出来島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出来島駅
駅西側出入口
駅西側出入口
できじま - Dekijima
HS-08 大物 (1.4km)
(1.1km) HS-48
所在地 大阪市西淀川区出来島二丁目
駅番号 HS-49
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 阪神なんば線
キロ程 2.3km(尼崎起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
9,600人/日
-2012年-
開業年月日 1930年昭和5年)12月20日

出来島駅
配線図

福駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

大物駅

出来島駅の新駅名標
ホーム
神崎川と阪神の橋梁 右側に出来島駅が見える

出来島駅(できじまえき)は、大阪府大阪市西淀川区出来島二丁目にある、阪神電気鉄道阪神なんば線

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札口は1か所のみで2階にあり、ホームは3階にある。ホームの有効長は21m級の近畿日本鉄道車両6両編成分である。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
(東側) 阪神なんば線 上り 西九条ドーム前難波奈良方面
(西側) 阪神なんば線 下り 尼崎神戸(三宮)明石姫路方面

※番線表示はない。

利用状況[編集]

2012年(平成24年)度の1日平均の乗降客数9,600人である[1]

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1995年 9,998 5,068 [2]
1996年 9,013 4,590 [3]
1997年 8,445 4,301 [4]
1998年 8,212 4,183 [5]
1999年 7,970 4,083 [6]
2000年 7,249 3,678 [7]
2001年 7,412 3,734 [8]
2002年 7,368 3,712 [9]
2003年 7,139 3,613 [10]
2004年 7,334 3,723 [11]
2005年 7,361 3,736 [12]
2006年 7,280 3,686 [13]
2007年 7,220 3,659 [14]
2008年 7,534 3,891 [15]
2009年 8,080 4,071 [16]
2010年 8,548 4,275 [17]
2011年 8,600 4,301 [18]
2012年 9,600 4,757 [1]

駅周辺[編集]

駅のすぐ北を神崎川が流れている。

バス[編集]

最寄り停留所は、駅前にある出来島駅前となる。以下の路線が乗り入れ、大阪市交通局により運行されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
阪神なんば線
快速急行
通過
準急・区間準急・普通
大物駅 (HS-08) - 出来島駅 (HS-49) - 福駅 (HS-48)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]