ラッセル・ペイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンタギュー・ラッセル・ペイジ(Montague Russell Page, 1906年 - 1985年) は、イギリスランドスケープ・アーキテクトガーデンデザイナー環境デザイナー。 活動は主にヨーロッパと米国で庭園設計を展開した。パートナーのジェフリー・ジェリコー(Geoffrey Jellicoe)と1962年、イスラムと古典庭園の歴史・庭師の教育に関する書を著している。

代表作に、ジェリコーとの共作でキャブマンレストラン(サマーセット・チェダー渓谷)、英国・リーズ城のカルペパー・ガーデン(赤レンガに囲まれた庭園)、ランドリアーナ邸(イタリア、トッレ・サン・ロレンツォ)、ペプシコ社本社庭園、ニューヨークの美術館フリック・コレクションの庭など。

彼のクライアントには、プリンスエドワード公、ウィンザー公爵夫妻、ベルギーのレオポルド3世、ウィリアム・ウォルトン、ベイブ・ペイリーとウィリアム・S・ペイリー、 オスカー・デ・ラ・レンタ 、マルセル・ブサック 、オリーブ、レディ・ベイリー 、ティエリー・バン・Zuylen・ヴァン・Nijevelt男爵夫妻、などそうそうたる名前が連なる。

私生活では先妻(ゲオルギイ・グルジエフの娘)と離婚した後、詩人ルネ・ドーマル(グルジェフの弟子)の妻だったヴェラ・ミラノワと再婚。

参考文献[編集]

  • あの人の暮らしかた ― essence of living、津田晴美、筑摩書房、2001年
  • 『GARDEN STYLE』 Russell Page PENELOPEHOBHOUSE『GARDENSTYLE』1988年、FRANCESLINCOLN刊