幕張新都心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神田外語大学からみた幕張新都心の高層ビル群

幕張新都心(まくはりしんとしん)は、千葉県千葉市美浜区習志野市に跨る東京湾に面した地域である。千葉市美浜区美浜、若葉、打瀬、ひび野、中瀬、豊砂、浜田2丁目の一部と、習志野市芝園1丁目から成る。面積は522.2ha

概要[編集]

タウンセンター地区、海浜幕張駅北口
タウンセンター地区、海浜幕張駅北口
幕張新都心、業務研究地区
幕張新都心、業務研究地区
文教地区、神田外語大学
文教地区、神田外語大学
住宅地区、幕張ベイタウン
住宅地区、幕張ベイタウン
公園地区、幕張海浜公園
公園地区、幕張海浜公園

1970年代後半の東京湾埋め立てによって開発された新都心である。「職・住・学・遊」が融合した未来型の国際都市をコンセプトに、以下の6地区で構成されている。

  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線海浜幕張駅を中心とした「タウンセンター地区」
  • 企業が立地する「業務研究地区」
  • 学校などが立地する「文教地区」
  • 集合住宅が立地する「住宅地区」
  • 東京湾沿岸の幕張海浜公園を中心に広がる「公園・緑地地区」
  • 1989年(平成元年)に編入された「拡大地区」
タウンセンター地区

海浜幕張駅を中心としたタウンセンター地区とその周辺には、ショッピングビル(プレナ幕張)や、映画館シネプレックス幕張)、アウトレットモール三井アウトレットパーク 幕張)、スーパーマーケット(イオン幕張)などの商業施設や、ホテル6社(アパホテルニューオータニホテル ザ・マンハッタンホテルグリーンタワー、ホテルスプリングス、ホテルフランクス)が開業しており、遠方からの来訪者や、東京ディズニーリゾート成田国際空港への利用者の滞在場所などとして利用されている。なおバス停留所は「海浜幕張駅」と「タウンセンター」で別個に存在する。

業務研究地区

1989年(平成元年)に日本コンベンションセンター(現・幕張メッセ)が開業したのを皮切りに、国内外の企業が立地するオフィスビル街となっている。約450社の企業が活動し、ワールドビジネスガーデン幕張テクノガーデン、流通大手のイオングループ本社等が立地しており、業務機能や研究開発機能が集積している。しかし、キヤノン販売(現・キヤノンマーケティングジャパン)やBMWジャパンが本社機能を幕張から都心に移転する等、都心回帰の影響を受けている。

文教地区

幕張新都心の中で最も早くから整備が進められた地区であり、大学(放送大学神田外語大学千葉県立保健医療大学)、中学校・高等学校(千葉県立幕張総合高等学校渋谷教育学園幕張中学校・高等学校昭和学院秀英中学校・高等学校)、幼稚園・小学校(幕張インターナショナルスクール)が立地しており、その他に、研究施設(アジア経済研究所JA共済幕張研修センター)、公共職業能力開発施設高度職業能力開発促進センター)等がある。幕張インターナショナルスクールを中心に、国際競争力を持った高度教育地域を目指して整備が進められている。

住宅地区

1995年平成7年)より「幕張ベイタウン」として官・民共同で整備が着手され約23000人が住む街となっている。街並みは中高層のマンションが、その1階にはお洒落な店舗が建ち並び、1999年平成11年)には街としては初めてグッドデザイン賞を受賞しており、ヨーロッパスタイルの洗練された街並みが広がる。地区内に小学校が3校、中学校が1校配置されている等ファミリー層の受け入れ態勢も整っている。

公園・緑地地区

東京湾岸や海浜幕張駅東部に県立幕張海浜公園(71.9ha、日比谷公園の約4倍)が整備されている。人工海浜「幕張の浜」(遊泳は禁止されており、水遊びのみ)やプロ野球千葉ロッテマリーンズの本拠地であるQVCマリンフィールドが立地し、平日の昼食時にはビジネスマンやOLの憩いの場として、休日は家族やカップルなどで賑わいを見せる。また、世界との交流を目指して整備された池泉回遊式日本庭園「見浜園」があり、庭園内には本格的な数寄屋造り茶室「松籟亭(しょうらいてい)」も完備されている。

拡大地区

1989年(平成元年)に編入されて以来整備が進められており、コストコ幕張店、カレスト幕張、東京インテリア幕張店などが立地している。当初はソニー日本航空三井物産などの企業十数社が土地利用の契約内定や本契約をしたが、バブル崩壊後に契約解除や計画の凍結が相次ぎ、2007年平成19年)3月に一旦分譲を休止した。2010年平成22年)、豊砂地区の未利用地8区画18.3haを早期に活用するため土地利用を見直し、オフィス用途から企業ニーズに合う商業用途に変更する。同年9月から公募を再開し、12月にイオンを進出事業者に決定。2013年平成25年)12月には、イオンモール旗艦店となる「イオンモール幕張新都心」(店舗面積9.6万m²)が開業し[1]、開業時点における首都圏の商業施設ではイオンレイクタウン(13万m²)、ららぽーとTOKYO-BAY(11.6万m²)に次いで3番目の店舗面積となった[2]。また、千葉市や進出企業等が費用を負担する請願駅として、京葉線の新習志野駅 - 海浜幕張駅間(コストコ及びイオンモール付近)に新駅を設置する計画もある。

幕張新都心計画[編集]

  • 事業主体 千葉県企業庁
  • 事業期間 昭和47年度〜平成22年度
  • 敷地面積 522.2ha(拡大地区を含む)
  • 常住人口 26,000人
  • 就業人口 150,000人
  • 地域区分 5区画

歴史[編集]

施設[編集]

幕張メッセ
幕張メッセ
QVCマリンフィールド
QVCマリンフィールド
アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張
アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張
三井アウトレットパーク 幕張
三井アウトレットパーク 幕張
イオン幕張店
イオン幕張店
ワールドビジネスガーデン
ワールドビジネスガーデン
幕張テクノガーデン
幕張テクノガーデン
NTT幕張ビル
NTT幕張ビル
日本IBM幕張テクニカルセンター
日本IBM幕張テクニカルセンター
幕張ベイタウン
幕張ベイタウン

主要施設[編集]

ホテル[編集]

商業施設[編集]

オフィスビル[編集]

  • ワールドビジネスガーデン(WBG)
  • 幕張テクノガーデン(MTG)
  • NTT幕張ビル
  • イオンタワー
  • イオンタワーAnnex(旧・幕張東京海上ビル)
  • 東京ガス幕張ビル
  • 日本アイ・ビー・エム幕張テクニカルセンター
  • シャープ幕張ビル
  • キッツビル
  • 富士通幕張システムラボラトリ
  • 住友ケミカルエンジニアリングセンタービル
  • スターツ幕張ビル(旧・ロボットFAセンター)
  • セイコーインスツル幕張ビル
  • キヤノンマーケティングジャパン幕張事業所
  • ACCESS幕張オフィス(旧・BMW JAPAN本社ビル)
  • 新日本ビル
  • QVCスクエア

研究・研修機関[編集]

公共職業能力開発施設[編集]

主要企業[編集]

(※印は幕張に本社機能がある企業)

幕張テクノガーデン内[編集]

ワールドビジネスガーデン内[編集]

住宅施設[編集]

学校[編集]

放送大学
放送大学
千葉県立幕張総合高等学校
千葉県立幕張総合高等学校
幕張インターナショナルスクール
幕張インターナショナルスクール

大学[編集]

専門学校[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

公園[編集]

幕張海浜公園・花時計
幕張海浜公園・花時計
幕張海浜公園・水の広場
幕張海浜公園・水の広場
  • 幕張海浜公園
  • メッセモール
  • 豊砂公園
  • 幕張海浜緑地
  • 浜田川緑地
  • 花見川緑地
  • 打瀬一丁目公園
  • 打瀬二丁目公園(ミッドランドパーク)
  • 打瀬三丁目公園(スポーツパーク)
  • 打瀬第一公園
  • 打瀬第二公園
  • 打瀬第三公園(クリエイティブプレーパーク)
  • 打瀬第四公園
  • 打瀬第五公園(カジュアルパーク)
  • 打瀬第六公園(トライアングルパーク)
  • 打瀬第七公園(コーストパーク)
  • 打瀬第一緑地(ジュニアハイスクールエッジ)
  • 打瀬第二緑地(コミュニティセンターガーデン)
  • 打瀬第三緑地(打瀬ふれあい緑地)
  • 打瀬緑地

幕張地区を舞台とした作品[編集]

※数多くの映画、テレビドラマ、CM等のロケ地にもなっている。

交通[編集]

京成バスの連節バス「シーガル幕張」(メルセデス・ベンツ・シターロG

鉄道[編集]

路線バス[編集]

  • 京成バス
  • 千葉海浜交通
    • 磯辺や真砂などへ向かうバスがいくつか運行されている。
  • 平和交通
    • ベイタウン地区や京葉線北側のオフィス街などを運行している、ベイタウンバスとも呼ばれている。
    • あすか交通とともに銀座駅、東京駅と幕張新都心を結ぶ高速バスも運行している。

駐車場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空中写真・地図[編集]