大学出版会、2005年
  • 大浜甫『イシス幻想 ネルヴァルの文学とロマン主義の時代』 芸立出版、1986年
  • 野崎歓『異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論』 講談社、2010年

[編集]

  1. ^ 中村真一郎(『暁の女王と精霊の王の物語』角川書店 1952年)
  2. ^ 巌谷國士訳『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』岩波書店 1992年

外部リンク[編集]