庄内駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
庄内駅
東出口
東出口
しょうない - Shonai
HK-41 三国 (1.6km)
(1.5km) 服部天神 HK-43
所在地 大阪府豊中市庄内東町一丁目
駅番号 HK-42
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 宝塚本線
キロ程 6.0km(梅田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
31,789人/日
-2012年-
開業年月日 1951年昭和26年)5月15日

庄内駅しょうないえきは、大阪府豊中市庄内東町一丁目にある、阪急電鉄宝塚本線。駅番号はHK-42

駅構造[編集]

庄内駅 配線図

三国駅

4 3 2 1


STRg STRf
STRrg ABZrf ABZlf STRlg
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STRlf ABZgl+r ABZg+lr STRrf
STRg STRf

服部天神駅

待避設備を持つ島式ホーム2面4線の地上駅である。

改札は地下通路に1箇所のみ設置されている。旧来からの駅施設であるためエレベーターやそれに代わるバリアフリー施設はなく、また改札内にトイレも設置されていなかったが、バリアフリー工事の施工により、改札内の地下スペースが拡張され、改札内に多機能トイレ・男女トイレ、また改札内外に計4箇所エレベーターが設置された[1]。ホームと地下コンコースを連絡するエレベーターの設置に伴い、下り側(宝塚方面)の階段が数メートル移設されている。

のりば
1・2 宝塚本線(下り) 宝塚川西能勢口石橋箕面方面
3・4 宝塚本線(上り) 大阪(梅田)神戸京都北千里方面

内側2線(2号線と3号線)が主本線、外側2線(1号線と4号線)が待避線となっているが、現行ダイヤでは昼間時に当駅での待避は行われていない[2]

曽根駅が高架化されるまでは、4号線に列車が夜間留置され、翌朝梅田駅に回送されていた。

利用状況[編集]

2011年(平成23年)の1日平均乗降人員は31,951人である[3]。阪急電鉄全体では、第28位である。

近年の一日利用状況推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1995年 40,516 20,124 [4]
1996年 44,469 21,961 [5]
1997年 - -
1998年 43,196 21,339 [6]
1999年 - - [7]
2000年 40,764 20,423 [8]
2001年 39,328 19,629 [9]
2002年 37,611 18,764 [10]
2003年 36,020 17,905 [11]
2004年 36,074 17,945 [12]
2005年 33,852 16,913 [13]
2006年 33,203 16,607 [14]
2007年 34,416 17,260 [15]
2008年 33,514 16,721 [16]
2009年 32,059 15,991 [17]
2010年 31,337 15,643 [18]
2011年 31,951 15,938 [19]

駅周辺[編集]

庄内 (豊中市)も参照。

バス[編集]

阪急バス (いずれも阪北線)

  • 南行
  • 北行
    • 13番 箕面 行(服部天神豊中・豊中自衛隊前経由)※土休日は豊中 止
    • 63番 箕面 行(服部・豊中・柴原駅・豊中自衛隊前経由)※平日のみ運行
    • 160番 大阪国際空港 行(服部・豊中・蛍池経由)
    • 9番 千里中央 行(服部・豊中・上野坂一丁目経由)
    • 10番 千里中央 行(服部・豊中・東豊中経由)
    • 21・24番 江坂駅前 行(稲津町三丁目経由)

歴史[編集]

旧東口(2008年3月) 旧西口(2007年8月)
旧東口(2008年3月)
旧西口(2007年8月)


隣の駅[編集]

阪急電鉄
宝塚本線
特急「日生エクスプレス」・通勤急行・急行・通勤準急・準急
通過
普通
三国駅(HK-41) - 庄内駅(HK-42) - 服部天神駅(HK-43)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]