フェリックス・ガタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール=フェリックス・ガタリ
Pierre-Félix Guattari
生誕 1930年4月30日
フランスの旗 フランスオワーズ県
死没 1992年8月29日(満62歳没)
フランスの旗 フランス
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 精神分析学
ポスト構造主義
研究分野 精神分析学精神医学
記号学
形而上学
生態学
社会哲学政治哲学
テンプレートを表示

ピエール=フェリックス・ガタリ(Pierre-Félix Guattari, 1930年4月30日 - 1992年8月29日)は、フランス哲学者精神分析学者

人物[編集]

ジャック・ラカンのもとで学ぶが、後に袂を分かつ。1968年五月革命以降、ジル・ドゥルーズに出会う。

ドゥルーズとの共著に『アンチ・オイディプス』、『千のプラトー』、『カフカ』、『哲学とは何か』がある。政治犯救済運動の推進の一方、ラ・ボルド病院に勤務し、精神医学改革の運動を起こしてきた。現代でも、情報論のピエール・レヴィらに大きな影響を与え続けている。

主著に『精神分析と横断性』、『分子革命』、プルースト論の『機械状無意識』がある。遺著は『カオスモーズ』。カオスモーズとは、「カオス(混沌)」、「コスモス(秩序)」、「オスモーズ(浸透)」の3語を組み合わせた造語である(ただし、この言葉はガタリが造った言葉ではなくジェイムズ・ジョイスが用いた言葉である)。

邦訳著作[編集]

単著[編集]

  • 『顔貌』、田原桂一写真、宇野邦一訳、PARCO出版局、1988年。
  • 『分子革命――欲望社会のミクロ分析』、杉村昌昭訳、法政大学出版局、1988年。
  • 『機械状無意識――スキゾ分析』、高岡幸一訳、法政大学出版局、1990年。
  • 『三つのエコロジー』、杉村昌昭訳、大村書店、1991年、のち平凡社ライブラリー
  • 『精神分析と横断性――制度分析の試み』、杉村昌昭・毬藻充訳、法政大学出版局、1994年。
  • 『闘走機械』、杉村昌昭監訳、松籟社、1996年。
  • 『精神と記号』、杉村昌昭訳、法政大学出版局、1996年。
  • 『分裂分析的地図作成法』、宇波彰吉沢順訳、紀伊國屋書店、1998年。
  • 『カオスモーズ』、宮林寛小沢秋広訳、河出書房新社、2004年。
  • 『カフカの夢分析』、ステファヌ・ナドー編註、杉村昌昭訳、水声社、2008年。
  • 『アンチ・オイディプス草稿』、國分功一郎千葉雅也共訳、みすず書房、2010年。
  • 『精神病院と社会のはざまで――分析的実践と社会的実践の交差路』、杉村昌昭訳、水声社、2012年。
  • 『人はなぜ記号に従属するのか――新たな世界の可能性を求めて』、杉村昌昭訳、青土社、2014年。

共著[編集]

  • ジル・ドゥルーズ)『カフカ――マイナー文学のために』宇波彰,岩田行一訳(法政大学出版局, 1978年)
  • 『週刊本 光速と禅炎 agencement’85』田中泯共著 朝日出版社 1985
  • アントニオ・ネグリ)『自由の新たな空間』丹生谷貴志訳(朝日出版社,1986年/世界書院,杉村昌昭訳 2007年)
  • (ジル・ドゥルーズ)『アンチ・オイディプス――資本主義と分裂症』市倉宏祐訳(河出書房新社, 1986年/河出文庫(宇野邦一訳 2006年)
  • 『東京劇場 ガタリ、東京を行く』平井玄浅田彰竹田賢一、ラジオ・ホームラン共著 ユー・ピー・ユー 1986
  • (ジル・ドゥルーズ)『政治と精神分析』杉村昌昭訳(法政大学出版局, 1994年)
  • (ジル・ドゥルーズ)『千のプラトー――資本主義と分裂症』宇野邦一,田中敏彦,小沢秋広,豊崎光一,宮林寛,守中高明訳(河出書房新社 1994年/河出文庫 2010年)
  • (ジャン・ウリ,フランソワ・トスケル)『精神の管理社会をどう超えるか?—制度論的精神療法の現場から』杉村昌昭,三脇康生,村澤真保呂編訳(松籟社, 2000年)
  • 『政治から記号まで――思想の発生現場から』粉川哲夫,杉村昌昭共著 インパクト出版会 2000
  • 『フェリックス・ガタリの思想圏――<横断性>から<カオスモーズ>へ』エドゥアール・グリッサン、イラン・ハレヴィ、パスカル・クリントン、ピエール・レヴィ、ダニエル・シヴァドン、ルネ・シェレール共著 杉村昌昭 訳・編 大村書店 2001
  • (ジル・ドゥルーズ)『哲学とは何か』財津理訳(河出書房新社, 2007年)

関連項目[編集]