ルネ・ドーマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネ・ドーマル
誕生 1908年3月16日
アルデンヌ県
死没 1944年5月21日(満36歳没)
パリ
職業 小説家、詩人、翻訳家、哲学者
国籍 フランスの旗 フランス
文学活動 シュルレアリスム
代表作 類推の山
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ルネ・ドーマルRené Daumal1908年3月16日 - 1944年5月21日)は、フランス著作家哲学者詩人

生涯[編集]

ドーマルはアルデンヌ県Boulzicourtで生まれた。10代後半にアヴァンギャルドがフランスの有力紙に発表され、20代の初めにはアンドレ・ブルトンに誘われてだが、「Phrères simplistes」として知られていた3人の友人たち(ロジェ・ヴァイヤン Roger Vailland、ロジェ・ジルベール=ルコント Roger Gilbert-Lecomte、ヨゼフ・シーマ Josef Šíma)と共同でシュルレアリスムダダイスムに対抗して文芸雑誌「Le Grand Jeu」を設立した(1922年)。

ドーマルは独学でサンスクリットを学び、仏教三蔵フランス語に翻訳した。また、日本学者、鈴木大拙の本も訳している。

ドーマルは詩人Hendrik Kramerの前妻だったヴェラ・ミラノワと結婚した。ドーマルの死後、ヴェラは環境デザイナーラッセル・ペイジRussell Page)と再婚した。

1944年5月21日、ドーマルはパリ結核のため突然の早すぎる死を迎えた。若い頃の麻薬や精神薬の摂取が死を早めたのかも知れない。死ぬその日まで『類推の山』を書き続けていた。『類推の山』は1952年に出版された。

作品[編集]

ドーマルの作品で世界的に知られているのは、『大いなる酒宴』(1938年)と、アレゴリカルな小説『類推の山』である。両作ともG・I・グルジエフの弟子であるアレクサンドル・ド・サルツマンとの友情に基づいたものだった。『類推の山』はアレハンドロ・ホドロフスキーの映画『ホーリー・マウンテン』(1973年)の原作となった。

作品リスト[編集]

(年は出版年)

  • Le Contre-Ciel(1936年)
  • 大いなる酒宴 La Grande beuverie(1938年)- 日本語訳:谷口亜沙子(風濤社)
  • 類推の山(Le Mont Analogue)(1952年) - 日本語訳:巌谷国士白水社河出文庫
  • Tu t'es toujours trompé(1970年)
  • Bharata, l’origine du théâtre. La Poésie et la Musique en Inde(1970年)
  • Essais et Notes, tome 1 : L'Évidence absurde(1972年)
  • Essais et Notes, tome 2 : Les Pouvoirs de la Parole(1972年)
  • Mugle(1978年)
  • René Daumal ou le retour à soi(1981年)
  • La Langue sanskrite(1985年)
  • Fragments inédits (1932-33). Première étape vers la Grande beuverie(1996年)
  • Chroniques cinématographiques (1934). Aujourd'hui(2004年)
  • Correspondance, tome 1 : 1915-1928(1992年)
  • Correspondance, tome 2 : 1929-1932(1993年)
  • Correspondance, tome 3 : 1933-1944(1996年)
  • Je ne parle jamais pour ne rien dire. Lettres à A. Harfaux(1994年)

和訳[編集]

外部リンク[編集]