スバル (文芸雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スバル』は、1909年から1913年までに刊行された、ロマン主義的な文芸雑誌である。月刊。通巻60冊。菊判200頁内外。定価30

概要[編集]

文芸雑誌「明星」の廃刊後、森鴎外与謝野寛(鉄幹)与謝野晶子らが協力して発行した。創刊号の発行人は石川啄木が務めた。石川、木下杢太郎高村光太郎北原白秋平野万里らが活躍し、反自然主義的、ロマン主義的な作品を多く掲載し、同人らはスバル派と呼ばれた。

  • 森鴎外は『ヰタ・セクスアリス』(発売禁止になった)『青年』『』などを掲載。
  • 石川啄木は創刊時から1年間にわたり同誌の発行名義人を務めており、その時期に『赤痢』『足跡(その一)』などの小説も発表したが、それらの多くは評判があまり芳しくなかったという。

外部リンク[編集]