HEAVY GAUGE (GLAYのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GLAY > 作品リスト > HEAVY GAUGE (GLAYのアルバム)
HEAVY GAUGE
GLAYスタジオ・アルバム
リリース 1999年10月20日
録音 DOG HOUSE STUDIO
HITOKUCHIZAKA STUDIO
PIERCE ROOM STUDIO
SOUND CITY CO,LTD
ジャンル ロック
J-POP
時間 65分38秒
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 佐久間正英
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年11月度月間1位(オリコン)
  • 1999年度年間8位(オリコン)
  • 登場回数20回(オリコン)
ゴールド等認定
GLAY 年表
pure soul
1998年
HEAVY GAUGE
1999年
映画版「未来日記」オリジナル・サウンドトラック
2000年
HEAVY GAUGE 収録の シングル
  1. BE WITH YOU
    リリース:1998年11月25日
  2. Winter,again
    リリース:1999年2月3日
  3. サバイバル
    リリース:1999年5月19日
  4. ここではない、どこかへ
    リリース:1999年8月25日
  5. HAPPINESS -WINTER MIX-
    リリース:2000年1月1日
テンプレートを表示

HEAVY GAUGE』(ヘヴィー・ゲージ)は日本のロックバンドGLAYのメジャー5作目のオリジナルアルバムであり、本作の収録曲の1つである。

1999年10月20日ポニーキャニオンよりリリースされた。

解説[編集]

前作『pure soul』から1年3か月ぶりのアルバムで、「BE WITH YOU」、「Winter,again」などの大ヒット曲を含む全12曲が収録され、うち7曲にタイアップがついた。全曲TAKUROが作詞・作曲を担当しており、全曲TAKUROが作詞・作曲のアルバムは、本作のみである。レコーディングは、1999年7月31日に開催された「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」の前後で行われた[1]

本作に関して、TAKUROは「『pure soul』では、いささかキレイなものばかり追い求めていた感があったが、次は、重い扉を開ける気持ちがあった。」[1][2]TERUは「『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』は、“幕張のSURVIVALライブ”より“20万人ライブ”ってのが大きく騒がれてしまい、数字じゃなくて俺たちはライブハウスでもう一度やれるバンドでありたいんだ、GLAYの初期衝動をもう一度確認するようなアルバムにしたい」[2]HISASHIは、「今回のリアルさは、『pure soul』よりもうちょっとアンダーグラウンド的。」、「GLAYの本当にやりたいことを全く違う捉え方で見られるのも多かったし、皆の見えなかった所が相当あったから、音楽でGLAY本来の全表面を見せたかった」とそれぞれ語っている[2]

そのため、「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」以降に書き下ろされたアルバム曲の歌詞も[3]、当初はもっとヘビーな作風に仕立てて、アルバムトータルとしてももっと重たい感じの作風にする予定だったと言う[2][3]。しかし、「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」でファンの笑顔を見た影響により[3]、歌詞をもう少し優しくしようとTAKUROが書き直し[3]、結果的にはJIRO曰く「逆に随分ポップなアルバムになった」とのこと[3]。TAKUROは本作をきっかけに、「ある種の少年期が『pure soul』だったなら、殺人事件、国の色んな紛争などの外の問題を自身の問題として感じるようになった」と語っている[2]

また、「サバイバル」、「BE WITH YOU」などのシングル曲がリテイクされたバージョンで収録されたが、これは「シングルを収めるからって、この1年の僕らはこんな感じに生きてましたって言う日記的なものにしたくなかったから」とTERUが語っており[4]、HISASHIは「アルバムのトータルとか、今って空間を録音するって感じを出したかったから。」と語っている[2]

前作『pure soul』に次いでダブルミリオンを達成し、オリジナルアルバムの中では自身2番目の売り上げを記録した。当時TAKUROも「90年代後半にしてGLAYの最高傑作」と発言している[1]

アルバムのケース、歌詞カードは暗闇で光る仕様になっており、初回特典にはリストバンドが封入。また、このアルバムはアナログ盤も制作された。

収録曲[編集]

全曲作詞・作曲:TAKURO

  1. HEAVY GAUGE (6分51秒)
    ストリングスとギターのハウリングが交差するヘビーなミクスチャー・ロック・ナンバー[5]。当初は大人しい曲であったが、ドラムがメンバーの想像以上に激しかった為、レコーディング中に曲調が変わった。この曲の制作過程は1999年5月5日にNHKで放送されたGLAYの特集番組の中でちらりと流れた(「母ちゃん、母ちゃ~ん、今年は行くよぉ~…」とTERUが仮歌詞でサビの部分を歌っている)。後に発売される『VIDEO GLAY 4』にPVが収録される事となった。
  2. FATSOUNDS (3分50秒)
    歌詞が、当時のGLAY自身を揶揄もしくは皮肉るというTAKUROの遊び心溢れたものとなっているアップ・テンポの楽曲。明治製菓「ホルン」CMソングに採用された。コーラスはJIROも担当している。
  3. SURVIVAL (4分23秒)
    同年に発売されたビデオ・シングル「サバイバル」のアルバムバージョン。JIROがベースを録音し直したいと言い出したところ、じゃあ全部録り直そうということになり、再録音されたバージョンが収録されることになった。シングルバージョンに比べてシンセサイザー等の効果音が無くなり、シンプルなバンドサウンドに仕上がっている。
  4. ここではない、どこかへ (5分48秒)
    同年発売の17thシングル。フジテレビ ドラマパーフェクトラブ!主題歌に採用された。ミックスの異なるアルバムバージョンで収録。
  5. HAPPINESS (5分50秒)
    女性のゴスペルコーラスを用いたバラードナンバー。後にTBS ドラマ『金曜日の恋人たちへ』主題歌となり、18thシングル「HAPPINESS -WINTER MIX-」としてリカットされた。
  6. summer FM (5分11秒)
    17thシングル「ここではない、どこかへ」のカップリング曲のアルバムバージョン。TERUのラジオが5年目に突入した記念にTAKUROが作った曲である。歌詞の舞台は千葉市の稲毛海岸。そのためbayfmにおいて毎年夏になると、よく流される楽曲である。次の楽曲とサウンド上で繋げられた仕上がりになっている。
  7. LEVEL DEVIL (5分05秒)
    「FATSOUNDS」同様、歌詞に遊び心が盛り込まれたアップ・テンポのナンバーである。しかし「FATSOUNDS」とは異なり、ライブにおいて披露される機会は少ない。タイトルは音の太さを変えるコンプレッサーの名前。
  8. BE WITH YOU (5分10秒)
    15thシングル。フジテレビドラマ『タブロイド』主題歌に採用された。リテイクされたアルバムバージョンで収録。
  9. Winter,again (5分13秒)
    16thシングル。自身最大のヒットを記録した。ボーカルが別テイクのアルバムバージョンであり、一部歌詞が変更されている。TAKUROは、「この曲は本アルバムには合わない」と語っている。本来は別テイクを収録する予定ではなかったが、メンバーの知らない内に別テイクに差し替えられていた。
  10. Will Be King (7分29秒)
    異なる2つの曲を1つの曲として合わせた楽曲。作者であるTAKURO自身も好んでいる曲である。サビの英詞の部分は歌詞カードに表記されていないが、TAKUROの意図的なものである。「HAPPINESS」同様、女性のゴスペル風コーラスが用いられている。明治製菓「フラン」CMソング。
  11. 生きがい (5分56秒)
    後にベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』にも収録された。LUNA SEA及びX JAPANギタリストSUGIZOモチーフにしたと言われている。当初はこの曲でアルバムのラストを飾る案もあったが、JIROの意見によりこの曲順となった。TDK「デジタルメディア」CMソング。
  12. Savile Row ~サヴィル ロウ 3番地~ (4分36秒)
    アルバムのラストを飾る、旅行日記的な歌詞が特徴的な楽曲。ちなみに、サヴィル ロウとはロンドンにある洋服店で有名な街であり、「背広」の語源になったとも云われている。また、GLAY全体の中でもヴォーカルラインが低音で構成されている数少ない曲である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c WHAT's IN? GLAY ISSUE DX.』「GLAY, DISCOGRAPHICAL DISC REVIEW -5thアルバム『HEAVY GAUGE』-」(P164)より
  2. ^ a b c d e f 『WHAT's IN? GLAY ISSUE DX.』「WHAT's IN? GLAY ARTICLE REMIX PART3 -1999.11 SPECIAL-DISC INTERVIEW!-」(P160~161)より
  3. ^ a b c d e 『PATi PATi 1999年11月号』「JIRO FROM GLAY」(P16~45)より
  4. ^ 『WHAT's IN? GLAY ISSUE DX.』「WHAT's IN? GLAY ARTICLE REMIX PART3 -1999.10 SCOOP INTERVIEW!-」(P158~159)より
  5. ^ GLAY BIOGRAPHY 1999”. GLAY公式サイト. 2013年7月11日閲覧。 ※「1999年10月20日 5thアルバム『HEAVY GAUGE』発売」の「REVIEW」を参照

外部リンク[編集]