双葉電子工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
双葉電子工業株式会社
Futaba Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6986
略称 双葉、双葉電
本社所在地 日本の旗 日本
297-8588
千葉県茂原市大芝629
設立 1948年2月3日
業種 電気機器
事業内容 蛍光表示管ラジコン送受信機、金型用部品
代表者 代表取締役会長 細谷礼二
代表取締役社長 桜田弘
資本金 225億58百万円
売上高 単体: 468億円
連結: 585億円
2010年3月期)
純資産 単体: 1,145億円
連結: 1,369億円
(2010年3月)
総資産 単体: 1,255億円
連結: 1,513億円
(2010年3月)
従業員数 連結:5,263名
(2010年3月)
決算期 3月末日
主要株主 財団法人双葉電子記念財団 6.87%
細矢礼二 5.78%
主要子会社 小川精機株式会社
外部リンク http://www.futaba.co.jp/
テンプレートを表示

双葉電子工業株式会社(ふたばでんしこうぎょう、: Futaba Coropration)は、国内大手の蛍光表示管(VFD)製造会社。また、「ラジコンのFutaba」としても有名。ラジコンのプロポは自社で製造・販売されているが、他社にOEM供給も行っている。本社は千葉県茂原市にある。社名の由来は「二()人で千の地で起業しよう」という、創業者の思いからきている。創業者が日立製作所の出身であるため、日立グループとの係わりも深いが、双葉電子工業は日立グループではない。

国内の主要生産拠点は千葉県長生郡長生村の長生工場群で、電子管工場、モジュール工場、無線機器工場、精機工場(金型部品)がある。その他に金型部品工場として、睦沢工場(長生郡睦沢町)、長南工場・長南第2工場(長生郡長南町)、明石工場(兵庫県明石市)がある。

歴史[編集]

受信機。

戦時中に理研真空工業茂原工場(後に日立製作所と合併、後の日立ディスプレイズを経て現在はジャパンディスプレイ)にて知り合った衛藤五郎と細谷礼二が、ラジオ受信用真空管の製造・販売を目的に1948年に設立した。その後、社内で使用していた自社製金型の販売やラジコン送受信機の製造も開始する。1970年には真空管の製造を中止するが、ノウハウを生かし、電子管蛍光表示管、VFD)の製造・販売を開始する。

1972年には台湾に電子管の製造を目的とした現地法人「台湾双葉電子股份有限公司」と、韓国にモールド金型部品の製造を目的とした現地法人「韓国双葉精密工業株式会社」(2008年解散[1])を設立する。その後も、アジアを中心に電子管、ラジコン、金型の製造工場(現地法人)を設立し、特に電子管は国内生産から海外生産にシフトしている。1986年東証一部上場。

また、1972年からデジタル位置読取装置の製造・販売を行っていたが、2004年10月に基幹業務への経営資源集中のため、サムタク株式会社へ営業譲渡した。

2004年には「FED(電界放出ディスプレイ)」の生産ライン構築が発表され[2]、のちに生産を開始したが、2009年10月に新規開発・新規受注の中止を発表した[3]

製品[編集]

  • 電子管
    • 蛍光表示管、大型管がソニーのジャンボトロンに使用された。
    • 蛍光表示管モジュール
    • 蛍光発光プリントヘッド
  • ラジコン
    • ホビー用ラジコン
    • 産業用ラジコン
  • 金型用部品
    • プレス金型用部品
    • モールド金型用部品
    • プレジションプレート
    • 省力機器
  • その他

グループ企業[編集]

子会社[編集]

関連会社[編集]

  • 日本国外
    • 三一メガテック株式会社 (韓国)
    • FHP Corporation (フィリピン)

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 子会社の解散に関するお知らせ(2008年6月5日 - 双葉電子工業株式会社)
  2. ^ 新薄型ディスプレイ「FED」の生産ライン構築に関するお知らせ(2004年11月12日 - 双葉電子工業株式会社)
  3. ^ FED事業の見直しおよび特別損失の発生に関するお知らせ(2009年10月1日 - 双葉電子工業株式会社)

外部リンク[編集]