藤田恵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤田 恵美(ふじた えみ、1963年5月15日 - 旧姓:不明)は日本歌手。ユニットLe Coupleのボーカル。東京都清瀬市出身。
身長160cm。血液型A型。最終学歴:日本放送協会学園高等学校(NHK学園高校)卒業。

来歴[編集]

幼稚園のころ、劇団ひまわり所属、幼稚園時に「ひまわりキティーズ」としてレコードデビューし、『ケンちゃんシリーズ』などに子役として出演していた。父親の影響で「スターに挑戦」などに出場したことがきっかけで演歌歌手としてプロデビュー。演歌歌手としてのキャリアは1978年まで。17歳の頃、ブルーグラスカントリーに興味を持ち、アマチュア歌手として活動開始。

不動産屋に勤める傍ら、ライブハウスなどで歌い、20歳の時、新宿のカントリーライブハウス「ウィッシュボン」の箱バンの初代ボーカルを務めた。

1991年にギタリスト藤田隆二と結婚し、オリジナルバンドを結成。1994年に夫婦ユニット「Le Couple」としてデビューし、1997年に「ひだまりの詩」をヒットさせ、NHK紅白歌合戦にも出場した。また、このLe Coupleの活動と並行して、1995年には覆面ユニット「ICE BOX BABY」のEMIとしても活動した。その後、Le coupleは2005年に活動休止。2007年3月に離婚届を提出して藤田隆二とは正式に離婚した。
現在は、ソロでの活動に専念している。

ソロ・キャリアとしては2001年に洋楽のカヴァー・アルバム「camomile」を制作。同作のヒットがきっかけとなり、香港シンガポールなど東アジア・東南アジア諸国でソロ歌手として認知される。2003年には同様のコンセプトの2作目「camomile blend」を発表。こちらも同じくアジア諸国でヒットを記録。2005年には、プロデューサー佐橋佳幸亀田誠治森俊之らとプロジェクトを組みEmi with MKBとして「Rembrandt Sky」をリリース。この作品はマレーシアでプラティナディスクを獲得している。2006年にはアジアからの熱い要望もあり、カモミールシリーズ3作目となる「camomile classics」をリリース。香港HMVで発売から5週連続で1位を獲得。これまでに、アジアでのセールス合計は30万枚を超えた。

2007年にはエンジニア阿部哲也ソニーのアンプ設計者である金井隆がタッグを組み、SACDを制作。フジテレビ「とくダネ!」でオーディオファンで知られる小倉智昭が大絶賛したところ、さらに火が付きベストアルバムがスマッシュヒットとなった。

ソロ活動での新しい試みとしては、手話ロックバンド「こころおと」のDeaf ボーカルKuniyとのデュオによる「心のバリアフリー音楽会」がある。これは2007年に始まったプロジェクトで、2008年3月までに20か所で藤田の弾き語り+Kuniyの手話歌という編成によるコンサートが開催された[1]

ディスコグラフィー[編集]

Le Coupleとして発売した作品はLe Couple(ディスコグラフィ)を参照。
ICE BOX BABYとして発売した作品は平松まゆき(ディスコグラフィ)を参照。

ひまわりキティーズ[編集]

シングル[編集]

  • 老人と子供のポルカ」(1970年、「左卜全とひまわりキティーズ」名義)
  • 「かあちゃんと子供のアンダンテ・カンタービレ」(1971年、「若水ヤエ子とひまわりキティーズ」名義)
  • 「拝啓天照さーん」(1971年、「左卜全とひまわりキティーズ」名義)
  • 「パンダちゃん音頭」(1972年

ソロ[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

  • 「夢見る朝 ~ドボルザーク「母が教えてくれた歌」より~」(2001年)
  • 「虹の橋」(2007年)
  • 「OMOIYARIのうた」(2010年)

参加作品[編集]

ラジオ[編集]

現在

以前

  • 心のハーブ・ガーデン(~2008年3月30日)
  • アフタヌーン・パラダイス(~2008年3月26日)[2]

[編集]

  1. ^ 手話ボーカル好評 目や心で音楽を感じて
  2. ^ おむすび食堂2008年3月

外部リンク[編集]