小川精機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小川精機株式会社
OS ENGINES MFG.CO.,LTD
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 OS、小川精機
本社所在地 郵便番号:546-0003
大阪市東住吉区今川3-6-15
設立 1941年12月10日
(創業は1936年11月1日
業種 その他製品
事業内容 模型用小型エンジンおよび模型蒸気機関車の製造・販売
代表者 代表取締役社長 荒田精一
資本金 90,000,000円
従業員数 65名
決算期 3月31日
主要株主 双葉電子工業
外部リンク http://www.os-engines.co.jp/
テンプレートを表示

小川精機株式会社(おがわせいき)は日本を代表する模型用エンジンのメーカー双葉電子工業の子会社。  

概要[編集]

模型用内燃機関の製造で常に模型界をリードしてきた。作動原理は実物とほぼ同じ(点火方式が違う)である。

高品質な製品は世界中で高い評価を得ており、タミヤにも技術協力している。

また、模型用パルスジェットの販売や模型用ロータリーエンジンの世界初の量産や、4サイクルエンジンスーパーチャージャー、燃料噴射装置等、技術革新に積極的でOSエンジンは愛好家にとって欠かせない物となっている。模型飛行機による世界初の大西洋横断時にもOSエンジンが使用された。また、ライブスチーム(模型蒸気機関車)の製造・販売も手がけている。

歴史[編集]

ライブスチーム製品の取り扱い上の注意[編集]

長期間使用しないボイラーの安全弁はボイラー水に含まれるミネラルにより固着している場合があり、既定の圧力で作動しない場合があり危険である。使用前に分解して整備する必要がある。ボイラー水にはなるべく蒸留水を使用する事が望ましい。水道水を使用すると含まれるミネラルにより安全弁が固着する場合がある。また、70年代から80年代以前の製品にはボイラー、バーナー周辺にアスベストを使用しているものがあり、健康上、取り扱いには注意を要する。

外部リンク[編集]