パリメトロ3号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ラザール駅 ホーム

パリメトロ3号線(パリメトロ3ごうせん、Ligne 3 du métro de Paris)は、パリ交通公団が運営するフランスパリメトロ地下鉄)路線の一つ。パリ北西部郊外のポン・ド・ルヴァロワ=ベコン駅から、パリ中心部の北よりを東西に横断し、サン・ラザール駅オペラレピュブリック広場などを経由して東部郊外のガリエニ駅に至る。

概要[編集]

3号線は1904年に開業し、その後東西ともパリ市外まで延長された。番号は3号線だが、開業順では1号線、6号線(開業時は2号南線)、2号線(2号北線)に次ぎ4番目である。3bis線は元は3号線の一部だったが、3号線が東へ延長された際に本線と分離され独立した路線となった。

3号線北西端のポン・ド・ルヴァロワ=ベコン駅はパリの北西に隣接するオー=ド=セーヌ県ルヴァロワ-ペール市のセーヌ川近くにある。ここから南東に進み、ポルト・ド・シャンペレでパリ市に入る。サン・ラザール駅からレピュブリック広場までは1号線のほぼ1km北を平行して走っている。ペール・ラシューズからガンベタにかけては約40パーミルの登り坂となる。ポルト・ド・バニョレでパリ市から出、次のセーヌ=サン=ドニ県バニョレ市のガリエニ駅が終点となる。

全線が地下線であり、地上区間はない。

パリメトロ3号線の路線図

路線データ[編集]

歴史[編集]

1898年のメトロ整備計画では、3号線(C線)はパリ西部のポルト・マイヨーから東部のメニルモンタンに至る路線とされ、エトワールヴィリエ間は2号線と線路を共有することになっていた。その後ポルト・マイヨー〜エトワール間が1号線に変更されたことに伴い、3号線はヴィリエ以東と改められた。

こうして1904年にヴィリエ-ペール・ラシューズ間が開業し、翌年には東のガンベタまで延長された。さらに1910年代から20年代には東西へ延長され、それぞれ市境のポルト・デ・リラポルト・ド・シャンペレにまで達した。西側では1937年に郊外のポン・ド・ルヴァロワまで延長された。東側では、1971年にガンベタ-ガリエニ間が開業し、それまで3号線の一部だったガンベタ-ポルト・デ・リラ間が3bis線として分離された。この際、ガンベタ駅の東にあったマルタン・ナドー駅はガンベタ駅と統合された。元々のガンベタ駅を3bis線のホームとし、マルタン・ナドー駅とガンベタ駅3bis線ホームを結ぶ区間に新たにホームが作られて3号線のホームとなった。旧マルタン・ナドー駅のホームは通路として、従来からあったマルタン・ナドー駅の出入り口まで徒歩で連絡できるように残された。

年表[編集]

  • 1904年10月10日 -ヴィリエ〜ペール・ラシューズ間開業。
  • 1905年1月25日 - ペール・ラシューズ〜ガンベタ間延伸開業。
  • 1910年5月23日 - ペレール〜ヴィリエ間延伸開業。
  • 1911年2月15日 - ポルト・ド・シャンペレ〜ペレール間延伸開業。
  • 1921年11月27日 - ガンベタ〜ポルト・デ・リラ間延伸開業(現3bis線)。
  • 1937年9月24日 - ポン・ド・ルヴァロワ=ベコン〜ポルト・ド・シャンペレ間延伸開業。
  • 1971年3月23日 - ガンベタ〜ポルト・デ・リラ間を3bis線として分離。
  • 1971年4月1日 - ガンベタ〜ガリエニ間開業。

車両[編集]

車内

1967年以降はMF 67が使われている。同形式が投入された最初の路線である。5両編成で1、3、5両目が電動車である。ただし9編成のみは編成が異なり、中間3両が電動車のものや1、2、5両目が電動車のものがある。

全長は約90m。各車両ごとに片側4つのドアがある。非常時を除き車両間の往来はできない。

車両基地はガンベタ駅の東のサン・ファルジョー(Saint Fargeau)にある。大規模な検査や改修作業は7号線のショワジー(Choisy)車両基地で行われる。

駅一覧[編集]

ポン・ド・ルヴァロワ=ベコン駅 ホーム
ブルス駅 入口

廃駅[編集]

ペール・ラシェーズ駅とガンベタ駅の間にはマルタン・ナドー駅(Martin Nadaud)があったが、ガンベタ駅の改造でホームが西よりに移されることにともない、1969年8月23日に廃止された。旧マルタン・ナドー駅ホームの東端は現ガンベタ駅ホームの西端にあたり、旧マルタン・ナドー駅入口からはホーム跡に設けられた通路でガンベタ駅ホームまでつながっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

  • RATP (フランス語他)