Viva La Revolution

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Viva La Revolution
Dragon Ashスタジオ・アルバム
リリース 1999年7月23日
録音 -
ジャンル ミクスチャー・ロック
時間 71分05秒
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年度年間13位(オリコン)
  • 登場回数35回(オリコン)
ゴールド等認定
Dragon Ash 年表
Buzz Songs
1998年
Viva La Revolution
1999年
LILY OF DA VALLEY
2001年
Viva La Revolution 収録の シングル
  1. Let yourself go, Let myself go
    リリース:1999年3月3日
  2. Grateful Days
    リリース:1999年5月1日
テンプレートを表示

Viva La Revolution』(ヴィヴァ・ラ・レヴォリューション)は、Dragon Ashの5枚目のアルバム(フルアルバムとしては3枚目)。1999年7月23日 にリリースされた。

概要[編集]

シングル「Let yourself go, Let myself go」「I LOVE HIP HOP」「Grateful Days」のヒットにより注目を集め、約180万枚の売り上げを記録した。アルバムタイトルの意味は「革命万歳」であり、ジャケットにはウジェーヌ・ドラクロワ1830年に製作した「民衆を導く自由の女神」を真似た絵が描かれている。CMでは父である古谷一行との共演を果たしており、その模様は「LILY DA VIDEO」で見ることができる。アルバムの前半はヒップホップの要素が強く、後半はロックの要素が強い。

収録曲[編集]

  1. Intro
    インスト曲。
  2. Communication
    シングル「I LOVE HIP HOP」のラップを流用して、新しいトラックに乗せた楽曲。
  3. Rock the beat
    詞の中に「ZEEBRA」が登場する
  4. Humanity(album version)
    シングル「Let yourself go, Let myself go」カップリング。
  5. Attention
  6. Let yourself go, Let myself go
    4thシングル
  7. Dark cherries
    レゲエ調。全英語詞
  8. Drugs can't kill teens
    全英語詞。速いテンポのパンクナンバー。
  9. Just I'll say
    前曲が終わったと同時にすぐに始まる。軽快なスカ調の曲。
  10. Fool around
    Mustang A Go Go!!!に続くkjの愛車を歌った曲。
  11. Freedom of Expression
    シングル「I LOVE HIP HOP」カップリング。全英語詞。
  12. Nouvelle Vague #2
    ボサノヴァ調のインタールード
  13. Viva la revolution
    アルバムのタイトルナンバー。1998年5月25日に発売されたTin StarのVivaをサンプリングした曲。
  14. Grateful Days
    5thシングル。
  15. Outro
    インスト
  16. HOT CAKE
    隠しトラック

参加ミュージシャン[編集]

  • KENJI FURUYA(Vocal,Guitars,Acoustic Piano,Pianica,Xylophone,Keyboards,Programming,Words,Music Written)
  • IKUZO BABA(Full-Contact Miami Baritone Loose Socks 5-Strings Bass,Music Written(#12))
  • MAKOTO SAKURAI(Drums,Vocals,Backing Vocals,Percussion,Programming,Music Written(#12))
  • BOTS(Turntable,Programming,Backing Vocals,Music Written(#1,#15))
  • MIHO(Vocal(#13),Backing Vocal(#5,6))
  • MAYUMI CHIWAKI(Voice(#12))
  • NOBUSUKE UMEHARA(Backing Vocal(#6))
  • ASATO(Backing Vocal(#14))
  • MEGUMI YAMAGUCHI(Backing Vocal(#14))
  • BANG CHANG(Percussion(#12))
  • MASAHITO TOBISAWA(Programming(#12))
  • AKIRA OMACHI,TAKASHI KOTANI,NAO KASHIMA(Guitar and Bass Sound Co-Oridination)
  • HIRO(Drum Sound Co-Ordination)

外部リンク[編集]