中津駅 (阪急)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中津駅
駅舎
駅舎
なかつ - Nakatsu
HK-01 梅田 (0.9km)
(1.5km) 十三 HK-03
所在地 大阪市北区中津三丁目1-30
駅番号 HK-02
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 神戸本線
宝塚本線
キロ程 0.9km(梅田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
10,723人/日
-2011年-
開業年月日 1925年大正14年)11月4日
備考 京都本線はホームがないため通過

中津駅なかつえきは、大阪府大阪市北区中津三丁目にある、阪急電鉄である。駅番号はHK-02

阪急の各駅の中でも、ホームの幅が狭いことで知られている。各駅に貼られている、整列乗車のための「乗車位置表示」のステッカーや掲示はない。

なお、かつて存在した阪神電気鉄道北大阪線中津駅についても本項で述べる。

利用可能な鉄道路線[編集]

大阪市営地下鉄御堂筋線にも同名の中津駅があるが、300メートルほど離れているため、乗り換えには適さない。同線に乗り換える場合は、南隣の梅田駅南方駅(御堂筋線は西中島南方駅)を利用することになる。

また、当駅のある区間は阪急電鉄の主要な3路線(神戸本線・宝塚本線・京都本線)が並走しているが、京都本線が走る線路については後から建設されたもので、用地都合によりホームが設けられておらず、普通列車を含む全列車が通過する(時刻表や路線図にも、当駅の記述はない)[1]

過去には駅西側の国道176号上に阪神北大阪線の中津駅があったが、路線の廃止により現存しない。

歴史[編集]

阪急電鉄[編集]

阪急中津駅
HankyuNakatsuSta.jpg
阪急中津(神戸本線)駅
Hankyu Nakatsu Sta Name Kobe Line.JPG
Hankyu Nakatsu Sta Home Kobe Line.JPG
阪急中津(宝塚本線)駅
Hankyu Nakatsu Sta Home Takaraduka Line.JPG
1926年(大正15年)7月5日の改札口付近。現在も殆ど構造は変わっていない。

中津駅配線図

梅田駅

4 3 2 1


STRg STRf STRg STRf STRg STRf
STR STR STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR STR STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STRg STRf STRg STRf STRg STRf

十三駅

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。西側の1・2号線を神戸本線が、東側の3・4号を宝塚本線が使用する。

改札口はホームの真下にあり、梅田寄りの1か所のみである。

十三駅9号線(引き上げ線)が一時期使用停止されたことに伴い、当駅の梅田側に神戸本線 - 宝塚本線間の渡り線が設置されていたが、9号線の使用再開により2010年平成22年)10月限りで撤去された。この渡り線は梅田駅の場内信号機の内方に位置しているため、梅田駅構内の扱いとなっていた。

当駅は分岐器絶対信号機を持たない停留所である。

のりば[編集]

号線 路線 方向 行先
1 神戸本線 下り 神戸三宮西宮北口新開地仁川京都十三のりかえ)方面
2 上り 梅田ゆき
3 宝塚本線 下り 宝塚石橋箕面・京都(十三のりかえ)方面
4 上り 梅田ゆき

利用状況[編集]

2012年(平成24年)のある特定日乗降人員は、10,987人である[2]

近年の利用状況は下記の通り。

年度 特定日 1日平均
乗車人員[3]
出典
乗降人員 乗車人員
1995年 14,078 5,547 - [4]
1996年 13,612 5,405 - [5]
1997年 - - -
1998年 12,878 5,348 - [6]
1999年 - - -
2000年 11,718 4,940 - [7]
2001年 11,271 4,741 5,127 [8]
2002年 11,139 4,604 4,919 [9]
2003年 10,998 4,628 4,860 [10]
2004年 10,979 4,586 4,766 [11]
2005年 10,812 4,443 5,055 [12]
2006年 11,074 4,586 4,761 [13]
2007年 11,023 4,443 4,889 [14]
2008年 11,185 4,617 4,905 [15]
2009年 11,080 4,591 5,030 [16]
2010年 11,179 4,698 5,010 [17]
2011年 10,723 4,526 5,040 [18]
2012年 10,987 4,640 4,976 [2]

その他[編集]

  • 駅のすぐ南側で西日本旅客鉄道(JR西日本)梅田貨物線と交差している。この地点にはなにわ筋線の駅が計画されている。
  • 毎年8月に開催される『なにわ淀川花火大会』の会場の最寄駅の一つである(十三駅からも徒歩連絡可能)。開催日は観覧客の乗降が多く、ホーム幅員が非常に狭いこともあって、列車は徐行して駅に進入する。
  • 大正期以来のホーム上屋の鋳鉄製の柱は唐草模様のような装飾をあしらったデザインになっており[19]、1987年春の改修で撤去されるまで宝塚線・神戸線ホーム梅田寄りに残存していた[20]
  • かつて1号線(神戸本線下り)と道路の間のフェンスには、東洋ナッツ食品広告看板が多数設置されていた。80メートルほどの間に全く同じ看板が20枚以上も並んでいるという高密度だったため、乗客の目を引いた。1980年代にはそのうちの半分ほどが毎日放送のものに置き換わった。2000年代に入ってすべて撤去された。
  • 阪神電気鉄道北大阪線の廃止前は、当駅に到着する列車の車内アナウンスは「次は中津。野田、天六方面はお乗り換えです」だった。

隣の駅[編集]

神戸本線
特急・通勤特急・快速急行・急行・通勤急行・準急
通過
普通
梅田駅 (HK-01) - 中津駅 (HK-02) - 十三駅 (HK-03)
宝塚本線
特急「日生エクスプレス」・通勤急行・急行・通勤準急
通過
準急(梅田行きのみ運転)・普通
梅田駅 (HK-01) - 中津駅 (HK-02) - 十三駅 (HK-03)
京都本線
全列車通過

阪神電気鉄道 (廃止)[編集]

中津駅
なかつ - Nakatsu
東大淀
所在地 大阪市北区中津
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 阪神北大阪線
キロ程 野田起点)
駅構造 地上駅路上安全地帯なし)
廃止年月日 1975年昭和50年)5月6日

阪急線当駅の南側、国道176号線三叉路のすぐ東側(梅田寄り)に存在した。三叉路の西側の歩道上には架線を吊っていた鉄柱の一つが2000年頃まで残存していた。

隣の駅(阪神電気鉄道)[編集]

北大阪線
東大淀駅 - 中津駅 - 北野駅

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は「中津」「中津六丁目」である。

大阪市営バス(中津)

  • 58号系統野田阪神前行き(上海老江経由) / 大阪駅前行き
    野田阪神前方面が停車する国道176号十三大橋方向のりばは当系統と下記の阪神バス野田阪神前行のみが停車し他の路線は通過する。
    赤バス長柄東 - 大淀中も停車していたが2013年3月31日をもって廃止された。

阪神バス(中津)

  • 北大阪線:野田阪神前行き(上海老江経由) / 天神橋筋六丁目行き(阪神北大阪線の代替路線、天六行きは朝夕のみ)

阪急バス(中津六丁目) - 加島線加島方面はなにわ筋上、他は国道176号上

  • 阪北線 11系統:上津島・阪急園田行き(十三・日出町経由)
  • 阪北線 63系統:箕面行き(日出町・豊中柴原駅経由、平日のみ)
  • 阪北線 13系統:豊中・箕面行き(箕面行きは平日のみ、土休日は豊中まで)
  • 加島線 18系統:加島駅前・西川行き(十三経由)
  • 阪北線・加島線各系統:梅田行き(阪北線は大阪駅御堂筋口高架下、加島線は大阪駅JR高速バスターミナル着)

大阪市営バス(中津六丁目) - 39号・41号・41C・58号系統はなにわ筋上、他は国道176号上

阪神バス(中津六丁目) - なにわ筋上

  • 北大阪線:野田阪神前行き(逆方向は経由せず)


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 中津駅(鉄道情報ホームページ) - 阪急電鉄